まさに大人好み。レトロでリュクスなスニーカーはいかが?

まさに大人好み。レトロでリュクスなスニーカーはいかが?

ストリートなコーデにも、大人らしいクリーンな着こなしのハズしにも最適。そんな理想的な1足が『リーボック』と『ジャーナルスタンダード』のタッグで実現。その詳細は?

編集フカザワ

2017.08.19

リーボック(Reebok)
スニーカー

高まる秋の気分。“何履くの?”こそ最大の悩み……

どうも、編集フカザワです。相も変わらずスニーカーウォッチングが日課の私。素敵な代物によだれを垂らしつつも、とある悩みを抱えていました。それは、「今の時期、何を履くのがおしゃれなのか」問題です。サンダルフィーバーの昨今、やはりサンダルを新調しようかとこんな記事も書いてみたワケです。

▼参考記事: 大豊作。大人にハマる2017年夏のサンダルガイド総集編

ところがどっこい……。雨、降りすぎですよね? ザーザーどころの話ではありません。ジャージャーなんですよ。

雨天続きかつ、ほんのり涼しげな空気もあいまって秋の気分がひょっこりと顔を出しはじめています。今秋はもっぱらレザーシューズに注目したいところではありますが、私はやはり“LOVE スニーカー”。とはいえ、ちょっと秋の気配を醸し出す1足が欲しい。そんな私のニーズを満たしてくれるのが写真のモデル。

めっちゃシブくないですか?

いいですよね??

ギュギュッと大人心をわしづかみにするルックスの1足こそ、当記事でプッシュする新作です。『リーボック』と『ジャーナルスタンダード』によるそれは、レトロなデザインがいいじゃありませんか。ブラックも素敵ですが白も“ならでは”のクリーンさがたまりませんな……。毎度ながらに思うのですが、懐古的な表情のスニーカーって、本当にイイですよね。

それもそのはず。こちらのモデルは『リーボック』の名作であるワークアウトを現代的な解釈でリリースしたモノなんです。あ、間違えました。正確には8月下旬より手元に届くので、“リリースした”というのはおかしいですね。いやはや、興奮しすぎて筆がノリまくっているのでご容赦ください。

嗚呼欲しい、『リーボック』の名作。その見どころは?

完全に私情で語りますが、同モデルのナイスなポイントはガムソールとレザーの共演というところ。アッパーをワントーンのレザーで仕上げつつも、足元をガツンとガムソールでおおうことで、よりアクティブな動きに耐えうる1足に仕上げています。色みのバランスも素敵ですな。

ガムソールとレザーとの意外な好マッチングにも驚きですが、レザーが放つ光沢感もツボ。レトロなデザインにてりってりのツヤが交わることで、上質感も兼備しているんですよ。その輝きはまさに脂ののったてりってりの刺身……。大人のハートをガシッとつかんで放さないワケですよね。

ここにきてのそもそも論で恐縮ですが、『リーボック』のワークアウトは1980年代に誕生したフィットネスシューズでしてね。そりゃもう機敏な動きをまるっとフォローする快適な履き心地がウリなんですよ。

で、そんな機能性がスケーターにも支持されてストリートでも重宝されるように。以降はいわずもがなですが、街のスタイリングにも活用されて今もなおその名を残しているワケです。

そんな履き心地は当記事で紹介する1足も継承しておりましてね、ガシッとした見た目ながらもふんわりと足を包むクッションも見逃せないポイントなんです。

大人買いしたくなる1足。あなたの好みは?

「欲しい……」

そう思いましたよね? そうでしょう、そうでしょう。ストリート感全開のガムソールと、シックなムードのレザーの共演ですからね。夏はもちろん、秋の着こなしにもビシッとハマるのは間違いありませんわな。まあ問題はアレですよ。色です、色。あなたの好みはドシブなブラックですか? それともクリーンな白? いずれにしても最高すぎる1足ですからチェックはお早めに!

    KEYWORD関連キーワード

    BACK