おしゃれな七三分けの髪型20選。豊富なバリエーションを一挙公開

おしゃれな七三分けの髪型20選。豊富なバリエーションを一挙公開

意外と知られていないことですが、七三分けの髪型は、アレンジ幅が広く、かつメリットだらけ。その魅力とともにおしゃれな七三分けのヘアスタイルを紹介します。

伊藤 千尋

2017.08.03

ヘア
ヘアスタイル

意外!? 七三分けは“大人の理想”をまるっと叶えてくれるんです

のっけから質問ですが、みなさまが髪型で重要視しているものは何ですか? おそらく多くの方に該当する例が下記のとおり。

■スーツにマッチするフォーマルさ
■トレンド感
■爽やかさと男らしさの両立
■セットが楽であること

こうした理想のすべてを満たすヘアがあればいいのに……と思ってしまうのはわがままでしょうか。いえ、それは誰しも考えることで、今回ご紹介する七三分けの髪型がまさにそれをかなえてくれます。そのメリットをお伝えします。

七三分けのメリットと、押さえておきたい注意点

クリーンな印象たっぷりの七三分け。清潔感はもちろん、額を見せることによる男らしさアップというメリットや、スタイリングが簡単であることの恩恵は大人にとってまさに最適な髪型なんです。

とはいえ、旬度を高めるためにはやはりメリハリが必要。つまり、ツーブロックを取り入れるのがマストなわけですが、短くカットした部分が伸びるとやぼったさがチラつくので定期的にカットしてもらうことを忘れずに。

実はバリエーション豊富。七三分けのヘアカタログ20選

ひと口に七三といえど、かっちり仕上げたものもあれば、ラフにアレンジしたものまで種類はさまざま。レングス、パーマはもちろん、スタイリング剤によっても印象を変えることができるので、仕事orオフ用でぜひ使い分けてみてください。

ただ刈り上げるのではなく、トップに遊びが出るよう徐々にグラデーションをかけたベリーショートがベース。ベースこそ定番ですが、七三にスタイリングによって爽やかさ&旬度がUPしています。

きちんと感にトレンド感を共存させた七三ツーブロック。ここまで毛先を遊ばせても、七三によるスマートさがやんちゃさを軽減しています。従来までの七三を覆す、決めすぎないカジュアルな雰囲気が新鮮。

色気のある前下がりレイヤーをベースに、毛流れをサイドに流すことでよりアダルトな印象に仕上げたこちら。全体にパーマをかけているので扱いもよく、簡単にランダムな毛束を演出できます。

黒髪×ツヤ感は男気ヘアを構築するうえで最強のタッグ。黒髪による潔さとツヤ感による色気が大人の雰囲気をプラスしてくれます。このスマートなヘアを可能にするのはトップのボリューム。ある程度長さのあるトップをつぶしてしまうとのっぺりした印象になるので、程よく根元から持ち上げて縦のシャープなライン意識しましょう。

外国人風の質感が魅力的なこちらのスタイル。ポイントは、ドライカットによってエアリーな質感を表現した束感にあります。再現性も期待できるので、くせ毛で悩む方におすすめ。

ボリュームを残したトップ×黒髪だと重くなりがちなので、アップバングで爽やかに、ナチュラルなカーブで軽やかさを表現しています。前からうしろに向かってかきあげるようにドライし、仕上げはウエットなスタイリング剤で七三に仕上げ、サイドはバッグの中央に寄せるよう流せば完成。

ラフにかきあげることで肩の力が抜けた七三ヘアを演出。フロントにボリュームを持たせたいときは、毛流れに逆らってかきあげると◎。そうすることでふんわりと仕上がります。ドライ時からクセ付けしておくとよりスタイリングのが簡単で、ワックスの重さで潰れる心配もなくなります。

毛先のウェーブ感とヒゲがマッチする男らしいヘア。くせ毛やパーマを生かしたアップバングのウェーブショートスタイル! プライベートシーンやビジネスシーンにも似合うように、清潔感を出すように2ブロックにしヒゲがある男性にも爽やかに決まるようこだわりを持ったショートスタイルです!

前髪を下ろしたカジュアルな七三。分け目をぼかしたことで、七三ならではの誠実さを生かしつつもナチュラルな印象に仕上げています。また、スライドカットを施したのもポイント。毛先をそぐようなカットは、毛先に軽やかな動きを表現してくれます。

アップバングで男らしく、かつ爽やかに仕上げたこちら。ショートグラデーションをベースに、セニングで適度に毛量調整をしたことで束感を表現しています。フロントを立ち上げるイメージで全体をドライし、ジェルをしっかりもみ込み整えれば完成。

ビジネススタイルとしても高い評価を誇るこちらの七三スタイル。仕事の日はサイドへ流して大人っぽく、オフの日アンニュイなイメージでラフに仕上げても◎です。ジェルなどで質感を変えてみるのも面白いですよ!

決めすぎない巧妙な前髪作りがポイントのこちら。前髪の隣り合う毛束を重ねるようにスタイリングすることでルーズな雰囲気を表現しています。爽やかさとルーズさの掛け合わせが絶妙。

パーマによる無造作なカールでワイルドさを演出したこちら。セニングで軽くしすぎると子供っぽくなりやすいので、程よくボリュームを残すのがポイントです。ニュアンス◎なクセ感が大人な雰囲気。

キリッとした印象に仕上げるコツはツヤ感たっぷりのヘアセットにアリ。グリースヤジェルなどツヤ感のあるスタイリング剤を使えば問題ないのですが、毛先に付けすぎると重さでへたってしまうので注意が必要です。仕上げにハードスプレーで固めると長時間のキープが可能。

男が惚れてしまうほどの“デキル男”感。フォーマルな七三スタイルに、パーマをあてて毛先に遊びを効かせています。よりセクシーに演じたい方はぬれヘアセットをおすすめします。

かっちりしすぎないカジュアルな七三スタイル。サイド&バックは甘めに刈り上げすっきりと、トップは少しボリュームを出し起こすことでラフに仕上げています。

上品な毛流れを武器にした七三スタイル。ボリュームの出やすいハチ部分までツーブロックを施すことで、すっきりしたシルエットを演出しています。直毛の方は、ニュアンスパーマをかけると自然な毛流れをメイクしやすくなります。

こちらのワイルドさは、あえて根元を外した毛先染めが決め手。ラフな毛先がアクセントになり、クールなショートヘアにルードさを演出しています。今季トレンドのストリートスタイルに相性抜群です。

仕事も遊びもサポートするワンランク上の男スタイル。ローレイヤーベースに、サイドはツーブロックですっきりと仕上げています。パーマは13?15mmロッドのオールパーパスによるもの。

トップにレイヤーを入れることでシャープな毛束を演出したこちらのスタイル。タオルドライ後、ジェルをしっかりもみ込み、前髪はかきあげて分け目を作ります。サイドはうしろに流しながらボリュームを抑えます。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK