秋冬の装いに取り入れてみない? 大人におすすめしたいデニムバッグ

秋冬の装いに取り入れてみない? 大人におすすめしたいデニムバッグ

ジーンズ愛好家ですら、デニムバッグと聞いてピンとこない人がいるかもしれません。その魅力を解説しながら、大人の着こなしにハマるおすすめアイテムを提案します。

近間 恭子

2017.09.18

バッグ

デニム生地ならではの"味"と"こなれ感"が魅力のデニムバッグ

デニム製のアイテムというと、思い出すのはジーンズやシャツですよね? 男性ならそうかもしれません。でも、レディースでは多くのメゾンブランドがデニムバッグを展開しているんです。その魅力はジーンズ同様、経年変化を楽しむことができ、さらに取り入れるだけで特有のこなれ感をプラスできるところ。そう聞くと、デニムバッグのことをもっと知りたくなりますよね? まずは、今シーズン選ぶべきデニムバッグのポイントから解説していきます。

デニム=カジュアルになりすぎない? 大人が選ぶならこんなタイプがおすすめです

デニムバッグがおしゃれと言われても、大人にはちょっとカジュアルすぎるのでは……? いえいえ、選ぶポイントさえ押さえておけば大丈夫です。以下の2点を意識して選んでみてください。

ポイント1大人が取り入れやすいのは、深みのあるインディゴブルー

カジュアルな印象が強いデニムバッグですが、インディゴブルーなら落ち着いた雰囲気を醸し出すので、大人のコーデに合わせやすいといえます。秋冬スタイルはダークトーンが多くなりがちですよね? そこにアイスブルーなどの薄色のデニムを合わせると、バッグが浮いてしまう可能性大。コーディネートに違和感なく溶け込み、それでいてこなれ感も手に入れるなら、インディゴブルーがベストな選択といえるのです。

ポイント2加工が施されていないリジッドが大人にマッチ

デニム特有のこなれ感をつい強調したくなりますが、ダメージたっぷりのモノは色同様、大人スタイルにはミスマッチ。程よい光沢があるリジッドデニムなら上品な雰囲気がありますし、インディゴブルーの色も生きてきます。なにより経年変化を存分に味わえるので、自分らしい味のあるデニムバッグに育てる楽しみも!

大人の着こなしにハマる、この秋冬買いのデニムバッグ10選

上記のポイントをふまえて、今おすすめのデニムバッグを厳選。ボディバッグからバックパックまで種類も豊富なので、自分のスタイルや好みに合ったデニムバッグが見つかるはず。

アイテム1『アミアカルヴァ』×『シップス』トートバッグ

手持ち・肩掛け・ショルダーの3通りの持ち方が楽しめる『シップス』別注トート。A4サイズがすっぽりと収まる普段使いに最適なサイズ感で、フロントにポケットも設置しているので使い勝手も抜群です。ヴィンテージのように味のあるスタッズが、絶妙なデザインアクセントになってくれるはず。(幅43.9×高さ33.9×マチ10.5cm)

アイテム2『グリーンボウル』のビッグトートバッグ

厚手のデニム地を使ったビッグトートはラフな見た目とは裏腹に、裏地付きのしっかりとした作りになっています。レザーとキャンバスのハンドルはデニム同様、使い込むほどに味が増していきます。取り出し頻度の高いスマートフォンやパスケースを収納するのに便利な内ポケット付き。(幅65×高さ40×マチ15cm)

アイテム3『オーシバル』トートバッグ

むだな装飾のないシンプルなデザインに、インディゴ染めのデニム地が引き立つトート。製品洗いを施しているため、一つひとつの風合いが異なるというスペシャル感も魅力です。たっぷりとしたサイズ感で、日常使いからちょっとした旅まで幅広く活躍するというのも高ポイント。(幅60.5×高さ17×マチ17cm)

アイテム4『ディーゼル』バックパック

フロントに大胆に入れられたVモチーフが絶大なインパクト。さらにインディゴブルーのデニムとのマッチングが、シンプルなバックパックながらもどこかクールな印象を与えます。ライニングは鮮やかな赤のペイズリー地で、内部にはクッション性のあるPCスペースを完備しているのも優秀。(幅28.5×高さ41×マチ13.5cm)

アイテム5『マスターアンドコー』ショルダーバッグ

『マスターアンドコー』定番のショルダーバッグから、経年変化が楽しめるデニム素材が登場。シンプルな見た目とは裏腹に収納力にも優れており、シーンやコーディネートを選ばず活躍してくれるはずです。フロントにピンバッジなどで、スタイリッシュにアレンジするのもアリ!(幅54.5×高さ48.5cm)

アイテム6『ポーター』×『B印ヨシダ』デイパック

休日に活躍すること間違いなしのデニムリュック。シンプルなデザインながらも、デニム地を使用しているためグッとこなれた表情です。フロントポケットと底面にスエードレザーを採用した切り替えがさりげないアクセントになっています。(幅28.5×高さ40.5×マチ14.5cm)

アイテム7『パークストウキョウセレクト』トートバッグ

私的にすごく欲しいと思ったのが、こちらのトート。スケボーに乗ったクマがなんともキュートで、大きさも休日に使うにはベストなサイズ感なんですよ。それにハンドルが肉厚で持ちやすいというのも高ポイント。一見、女性用っぽいですが、男性が持ってもすてきだと思いますよ! (幅34cm×高さ34.5cm×マチ12.5cm)

アイテム8『イッカ』×『ビアンキ』ボディバッグ

『イッカ』と『ビアンキ』のコラボシリーズからピックしたボディバッグ。リュックとしても使用することができ、気分や着こなしに応じて持ち方をアレンジできます。デニム×レザーの外観に対し、内側はビアンキカラーの“チェレステ”というギャップも魅力。メインコンパートメントにはPCスリーブも。(幅28×高さ40×マチ13cm)

アイテム9『リーバイス』ワンショルダーバッグ

デニムといったら、やっぱ『リーバイス』は欠かせませんよね! こちらのワンショルダーバッグは、ダークなインディゴブルーのウォッシュドデニムを使用。金具には味があり、デニムならではのこなれ感をアップさせるのにひと役買ってくれます。さらに表情のあるレザーには、格上げ効果も。(幅20×高さ39×マチ10cm)

アイテム10『ホーク』クラッチバッグ

インディゴブルーのデニムとフェイクレザーの組み合わせ。折りたたむとクラッチバッグに、ハンドルを使うとショッピングバッグのように手持ちで使うことができます。着こなしや気分によって持ち方を変えられ、さらにどちらの持ち方でもスタイリッシュな印象を与えられますよ。(幅36×高さ38cm)

秋冬の装いとも相性バッチリ。デニムバッグを取り入れた好サンプル

デニムバッグが、いかに大人の着こなしにマッチするか? それを証明するべく、コーディネートサンプルをご紹介。深みのあるインディゴブルーのデニムなら秋の着こなしともお似合いです。

ボトムスとの色リンクで着こなしに統一感を

シャツ・パンツともにゆったりシルエットをチョイスし、今の気分にマッチしたリラックススタイル。パンツの色とリンクさせたベーシックなデニムトートを合わせ、適度にこなれ感をプラスしているのもポイントです。黒スニーカーには着こなしをピリッと引き締める効果も。

異なるトーン合わせでデニム×デニムを攻略

デニム同士の合わせは、ともすれば野暮ったく見えてしまいます。が、彼はあえてトーンを変えることで、スタイリッシュな印象に格上げ。コートやインナー、ボトムスを今どきのオーバーサイズで仕上げているのも勝因です。帽子やサングラスといったセンスのいい小物使いにも注目を。

着こなしに軽さをもたらす小物選びが成功のカギ

ライダースならではのハードさを、軽快なデニムトートバッグで見事に中和。これもスタイリングにデニムアイテムが2つ入っていますが、トーンを変えているので野暮ったく見えませんよね。Iラインを強調したシルエットで、スタイルアップを狙っているのもいい感じ。

色数を絞ることで、センスのいいデニム合わせをより強調

こちらの方は、ショルダーバッグ・Gジャン・シャツがデニムという難易度の着こなし。それでいてバランスよくまとまっているのは色数を絞り、さらには異なるトーンのデニムを組み合わせているから。ジャストサイズのトップスに対し、ボトムスはかなりワイドというバランスもおしゃれです。

きれいめなアイテムともなんなくマッチ

ボタンダウンシャツ×ニットタイ×ベージュのチノのきれいめスタイルをスウェットパーカーでカジュアルに味付け。それに合わせて、デニムバッグで程よくラフさを加えています。インディゴのリジットデニムなら、品の良さもキープできます。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK