秋も引き続きチャンピオンに頼るなら、注目したいのは別注シリーズ!

秋も引き続きチャンピオンに頼るなら、注目したいのは別注シリーズ!

夏にそのロゴを拝むことが増えた『チャンピオン』ですが、本領発揮はこれからの季節。スウェットパンツやパーカーを中心に、『ナノ・ユニバース』の別注アイテムをご紹介。

編集カツラガワ

2017.08.24

チャンピオン(Champion)
ナノ・ユニバース(nano universe)
別注・コラボレーション

ヘビロテ確実! ショップ別注の『チャンピオン』に注目

Freeamericanidol世代から絶大な支持を得ている『チャンピオン』。オリジナルはもちろんですが、人気ブランドとのコラボも人気です。今回ご紹介するのは、『ナノ・ユニバース』の別注シリーズ。安定した人気を誇るリバースウィーブのパーカーやスウェットパンツなど、人気が出る予感しかしないアイテムばかりです。

アイテム1リバースウィーブ裏毛パンツ

本来スポーティな印象が強いスウェットパンツですが、スリムなシルエットでモダンに仕上げられた1本。ウエスト部分の布地の切り替えや、腰ポケットに施されたメタリックファスナーなど、デザイン性の高いディテールにも注目です。

アイテム2サーマルカットソー

スウェットのような肉厚でやわらかな生地感が魅力のサーマルカットソー。シンプルなデザインですが、3本針ステッチや襟元のガゼットなどディテールにこだわりが見られ、サラッと着るだけでこなれた雰囲気にキマる優れモノです。

アイテム3ライト裏毛プルオーバー

スウェットというとグレーやブラックを選びがちですが、今季は落ち着きのあるブラウンはいかが? 程良い厚さのライトウェイト裏毛を使用したスウェットは、これからの時期にぴったりです。すっきりとしたシルエットや、両脇に配したポケットなど『ナノ・ユニバース』らしいディテールも見逃せません。

アイテム4リバースウィーブ裏毛パーカー

『チャンピオン』といえばやはり肉厚のパーカーはハズせませんね。11.5オンスの裏毛スウェットを採用したパーカーは、ボリューム感たっぷりでやわらかな肌触りがたまりません。ゆったりとしたサイズ感でリラックスして着られる点も魅力。

この秋も『チャンピオン』が頼りになります!

その安定感が大人に愛される『チャンピオン』。その新作コラボはいかがでした? ヘビロテしたくなるような、完成度の高いアイテムばかりですよね。パーカーやスウェットパンツを取り入れて、ストリートMIXに着こなしてみてはいかがでしょうか。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    MA-1のすべて。今買いのブランドと真似したいコーデ術

    MA-1のすべて。今買いのブランドと真似したいコーデ術

    男の鉄板アウターとして定着したMA-1。アイテム自体はプレーンなタイプを選ぶのがセオリーですが、ディテールや選び方、コーデ術はアップデートしていきましょう。

    山崎 サトシ

    マリメッコのリュックを解説。男性には、この4アイテム

    マリメッコのリュックを解説。男性には、この4アイテム

    『マリメッコ』と聞くと、女性ブランドのイメージが強い方も多いはず。しかし今や男性の使用者も急増中。定番の「バディ」や「メトロ」を中心に人気リュックを紹介します。

    山崎 サトシ

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    アウトドアアイテムの人気は衰え知らず。とくに街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、1着押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

    山崎 サトシ

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    季節の変わり目は服装やコーディネートに悩むもの。気温15度前後に適した服装を考えながら、快適に過ごすためのアイテム選びや着こなしテクニックを紹介します。

    平 格彦

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春の着こなしのメインはライトアウター。主役となるアイテムはいち早く確保するのが賢明です。この春らしいアウターの手掛かりとおすすめ品を解説するので、ぜひ参考に。

    平 格彦

    日常の良き相棒。ワークパンツを上手に着こなそう

    日常の良き相棒。ワークパンツを上手に着こなそう

    タフなワークパンツはメンズの定番服。しかし、ワークパンツにはチノやカーゴなど多彩なタイプがあり、それぞれ持ち味も違います。適材適所で上手に取り入れましょう。

    山崎 サトシ

    BACK