さらばツヤ髪。今季はマット系ワックスがマストバイ

さらばツヤ髪。今季はマット系ワックスがマストバイ

今季トレンドのスモーキーカラーと連動するかのようにツヤなしマットな質感のヘアスタイルが人気再熱の兆し。マット系ワックスの特徴と最新ヘアサンプルをチェック。

橋本 裕一

2018.02.06

ヘア
ヘアスタイリング剤
ヘアスタイル

ヘアライターが太鼓判。マット系ワックスのココが好き

マット系ワックスとは、ツヤや光沢感が出ないワックスのこと。剤質はファイバーワックスなどと比べると固め。つまり水分が少ないために髪をしっかりホールドする力が強く、油分も控えめなのでナチュラルな質感に仕上がるのが特徴です。

筆者はここ数年、ドライな質感が気分なのでマットワックスを愛用しています。ハードめなモノを選べば、“毛先を上手に散らせる”、“前髪がしっかりと上げられる”、“もみ込めば癖を生かせる”など、何でもできで重宝しています。特に、写真のガズル クライムワックスがお気に入りです。

マットな質感こそ、一歩先行く大人におすすめ

ニューヨークからブームが始まり、日本でも浸透したバーバーヘア。かっちりした分け目とぬれたようなツヤ感が特徴ですが、もはや定番となりすぎた感も。着こなしのトレンドとして注目されているスモーキーカラーとマッチするように髪型の質感も一新する流れがあるので、今季はマット系ワックスを使ったヘアスタイルが流行の予感です。

おすすめを厳選。大人のためのマットワックス10選

ツヤのない旬のヘアスタイルを作るためのマットワックスを厳選してお届け。多くの美容師さんが実際にサロンでスタイリングに使用しているモノから、口コミなどで評判のいいワックスまでおすすめのマットワックスをピックアップしました。初めて買う人にも扱いやすく、思い通りのセットを可能にする優秀なワックスばかりです。

『デミ』ウェーボ デザインキューブ ドライワックス

ドライな質感と高いセット力を誇るウェーボシリーズ唯一のマットタイプ。ヘアサロンで1度は目にしたことがある人もいるはず。サロン専売品として美容師さんから高い支持率を得ているワックスのひとつです。寒色系のヘアカラーをきれいに見せるクレイパウダーが配合されているので、秋冬のスタイリングにはぴったり!

『リップス』L08 マットハードワックス

東京で8店舗を展開する人気サロン『リップス』が発売しているワックスです。なじみやすく扱いやすい剤質で、セット力も文句なし。柔らかい毛質で立ち上がりにくい、つぶれやすいという人でも簡単にラフな束感を作れるのが特徴。ベリーショートからショートレングスまで対応したハードタイプです。

『ウエラ』セバスチャン クラフトクレイ

『ウエラ』から発売されているマットタイプのワックス。ナチュラルクレイ成分を配合したベタつきのないテクスチャーで、セット後のスタイルをいつでも手直しができるのがポイント。ホールド力も抜群で、ショートからミディアムヘアまで幅広い長さのスタイリングに対応しています。

『ナンバースリー』デューサー ドライペーストワックス6

思い通りのスタイルがキマると、数々の美容師から評価されているデューサー シリーズ。つぶれがちな軟毛でも、スタイリングした束感や毛流れをしっかりキープするズバ抜けたセット力を有します。ドライな質感と柔らかいシルエットを表現できるので、パーマヘアのふんわりしたボリューム感を演出するのに最適です。ローズ&フローラルベリーの香りもGOOD。

『アックス』ブラック デフィニティブホールド マッドワックス

メンズビューティーブランドの『アックス』が、大人っぽくさりげないスタイルを作るトータルグルーミングをコンセプトに掲げたのがブラックシリーズ。2016年3月に発売されたマッドワックスは、超強力なホールド力がウリ。クールマリンの香りでセクシーさを演出します。

『中野製薬』ナカノ タントワックス 7D ラスティング&ドライ

創業61年の『中野製薬』が手がけるナカノスタイリングワックスシリーズは、全国のサロンで愛用されている信頼性の高いプロダクトです。ラスティング&ドライは、細く柔らかい髪でも思い通りにスタイリング可能で、ドライな質感と作ったシルエットを長時間キープします。ヘアカラーの退色と紫外線ダメージを防ぐ効果も期待できる優れモノ。

