旬度満点。スポーツMIXの着こなしをアップデートする方法

旬度満点。スポーツMIXの着こなしをアップデートする方法

すっかり定着したスポーツMIXスタイル。もはや定番化しているからこそ、トレンドを取り入れてアップデートを行うべきです。大人が実践できる3つの注目テクニックを紹介!

平 格彦

2018.01.28

スポーツファッション

定番化した今だからこそ知りたい、スポーツMIXの“旬”コーデ

トレンドとして大人の装いに仲間入りしたスポーツMIXも、すっかり定番スタイルとして定着。機能的なスポーツ系のアイテムが進化してデザイン性も向上し、普段のスタイリングに取り入れやすくなったことが大きな理由。冬の着こなしで例を挙げるとするならば、スウェットパーカーやスウェットパンツorジョガーパンツ、スニーカーなどでスポーティなムードをブレンドしつつ、シンプルな無地のコートを重ねることで大人っぽく仕上げるのが典型です。定番化するのに比例して新鮮味は薄れていますから、トレンドの要素を加味してコーデをアップデートすることをおすすめします。

ポイントは3つ。旬のスポーツMIXコーデを構築するヒントと実例

さっそくスポーツMIXをアップデートする具体的なヒントを解説していきます。今回挙げたテクニックはすぐにでも実践できるものばかりなので、普段の着こなしを見直しつつ取り入れてみてください。

テクニック1最旬はグレンチェックのロングコート×スニーカー

シンプルなコートをスニーカーで着崩すスポーツMIXは大人らしい着こなしの定番でした。それを今季らしく発展させるなら、無地ではなくグレンチェックなどのクラシックな総柄、着丈もクラシックな長めのコートを選ぶのがおすすめです。モノトーンのスニーカーを合わせれば、今季らしくて大人っぽいスポーツMIXスタイルが完成します。

ウール素材のチェスターコートはグレンチェック柄がクラシック。スリムなシルエットも上品なニュアンスなので、ほかのアイテムがカジュアルでも大人っぽく仕上がります。モデルは白いスニーカーを合わせて、クリーンな印象のスポーツMIXを実践。インナーのホワイトも少しのぞかせることで、スニーカーの悪目立ちを防いだテクニックも巧妙です。

着丈がロングなだけでなく、身幅もワイドなビッグシルエットのコートが今季らしいムードを演出。グレンチェックの上質な生地がクラシックな大人っぽさも宿しています。スリムなパンツで引き締めるのがセオリーですが、旬度を高めるためにややワイドなパンツをセレクト。サイドラインがスポーティなムードを高めています。ホワイトのスニーカーも爽快なスパイスとして効果を発揮!

繊細な糸を用いたエレガントなコートで大人の風格を確保。90年代のストリートテイストを感じさせるコーディネートを組み合わせることで、トレンド感を演出しています。パーカーのビッグロゴとスニーカーのロゴを共鳴させることで、スポーティなムードを強調したテクニックにも注目!

テクニック2“ブラックアウトドア”なアウターを主役にした“アウレジャー”が新鮮

この冬はダウンジャケットを筆頭にアウトドアスポーツ系のアウターが人気を集め、アウトドア調のアスレジャースタイルを“アウレジャー”と名付けた雑誌もあるほど。とくにブラックのアウターを選ぶ人が多く、全身のスタイリングも黒をベースにしてクールな都会的アウトドアスタイルを構築する人が増えています。アウター以外にもアウトドアスポーツな要素を取り入れることで、鮮度の高いスポーツMIXに導くのがポイント。

ブラックのダウンジャケットを選びつつ、インナーのニット以外は黒で揃えてクールに仕上げたコーディネートです。同じブラックでも質感が異なっているため、こなれたムードが生まれています。またスニーカーではなくトレッキングブーツを合わせることで、アウトドアテイストあるスポーツMIX感にまとめているのが旬度アップのポイントです。

アウターは、ラウンドカラーを採用しつつフードの取り外しが可能なダウンブルゾン。そのクルミボタンに加えて、インナーのジオメトリック柄ジャガードニットもどことなくアウトドア調で、今冬らしいスポーツ感を際立たせています。ホワイトのスニーカーによるハズしでヘビーになり過ぎないように調整したバランスも絶妙。

フード付きのハイスペックなダウンジャケットと、トレッキング調のブーツがアウトドアスポーツのムードを醸出。ワイドなアンクル丈のパンツを合わせることで、新鮮味のあるシルエットを築いています。シンプルなアイテムだけでも、テイストやシルエットを工夫するだけで印象が大幅にアップデートできるというお手本。

テクニック3スポーティなカラーを差してMIX感をさり気なく後押し

スニーカーが大人の足元として定番となった今、ただそれを合わせるだけではトレンド感は出しづらいところ。ほかにもスポーツ系アイテムを追加するのが正攻法ですが、色使いだけでスポーツ感を補完するテクニックが旬への近道です。さり気ないMIX感が演出でき、こなれた印象が生まれるからです。難しそうですが、実はインナーにビビッドなカラーを差すだけ。鮮やかなカラーが再評価されそうな春も見据え、実践してみてください。

ビッグシルエットのチェスターコートをスリムなパンツで引き締め、レトロなスニーカーを合わせた昨今のスタンダードな着こなし。定番的なスニーカーだけだとスポーツ感は弱いのですが、スポーツをイメージさせる真っ赤なタートルニットを合わせることで、さり気なくスポーティな印象を補完したバランスが大人。

こちらは鮮やかなブルーのニットを効果的に差した好例。ミニマルなステンカラーコートとスリムなテーパードパンツで大人っぽく落ち着かせた一方、スリーストライプスが映えているスニーカーでスポーティな軽快感を融合しています。そして、ブルーのインナーで一層爽快に。挿し色に慣れていなくて抵抗がある人は、ロイヤルブルーなどの明るい青系を活用するのがおすすめです。

グリーンも鮮度が高くてスポーティな狙い目のアクセントカラー。MA-1にジーンズ、オールスターを合わせたオーソドックスなスタイリングも、ベースカラーをブラックで統一してグリーンを際立たせると、スポーツテイストが高まって見えるから不思議です。もっとも、スウェットシャツもスポーティなアイテムのひとつ。子供っぽく見えないように気を付けつつ活用して、大人っぽくて自分らしいスポーツMIXを大いに楽しんでください!

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    大人ジーンズの定番。アーペーセーの魅力と三大定番モデル

    大人ジーンズの定番。アーペーセーの魅力と三大定番モデル

    専業ブランドでないにもかかわらず『アーペーセー(A.P.C.)』にはジーンズのイメージが強く結びついています。その魅力と人気モデルを詳しくわかりやすく解説しましょう。

    平 格彦

    着用マナーも解説! ボタンダウンシャツの着こなしガイド

    着用マナーも解説! ボタンダウンシャツの着こなしガイド

    この春はカジュアルにもきれいめにも使えるボタンダウンシャツに注目。今回は、ボタンダウンシャツの基本的な選び方からおすすめのアイテム、着こなし方までお届け。

    大中 志摩

    チェックシャツを厳選。5つの柄から選ぶおすすめ10ブランド

    チェックシャツを厳選。5つの柄から選ぶおすすめ10ブランド

    チェックシャツといえば日常着における基本の“き”。ただ、そのなかにも多彩な種類があり、それぞれで持ち味も異なります。その特性と、おすすめブランドをまとめました。

    山崎 サトシ

    気温20度の日の服装とベストなコーディネートを考える

    気温20度の日の服装とベストなコーディネートを考える

    メンズファッションにおいて、多くの方が悩む春秋シーズンの服装。持っておくと便利なアイテムと、気温20度前後の季節での最適なコーディネートを紹介していきます。

    Hiroshi Watanabe

    意外と簡単。ワイドパンツのタイプ別に大人の着こなしを解説

    意外と簡単。ワイドパンツのタイプ別に大人の着こなしを解説

    ワイドなパンツは着こなしが難しいと思われがちですが実は簡単。ルールさえ守れば、こなれ感のある大人のカジュアルスタイルを築くことができます。そのポイントをご紹介。

    平 格彦

    大人の日常着。ディッキーズの定番874と別注モデルを徹底紹介

    大人の日常着。ディッキーズの定番874と別注モデルを徹底紹介

    『ディッキーズ』の定番「874ワークパンツ」の魅力とともに、同ブランドが誇るパンツのラインアップを整理。大人のカジュアルに効く『ディッキーズ』を幅広く紹介します。

    編集フカザワ

    BACK