ロゴパーカーが人気! アディダスのおすすめパーカーとその着こなし方

ロゴパーカーが人気! アディダスのおすすめパーカーとその着こなし方

90年代ファッションのリバイバルの影響で、スポーツブランドのロゴパーカーが注目されています。なかでも、『アディダス』は鉄板。その魅力とラインアップを復習してみて。

久保 綾子

2017.09.03

アディダス(adidas)
トップス
パーカー
スポーツファッション

なぜ今? 『アディダス』のパーカーに熱視線

『アディダス』といえば三つ葉のトレフォイルやスリーストライプスですが、そのブランドの代名詞とも呼べるロゴをデザインしたパーカーが、スポーツシーンだけではなくタウンユースにおいても注目されています。

最たる理由としてはやはり90年代ファッションのリバイバル。ブランドロゴが際立つトップスをシンプルなパンツと合わせるスタイリングの人気が再燃していることがあげられます。

『アディダス』のパーカー、おすすめはこちらのラインアップ

2017年の秋冬でチェックすべき『アディダス』のパーカーを厳選。プルオーバー、ジップアップ、いまの気分はどちら?

オリジナルス トレフォイル フーディー

胸元にプリントされた大きなトレフォイルロゴが印象的なフーディーパーカー。ストリートライクな見た目だけではなく、生地感もGOOD。厚手のフレンチテリー生地は温かさと、いくら洗濯してもへたらない丈夫さを兼備しています。

AC テリー フーディー

胸元のトレフォイルロゴと、袖にあしらわれたスリーストライプスが特徴。ボリュームのあるダブルニット生地で作られている点も、秋以降のシーズンにぴったりです。シャツをインナーに取り入れて、胸元のクォータージップから襟をのぞかせるのもいいでしょう。

アディコロール フーディー

胸元のロゴマークは、短い繊維を植毛するフロッキープリント仕様のため、一風変わった風合いが楽しめます。リラックス感のあるドロップショルダーが、今っぽさをアシスト。懐かしいデザインを感じさせながらも現代的なシルエットを楽しめる1枚です。

カモ トレフォイル フーディー

ベーシックなトレフォイルロゴフーディーをベースに、大胆なカモ柄にアレンジ。カンガルーポケットや絶妙なサイズ感のフードなど、元祖トレフォイルロゴフーディーの特徴を忠実に引き継いでいます。

トレフォイル フーディー パンプキン

もともとカラーの選択肢が多いトレフォイルロゴフーディーですが、こちらは目の覚めるようなオレンジカラーが特徴。ダークトーンが多くなりがちな秋冬のコーデに取り入れてみては?

ロードトリップ FGフーディー

ラインアップのなかでも、スポーツシーンに特化したモデル。深めに設計されたフードは、外からのノイズを防ぐためのモノですが、そのシルエットが現代的。機能が充実しているほか、ロゴの主張も他に比べて控えめなので、はじめの1着として選ぶにはぴったりかも。

BLKBRD ベーシック フーディー

同ブランドのパーカーのなかでは比較的細身のシルエットが特徴。また、やや薄手の生地感はレイヤードコーデに重宝します。キャッチーなロゴデザインも秀逸です!

ストリート グラフィック フルジップ シェルパ

裏地に起毛素材を使った、真冬まで着られる心強いフルジップパーカー。袖先とバックにさりげなく引かれたスリーストライプスが、胸元のトレフォイルロゴに負けない存在感を放っています。

ストリート グラフィック フルジップ フーディー

前述のモデルと同じデザインながら、薄手の生地を採用しているため、レイヤードスタイルを好む方におすすめです。

街でどう着る? 参考にしたい『アディダス』のパーカーコーデ

スポーティなパーカーをいかに着こなすか。その回答を、サンプルを交えてご紹介。“運動着”としてではない“おしゃれ着”として活用するためのヒントをまとめました。

ブラックでまとめたスポーツMIX

主役着のパーカーとジョガーパンツ、さらにはスニーカーまでをブラックで統一することで、スポーツ色を控えめに。同色でそろえたハットもきれいめな印象をアシスト。誰もが実践できる大人らしい着こなしの好サンプルです。

“大人見せ”のポイントはパンツ選びにあり

目の覚めるような、鮮やかなブルーのトレフォイルロゴフーディーを主役に据えたストリートコーデ。センタークリースの入ったパンツによって、きれいめな要素を抑えています。白スニーカーでパーカーのロゴの色みを拾っている点もさりげなく高ポイント。

印象的なフーディーでワントーンコーデを格上げ

無彩色でまとめたクールな印象のコーディネートは、個性的なデザインが施されたフーディーを取り入れて印象的に。黒と白という配色のバランスにより、着こなしに明るさを取り入れているテクも真似したいところ。

スポーツMIXはチノパンツで“大人感”をフォロー

パーカーとスニーカーを『アディダス』で統一しつつも、互いの配色を反転させたチョイスがおしゃれ。ベージュのスリムチノでクリーンな一面もフォローしているあたりは、ぜひ参考に。

総柄フーディーをブラックでなじませる

難易度が高そうな総柄のパーカーに対して、キャップやボトムスでブラックを取り入れることでコーデにメリハリをつけています。主役であるパーカーのデザインを強調させるべく、ほかのアイテムにプレーンなデザインを合わせた正攻法とも言える着こなしです。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    MA-1のすべて。今買いのブランドと真似したいコーデ術

    MA-1のすべて。今買いのブランドと真似したいコーデ術

    男の鉄板アウターとして定着したMA-1。アイテム自体はプレーンなタイプを選ぶのがセオリーですが、ディテールや選び方、コーデ術はアップデートしていきましょう。

    山崎 サトシ

    マリメッコのリュックを解説。男性には、この4アイテム

    マリメッコのリュックを解説。男性には、この4アイテム

    『マリメッコ』と聞くと、女性ブランドのイメージが強い方も多いはず。しかし今や男性の使用者も急増中。定番の「バディ」や「メトロ」を中心に人気リュックを紹介します。

    山崎 サトシ

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    アウトドアアイテムの人気は衰え知らず。とくに街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、1着押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

    山崎 サトシ

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    季節の変わり目は服装やコーディネートに悩むもの。気温15度前後に適した服装を考えながら、快適に過ごすためのアイテム選びや着こなしテクニックを紹介します。

    平 格彦

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春の着こなしのメインはライトアウター。主役となるアイテムはいち早く確保するのが賢明です。この春らしいアウターの手掛かりとおすすめ品を解説するので、ぜひ参考に。

    平 格彦

    日常の良き相棒。ワークパンツを上手に着こなそう

    日常の良き相棒。ワークパンツを上手に着こなそう

    タフなワークパンツはメンズの定番服。しかし、ワークパンツにはチノやカーゴなど多彩なタイプがあり、それぞれ持ち味も違います。適材適所で上手に取り入れましょう。

    山崎 サトシ

    BACK