2017年夏の傑作コラボ。トリプルネームのパンツが秀逸すぎる

2017年夏の傑作コラボ。トリプルネームのパンツが秀逸すぎる

今夏もコラボが豊作。なかでもプッシュしたいのが、『ディッキーズ』と『ロックス』、そして『ジャーナルスタンダード レリューム』の逸品。その詳細に迫ります。

伊藤 千尋

2017.08.08

ディッキーズ(Dickies)
ボトムス
別注・コラボレーション

コラボアイテムをご紹介する前に押さえるべき、3つのブランド&ショップ

私たちの購買意欲を刺激するコラボという名の“特別感”。それは良くも悪くもいえることで、たとえそれぞれのブランドに知識がなかったとしても、その特別感から自然とテンションは高ぶってしまいますよね。そう、私たちはコラボという響きにめっぽう弱く、トリプルネームと聞くと恥ずかしいほどに購買欲がそそられるのです。

しかし、やはりブランドに対する知識は有したいところ。まずは、トリプルネームのアイテムそのものを紹介する前に、今回タッグを組む精鋭ブランドやショップについておさらいします。各ブランドやショップの理解を深めることで、コラボアイテムの真なる魅力に気付けるハズですよ!

チェック1『ディッキーズ』とは……

もはや説明いらずのブランドではありますが、念のために…。『ディッキーズ』とは、ワークウェア市場において70%のシェアを誇るアメリカのカジュアルウェアブランド。1918年テキサスにおいて前身となる会社を設立し、来年でなんと創業100周年を迎えます。ご存じかとは思いますが、『ディッキーズ』の大定番といえば、Freeamericanidolでも幾度となくご紹介してきた“874”のワークパンツ。近年のリバイバイルブームにより、改めて注目されているブランドのひとつです。

チェック2『ロックス』とは……

伝説的なクライマーであるマイク・グラハム氏が2000年に立ち上げたクライミングウェアブランド『ロックス(ROKX)』。実は、みなさまご存じの『グラミチ』もグラハム氏が創設者なんです。ブランド名の由来は、自然鉱物の“ROCK(岩)”と“EXTREME ACTIVITIES(クライミング)” の造語によるもので、クライマーならではの視点で動きやすさを追求しながらも、普段着としてのおしゃれさもしっかり完備。快適性&ファッション性を同時に叶える『ロックス』は、アウトドア界だけでなく、あらゆるシーンで人気を獲得しています。

チェック3『ジャーナルスタンダード レリューム』とは……

セレクトショップ『ジャーナルスタンダード』から派生する『ジャーナルスタンダード レリューム』。展開されるアイテムは共通して、“程良く”、“さりげなく”がキーワード。カジュアルかつベーシックなアイテムが高く評価されているのですが、品質の高さも大人に好まれる理由といえるでしょう。ちなみに、ブランド名の由来は、時と環境の変化によっておしゃれが二の次になっている大人の方にもう一度ファッションを楽しんでもらいたいという思いを込めて、“再燃”を意味する“レリューム”というネームを採用しています。

豪華トリプルネームの“秀逸”パンツ。その詳細も要チェック

さて、ブランドについて知識が深まったところで本題に入ります。こちらが今回ご紹介するコラボアイテム、『ジャーナルスタンダード レリューム』別注TCストレッチナローパンツ。徐々に正体を明らかにしていきましょう。

ご覧いただくとお分かりかと思いますが、お尻の右ポケット上に『ディッキーズ』ではお馴染みのブランドタグが配置されています。しかし『ディッキーズ』といえば、タフなボディーが大前提。こちらはブランドの代名詞ともいえるT/Cツイルファブリックを採用しているので、タフでありながらアクティブな動きをサポートしてくれます。ワークパンツならではの丈夫な素材感は、はき込んでいくうちに“味”となって表情を変える……これもまた楽しみのひとつですね。

次に、『ロックス』ならではのディテールをご紹介します。まずは、片手で簡単にサイズ調節ができ、かつ着脱をスムーズにさせるウェービングベルト。もともと『ロックス』のパンツは黒色のウェービングテープしか展開していないのですが、今回は特別にカラフルなカラーを採用しています。また、ベルトを長めに設定したのも本作だけのオリジナル仕様。よりコーデのアクセントとして取り入れやすくなりました。

最後に……。先ほどご紹介したストレッチ性に優れた生地も動きやすさをサポートする要素のひとつですが、ダーツという裁縫パターンも忘れてはなりません。ダーツとは平面の布を立体的にカッティングするパターンメーキングのひとつで、ヒザ付近の程良くゆとりを含ませたシルエットがまさしくそれ。細身のシルエットながら、より快適な履き心地を提案してくれます。

今季注目。ストリートルックにぜひ合わせてみては?

『ディッキーズ』の持つワークパンツとしてのタフさと、『ロックス』のクライミングパンツとしての快適さが融合したTCストレッチナローパンツ。そして、それを可能にする『レリューム』の着眼点。どれを取っても“お見事”というひと言に尽きますね。

カラバリは、カーキ×グリーン/グレー×イエロー/ブラック×ブルーの全3色で展開。8月下旬のリリースとなっております。注目されているストリートスタイルとも相性抜群の1本、ぜひチェックしてみてください!

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    履き心地満点の“山街両用”。キーンのジャスパーがとにかくすごい

    履き心地満点の“山街両用”。キーンのジャスパーがとにかくすごい

    大ヒット中の「ユニーク」が代名詞の『キーン』ですが、他にも秀作が多数。特に2018年に10周年を迎えた「ジャスパー」は機能も見栄えも◎なアクティブ派必携の1足です。

    山崎 サトシ

    ショートパンツを着こなすために。意識したい3つのトピックス

    ショートパンツを着こなすために。意識したい3つのトピックス

    いよいよ本格的にショートパンツの季節が到来。選び方やブランドなど3つの視点から、大人に似合うショートパンツの着こなし方をしっかりナビゲートします。

    山崎 サトシ

    人気スリッポンを厳選。大人におすすめの12ブランド

    人気スリッポンを厳選。大人におすすめの12ブランド

    多様なスリッポンのなかでも、スニーカーソールを用いたタイプが主流です。カジュアルスタイルの足元に取り入れやすいブランドをレコメンドしていきます。

    平 格彦

    Tシャツ完全ガイド。人気23ブランドから選ぶおすすめの1枚

    Tシャツ完全ガイド。人気23ブランドから選ぶおすすめの1枚

    Tシャツは2019年の春夏も必需品。23の人気ブランドと、各ブランドのラインアップから厳選した1枚を一挙に紹介します。Tシャツ選びの参考に、ぜひチェックしてください。

    平 格彦

    必見。白Tシャツの着こなしをおしゃれに見せる方法

    必見。白Tシャツの着こなしをおしゃれに見せる方法

    Tシャツは着回しやすい白が鉄板。ただし白Tシャツは王道なだけに、周りとのかぶりやマンネリが気にかかる。そんなときに思い出してほしい、おすすめコーデをピックアップ。

    菊地 亮

    タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

    タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

    デイリーユースできるTシャツは、着用頻度が高いからこそタフなモノが好都合。そこで、毎日のように着用して洗ってもヘタれない『グッドオン』のTシャツを紹介します。

    那珂川廣太

    BACK