『ミューヴル』ドライハードワックス D7

マット系といえば固めのテクスチャーで伸びがイマイチという評価が多いなか、『ミューヴル』のチューブタイプのワックスは伸びがよく髪なじみ抜群。細かな束感やナチュラルな毛流れを作りやすいので、ベリーショートのハードな立ち上げから立体感のある無造作スタイルまで自在にスタイリングすることが可能です。UVカット、ヘアカラー退色防止の効果があります。

『ウーノ』マットエフェクター ワックス

資生堂が展開するメンズブランドの『ウーノ』からもマットワックスが発売中。固まりすぎないドライな質感の仕上がりで、旬のスタイルがキマリます。根元からの立ち上げや、遊び心のあるラフな毛束作もできるのでオン・オフのヘアスタイルの切り替えがこれひとつでOK。スタイル維持成分を配合しているので、雨の湿気にも負けないタフなスタイルを実現します。

『中野製薬』モデニカ スモーキーマット

『中野製薬』から発売されているモデニカは、美容意識の高い大人の男性向けのヘアプロダクトシリーズです。紹介するのは、ふんわりとした軽い仕上がりとマットな質感をメイクするクレイタイプ。湿気によるスタイル崩れも気にならないハードなキープ力があるので、雨の日も安心です。ほのかに香るシトラスフローラルで清潔感のある男を演出します。

『ロレアル プロフェッショナルオム』クレイワックス ミディアムハードホールド

世界有数の知名度を誇るロレアルブランドから、色気のある香りと高い整髪力を両立させた大人の男にふさわしいフレグランスヘアワックスが登場。秋冬のきれいめな着こなしに相性がいいマットな質感を長時間キープします。かっちりとしたビジネスヘアから、女性ウケする束感アレンジまでさまざまなスタイリングに対応。好印象なスパイシーマリンの香りも特徴です。

マット系ワックスに向いているヘアスタイルって、どんなもの?

ジェルなどを使って仕上げるツヤ髪とは異なり、マット系ワックスによるスタイリングは男らしい表情の中にもセクシーさ、柔らかさ、やさしさなどを多様に表現することができます。ベリーショートからミディアムまで対応するレングスの幅も広く、アレンジによる印象の変化も楽しめるのが特徴です。そんなマット系ワックスで作る最新ヘアサンプルを紹介します。

マットワックスによるナチュラルな質感は、スーツありきのビジネスヘアと好相性。えり足とサイドは短く刈り上げて、トップのモヒカンラインにつなげていきます。使用するのはリップスのマットハードワックス。手のひらでしっかりワックスを伸ばしたら、トップの毛束を散らすようにつまんで束感をメイク。前髪はななめに立ち上げてクールな印象に仕上げます。

ツヤを出すバーバースタイルではボリュームを抑え、タイトにつくり込むのがセオリー。マットワックスはナチュラルな毛束や適度なボリュームを出すことができるので、その性質を最大限活用した旬のスタイルがこちら。サイドをツーブロックにした黒髪ショートは、マットワックスでフロント〜トップに無造作な束感を作り大人っぽさを演出しました。

耳まわりはソフトに刈り上げ、やさしい印象に着地したショートヘアがこちら。オン・オフのアレンジ幅が広く、スーツのときは前髪をしっかり立ち上げることで力強い雰囲気に。30〜40代の大人にハマるさわやかさを感じるのは、ナチュラルなツヤなし束感によるもの。直毛でつぶれがちになるのが気になる人はパーマをかけるとふんわりした質感に仕上がります。

顔型や頭の形をフォローするソフトモヒカン。トップに向かい丸みを帯びたラウンドカットで仕上げ、ハチまわりを刈り込んだベリーショートはさわやかさ満点で印象アップ間違いなしです。髪色はナチュラルさを大事にした黒髪で、ビジネスシーンにもしっかり対応。マットワックスで、フロントからトップを自然に立ち上げるようにセットすれば完成です。

サイドとバックをすっきりさせたベリーショート。短めの前髪と耳を出したすっきりサイドで清潔感を押し出しました。やや明るめトーンのブラウンカラーは黒や茶系が増える秋冬コーデに軽やかな印象を与えます。手のひらにしっかり伸ばしたマットワックスで全体の毛流れを作れば、こなれたビズヘアの完成です。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK