大人の万能着。リーバイス505の春夏秋冬コーデを徹底解説

大人の万能着。リーバイス505の春夏秋冬コーデを徹底解説

『リーバイス』といえばもはや説明不要ともいえる、大人の定番。当記事では、501と並び根強い人気を持つ505シリーズについて、その魅力と着こなしを詳しく解説します。

Roaster

2017.08.17

リーバイス(Levi's)
ボトムス
ジーンズ

不動の定番。『リーバイス』の505って、どんなモデル?

リーバイス『505』は1954年に誕生した501(R)のジッパー版『501(R)ZXX』に改良を重ねて1967年にリリースされたモデルです。元々労働着として作られた『501』にはボタンフライがあしらわれておりましたが、『505』では初めてジッパーフライを採用しました。リーバイスが労働者の作業着から、若者たちが着るファッションアイテムへとマインドチェンジした歴史でもあるモデルです。

『505』の魅力を一言で説明すると、「テーパード」でしょうか。『501』(R)比べると細身のシルエットで、裾巾の狭さが特徴的なテーパードストレート構造になっています。細身なので、ジャケットスタイルやキレイめコーデとは自ずと相性◎。ウエストを大きめに設定しているため、サイズダウンすればさらにスマートな着こなしが可能になります。

合わせて読みたい:
リーバイスのジーンズ総特集! 定番も新顔も人気モデルの魅力を解説
リーバイス501をもっと好きになるために押さえておきたい3つのモデル

『リーバイス』505のコーディネートを一挙公開

デニムは季節を問わずに使いまわせるデイリーアイテムですが、その中でもリーバイス『505』は、 ON、OFFを問わず、着こなし次第でどんなテイストも作ることができる万能品おのもあります。ここからはその『505』を使った、四季に合わせたスタイリングをいくつか見ていきましょう。

『リーバイス』505の夏コーデ

夏はシンプルに、Tシャツ一枚と合わせるだけでもサマになるのが『505』。コーデに物足りなさを感じたら、シューズやアクセサリーをワンポイントとして使えば◎。選ぶTシャツもサイズや素材感にこだわりを持って自分らしい夏スタイルを確立しましょう。

無地の白Tシャツを『505』にイン。シンプルなコーデには、赤のスニーカーでワンポイントを。タックインすることでスタイルアップを見せつつ、こなれた印象も演出。『505』の特徴でもあるテーパードがキレイに見えるおすすめコーデ。

先ほどとは違い、ビッグサイズのTシャツをラフに合わせた『505』の夏コーデ。お尻まで隠れる長い着丈のTシャツで、リラックスシルエットを作る。それにしても、リーバイスにはコンバースのスニーカーがよく合いますね。

『リーバイス』505の秋コーデ

まだ少し長袖を着るには暑いけど、気持ちは秋を取り入れたい、、、。夏から秋へかけてのコーデ選びは難しいもの。引き続きTシャツはマストなアイテムですが、+αで秋感を演出できる小物合わせが◎。秋らしく少し肌寒くなってきたときにおすすめなのは『505』がきちっとハマるジャケットスタイルです。

まだ少し暑さの残る秋先は、Tシャツ一枚で十分。フェス感のあるバケットハットで秋の気分を取り入れつつ、濃い色の『505』をチョイス。少し重めの印象も、ロールアップとサンダルで抜け感を作ればこなれた秋コーデが簡単に完成します。

かっちりとしたジャケットに『505』を合わせたカジュアルスタイル。シンプルに暗めのトーンで統一しながらも、ネクタイの赤が差し色に。メガネをかけることで知的な印象もプラス。ジーンズ×ジャケット合わせはサイズ感に気を使う事でこなれたスタイルを確立できます。

『リーバイス』505の冬コーデ

デニムなのでロング丈のコートと合わせてももちろんキレイにハマりますが、『505』最大の特徴でもあるテーパードをきれいに見せることができるブルゾンやショートジャケットと合わせるコーデも◎。工夫しやすい冬こそ、キャップやアクセに個性を忍ばせて着こなしたいですね。

ロールアップした『505』にチロリアンシューズ、ネイビーのボアジャケットを合わせてワークに仕上げたスタイリング。無骨な印象ながらも、ホワイトのニットキャップをハズしとして使い全体のバランスを調整しています。

『リーバイス』505の春コーデ

徐々に薄着になり始める春は羽織ものが重宝します。特に、テーパードのきいた『505』はきれいめコーデの鉄板でもあるシャツとの相性が◎。デニムの形状に合わせてシャツの色や柄を使い分ければこなれ感のある春コーデの完成です。もちろんシャツだけでなく、ジャケットやブルゾンなどの羽織ものも相性抜群の武骨さです。

濃紺カラーの『505』にブルーのシャツを合わせた定番の爽やかコーデ。濃紺デニムにはきれいなホワイトのコンバースがよく映えます。黒のバケットハットをかぶることにより、少しストリートな雰囲気をプラス。春先はシンプルなシャツコーデで見せてみるのはいかがでしょうか。

ブルートーンで合わせた王道のデニムスタイル。革靴ではなくあえてスニーカーを合わせて軽やかな印象に。シンプルかつおしゃれなデニム on デニムは誰しも憧れたことがあるのでは?まだ肌寒い春先に挑戦してみてはいかがでしょうか。一見難しそうに思えるコーデもキレイトインディゴカラーで統一すれば柔らかい印象を作れるので◎。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK