サードウェーブの本場では、日本のハリオが人気

サードウェーブの本場では、日本のハリオが人気

大ブームのサードウェーブコーヒー。本場アメリカのコーヒーショップでは、日本のメーカー『ハリオ』のドリッパー「V60で淹れたコーヒーがうまい!」と評判なんです。

ライターT

2015.05.23

ハリオ(HARIO)
キッチン用品
コーヒー

信頼の『ハリオ』で揃えれば、自宅でもおいしいコーヒーが飲めるんだ。

日本の喫茶店文化も影響しているとされる、アメリカのサードウェーブコーヒー。なかでも日本の『ハリオ』は無条件で信頼されているメーカーの1つ。ドリッパー“V60”だけでなく、おいしいコーヒーを淹れるために必要な器具をざっとご紹介。これさえ揃えれば自宅でもカフェクオリティーのおいしいコーヒーが飲める!?

『ハリオ』のグッズで美味しいコーヒーを家で飲もう

うずまき状に切られた溝と、底の大きく開いた1つ穴という特徴を持つドリッパー“V60”。サードウェーブ発祥のアメリカのコーヒーショップのスタンダードだ。写真の陶器のタイプのほか、クリアなガラス、300円前後で購入できるプラスチックのタイプまで、バリエーション豊富で初心者からベテランまで愛用者多数。

マグカップに直接ドリッパーを置いてコーヒーを淹れるのもいいけれど、まとまった分量が必要な時にはサーバーが必須。写真は800mlのタイプで、小さいカップなら6杯分作れる。シリコンの蓋がついており、電子レンジに直接淹れて温めなおすことも可能。氷水を張った上からコーヒーを淹れればアイスコーヒーも。

ドリッパーの中で膨らむコーヒー粉の中心に、狙った通りの分量のお湯を落としていく。コーヒーを淹れる楽しい瞬間の1つ。でも外してしまうとテンションもガタ落ち……。という訳で、やはりコーヒー専用ケトルを使いたい。細い注ぎ口と計算されたカーブにより、正確にお湯を注げるケトルも『ハリオ』で。

コーヒー豆をお店で買うと、豆を挽いてくれるけれど、豆のまま保管したほうが圧倒的に風味は長持ち。なので、おいしいコーヒーを自宅で飲みたいならコーヒーミルは必携のアイテム。セラミック製の丈夫な刃で耐久性も高い『ハリオ』のミルは2000円以下というお求めやすいプライスも魅力です。

コーヒー豆の分量を正確に測ることはもちろんだが、蒸らしや抽出時間やお湯の分量をいつも同じように淹れられれば、毎日ほぼおなじ味でコーヒーが飲めるというもの。このスケールは時間と重さを同時に計ることができるので、これ1台あれば完璧なクオリティーのコントロールが可能。プロもお店で使っています。

オリーブウッドでできた、V60用シングルスタンド。ドリッパーとサーバーをセットするための道具です。これを使ってコーヒーを淹れれば、自宅のキッチンも本場アメリカのサードウェーブコーヒーを提供するカフェに早変わり。インテリアグッズとしても雰囲気満点ですよ。

そもそもサードウェーブってなに? という人は、まずこれを読むべし。

カリフォルニア州バークレーに住み、アメリカ西海岸を中心に発展していったコーヒーカルチャーを伝える、コーヒーユニット茶太郎豆央さんによる電子書籍「サードウェーブ!:サンフランシスコ周辺で体験した最新コーヒーカルチャー」。日本のコーヒー関係者の多くが推薦する良著です。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK