大人の男なら持っていたい! おすすめコインケース15選

大人の男なら持っていたい! おすすめコインケース15選

スマホなどで簡単に決済できる昨今、コインケースのニーズも増えています。どうせ選ぶなら大人の男にふさわしいアイテムを、というわけでテイスト別にセレクトしました。

ai sato

2017.12.21

財布・ケース
コインケース・札入れ

財布のスマート化で、コインケース愛好家増加中

お財布携帯やICカードで支払いをする人が増えていますが、1つで何役もこなしてくれるモノがあれば、おのずと装いも身軽になってきますよね。それこそ持ち歩く現金やカードが減れば、長財布を手放す人もいるでしょう。そういった時代背景において、逆に出番が増えているのがコインケースなのです。

ハズさないコインケース選びのポイント

いざ欲しいと思っても、サイズはどれくらい? カード入れはあった方がいいの? といった疑問はつきもの。ハズさないコインケースの選び方をまとめてみました。

ポイント1よりコンパクトなサイズ感がベスト

なんといってもコインケースを持つメリットは、財布の縮小化。ポケットやバッグの中でも場所を取らず、身軽に外出できるなるべく小さいサイズを選ぶのが重要です。

ポイント2ポケットにすっきり収まる薄さが◎

サイズと並んでもう1つ重要なのが、コインケースの薄さ。どんなに小さくてもやたらと立体的なデザインのモノではポケットに入れたときに不恰好どころか、うまく入れられないことも。すっきりと薄型で、スマートにポケットに入る厚みのものがベターです。

ポイント3機能だけではなく、デザインにもこだわって

コインケース選びの最後のポイントはデザイン。当たり前といえば当たり前ですが、小ささや薄さに特化することを意識するあまり、デザインは二の次となるのは大人として残念。毎日の生活に必要なモノだからこそ、使うたびに気分の上がるしゃれ感と機能の両立した1点を選びたいもの。

タイプ別に提案。大人におすすめのコインケース15選

前述したポイントを踏まえて、大人におすすめのコインケースをピックアップ。さまざまなニーズにマッチするよう、ラグジュアリーブランド、定番の革小物ブランド、カジュアルブランドの3つのタイプ別にご紹介します。

ラグジュアリーブランドの逸品を選ぶなら

高級感と品のあるラグジュアリーブランドのコインケースは、上質で使うたびに少しぜいたくな気分になれるのがその醍醐味。長く愛用することを考え、シンプルシックなデザインや素材にこだわったモノを選ぶのが正解です。

ブランド1『ボッテガ ヴェネタ』

ブランドアイコンである、レザーを編み込んだイントレチャートシリーズのコインケース。上質なカーフレザーならではのしっとりとした手ざわりと品の良さが自慢です。ベーシックな色も人気ですが、あえてこんなカラフルなパターンを選び、大人の遊び心を演出してもおしゃれ。

コンパクトながら中は3つに仕切られており、例えばコインと紙幣とカードを分けて収納したいような欲張りさんであっても満足する便利さです。

■DATA
W10.5×H7×D2cm

ブランド2『ルイ ヴィトン』

大人のコインケースならではのラグジュアリー感を意識するなら、『ルイ ヴィトン』のメンズ向けラインとして人気のタイガがおすすめ。細かな型押しレザーは傷が目立ちにくく、毎日使いたいコインケースには最適です。シックでスタイリッシュな色みと、ビジネスもカジュアルもOKな落ち着いたデザインで長く愛用できるはず。

馬蹄型のコンパクトなコインケースを開くと、トレー状の蓋部分とメインの小銭入れに分かれ、さっとコインの出し入れがしやすい作り。手のひらにすっぽり収まるフォルムと相まって使いやすさも抜群です。

■DATA
W8.5×H8.5cm

ブランド3『プラダ』

上質なカーフに型押ししたサフィアーノレザーに、さりげないブランドロゴの刻印をアクセントにしたコインケースは、シックで大人っぽい雰囲気が魅力。余計な装飾のない黒レザー特有の高級感に加え、開閉しやすいL字型ファスナーや中のカード入れなど、これ1つで外出も可能な機能性も兼ね備えた優秀アイテムです。

マチがしっかりあるので、小銭だけでなく折り畳めばお札も収納できるとあって、荷物が少ない日の強い味方に。またコインケースには珍しく、カード入れも充実しており、中には4枚、外には2枚のカードを収納できます。

■DATA
W13×H8.5×D2cm

ブランド4『グッチ』

傷がつきにくい型押しレザーを使用して、ころんとしたフォルムに仕上げた手になじみやすいコインケース。ブランドを象徴するダブルGのゴールドモチーフは、アンティーク調の色みになっており、ラグジュアリーでありながらもこなれた大人の余裕を醸し出してくれます。

コインケースの開閉はスナップボタン式で、ボタンを開くとトレー状の小銭入れになるスタイルは小銭の出し入れがスムーズ。ポケットやカードケースなどのないシンプルなデザインだからこそ、収納部分にはしっかりマチもあり使いやすさもお墨付き。

■DATA
W7.8×H6.7×D2.6cm

ブランド5『エルメス』

スクエア型のスマートなフォルムが印象的な、エルメスのバスティアと呼ばれるコインケース。1枚のレザーを折り畳んで作られたという、職人技が光るデザインがスタイリッシュです。縫わずに仕上げているためステッチもなく全体にすっきりと見えるのも魅力的。

きちんと小銭が入るのに、レザーを折り畳んだだけというミニマルなデザインのおかげで、薄くコンパクトなフォルムをキープできるバスティア。この薄さのおかげでスーツの内ポケットやパンツのポケットなどに入れても、服のシルエットが崩れずもたつかないのもうれしいかぎり。

■DATA
W8.5×H8cm

信頼できる安定の革小物ブランドから選ぶなら

大人の財布の定番素材といえばやはり男らしさと品のあるレザー。そのレザー素材の財布を選ぶなら、まずは革小物に定評のあるブランドをチェックしたいところ。質、デザインともに間違いのないアイテムが揃います。

ブランド6『フェリージ』

大人の男にふさわしい上質なレザーを使った『フェリージ』のコインケースの中でも、ラッキーモチーフとしても知られる馬蹄型の逸品。立体感のあるこのフォルムは熟練した職人にしか組み立てられないというだけあって、どこか風格のあるたたずまいが魅力です。同色ステッチやブランドの刻印が、シックな雰囲気をさらに加速させます!

コインケースは蓋をスナップボタンでとめるタイプ。スナップボタンを外すと、蓋はコインを出して確認しやすいトレー状のデザインです。メインの小銭入れに加えフラップ付きポケットもあるので、コインを仕分けして入れればさらに使いやすさがアップします。

■DATA
W8×H7.5×D1.5cm

ブランド7『エッティンガー』

上質なレザーとハンドメイドによるていねいな作りに定評があり、英国王室御用達のブランドにもなっている『エッティンガー』。その気品あふれるコインケースも外側は丈夫で型崩れしないブライドルレザー、内側は柔らかいパネルハイドを使用するなどこだわり満載の逸品です。

内側のレザーは、なんとイエロー! 開いたときに表の上品なネイビーとのコントラストが楽しめます。黄色は風水では金運をもたらすといわれているカラーですし、そういった観点でセレクトするのもアリですね。

■DATA
W11.5×H8.5×D2.5cm

ブランド8『ホワイトハウスコックス』

耐久性に優れたイングリッシュブライドルレザーを、手のひらに収まるサイズに仕上げたコインケース。ベーシックな色みとシンプルなデザインでありながら、品格を感じさせる1点に仕上がっているのはやはり素材のレザーにこだわっているからです。ガバッと開く収納スペースがうれしいボックス型のデザインも魅力的。

裏面にはカードケースも付いているので、ICカードや定期入れとして使うのもおすすめ。表面と同じくシンプルなレザーに、ブランドの刻印がさりげなくリュクスなアクセントになっています。

■DATA
W9.8×H7cm

ブランド9『イルビゾンテ』

しっかりと厚みのあるイタリアンレザーを使った『イルビゾンテ』のコインケースは、使い込むほどに風合いが増すのが魅力です。コンパクトかつ薄さ1.5cmのフラットなデザインは、蓋を開ければ大きく口が開くボックス型となる優れモノ。

中央のスナップボタンを外すと高さ4cmほどのマチが左右から立ち上がり、きちんと収納力のあるボックス型に変身。開口部も大きく開くので、レジや窓口などでもたつかずスマートに支払いができるのも高ポイントです。

■DATA
W8×H7.5×D1.5cm

ブランド10『ファーロ』

日本生まれの『ファーロ』は熟練された職人の技術による薄造りの革が特徴です。こちらのL字ファスナーのコインケースはブライドルレザーを採用した上品なただずまいが魅力的。使い込むことで光沢が増し味わいも出てきます。

ミニマムでシンプルなルックスにもかかわらず、内側にはキーリングやカードポケットなど充実した機能が備わっています。そのため、家や車の鍵、ICカード等も収納でき、1つで3役になる優れモノ。

■DATA
W11×H6.4×D2.2cm

カジュアル使いしやすいブランドから選ぶなら

普段使いにはもちろん、旅行やアウトドアシーンでもコインケースは大活躍。そんなアクティブなスタイルには、タフなナイロン素材を使ったカジュアルなタイプがぴったり。今季は、引き続き人気のアウトドアテイストなデザインもおすすめです。

ブランド11『ポーター』

シンプルさと丈夫さに定評のある『ポーター』のコインケース。さまざまなデザインがある中で、プッシュしたいのはこちらのミニマルなデザイン。シンプルな無地にブランドロゴのみという、潔いスタイルは大人向きです。かなり小ぶりなサイズ感で、ポケットの中にすっきりと収まるのも魅力。

コインケースの口はダブルジップでワイドに開くので、コインの出し入れがスムーズにできます! このサイズで内側には6つもポケットが付いているというのも高ポイント。

■DATA
W11×H6.5×D2.5cm

ブランド12『チャムス』

デイリーに使うコインケースは、耐久性や水に強いアウトドアブランドから選ぶという手もあり。こちらは環境に配慮したポリエステル素材を使い、定期入れ、キーケースまでこなすというマルチなコインケースです。おまけにプチプラなのもうれしいかぎり!

コインケースの裏面には、透明セル付きの定期入れとカード入れが。ジッパーに付いたカラーコードのリングが、シンプルでカジュアル感の強いコインケースに個性ある表情を添えてくれます。カラー展開が豊富なのでお気に入りの1点が見つかるはず。

■DATA
W11×H7.5×D1.5cm

ブランド13『マンハッタンポーテージ』

素材に軽くて耐久性に優れたコーデュラナイロンを採用しており、アクティブに過ごす大人にはぴったり。上部の角に丸みを持たせたフォルムは、手にもポケットにもなじみやすいのが特徴です。無地が多いコインケースの中でこんなカモ柄なら男らしい個性も出せるので、さりげなく人と差を付けたい人にはおすすめ!

仕切りやポケットを付けずに、むだをそぎ落としたシンプルなデザイン。用途を制限しない作りは、コインだけでなく紙幣や鍵、小物などさまざまなものを入れるのに活躍してくれるはず。

■DATA
W10×H8×D2cm

ブランド14『グレゴリー』

タフなバックパックで知られる『グレゴリー』のコインケースは、そのバックパックと同じくヘビーデューティなナイロン素材を使用。耐久性に優れ水や汚れにも強いので、シーンを問わず活躍してくれる頼れるアイテムです。小銭が出し入れしやすいL字ファスナーも便利!

バックと内側にはポケット付きなので、小銭やカードを仕分けて収納でき、コインケースの中もすっきり。バックのポケットはカードの収納に、内側のスリットポケットは折り畳んだ紙幣や領収書をしまうのに最適です。

■DATA
W12×H9cm

ブランド15『ザ・ノース・フェイス』

人気アウトドアブランド『ザ・ノース・フェイス』のコインケースは汚れや擦れ、そして水ぬれにも強い素材を採用。加えてシックな色とむだのないシンプルなデザインもあり、グッと男らしい表情が漂います。内側にも仕切りやカードホルダーがあり、小銭とカードを一緒に持ち歩けるのもGOOD。

サイドのファスナーを開くと内側は2つに仕切られているので、片方には小銭、もう片方にはカードや折り畳んだお札などを仕分けして収納することが可能。あまり現金を持たずICカード中心という人ならこれ1つでOKです。

■DATA
W12.5×H9.5×2cm

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK