注目作を一挙公開!夏のアウトドアアイテム最新ガイド

注目作を一挙公開!夏のアウトドアアイテム最新ガイド

フィールドはもちろん、タウンユースでも強さを発揮するアウトドアアイテムは、アクティブ派の大人にマスト。ここでは有力ブランドが放つ注目の品々を紹介します。

山崎 サトシ

2017.07.26

アウトドアファッション

機能的で見た目もグッドなアウドドアアイテムが頼りになる

キャンプや野外フェス、BBQといった外遊びシーンで活躍するのみならず、旬な街着としての顔も持っているアウトドアアイテム。多彩なオケージョンで活躍してくれるお役立ちな存在だけに、新たに買い足しておきたいところです。人気定番ブランドの狙い目モデルをここでレコメンドしていくので、気になるものは即チェックを!

ブランド1『ザ・ノース・フェイス』

1968年にカリフォルニア州・バークレーにて興された名門ブランド。機能性の追求、そして自然との共存をモットーとして製品開発を行っています。人工合成クモ糸を使ったアイテムをリリースするなど、常に革新的なチャレンジを行うブランドとしても有名です。

コーデュラポケットTシャツ

今季の大ヒットアイテムといったらこの“コーデュラT”でしょう。バッグなどでお馴染みのコーデュラ素材をコットンとミックスし、優れた耐久性を持たせています。背面には染み込み風のロゴプリントをデザインし、アクセントに。

ウルトラティダル

ただのスポーツサンダルとあなどることなかれ。なんと、独自テクノロジーの搭載により、トレッキングブーツと同等レベルのソール構造となっているんです。歩きやすさ&クッション性ともに高いため、長時間履いても疲れません。

カラーヘザードカノコポロ

薄手のポリエステル製カノコ素材を使っているから、コンフォート極まる肌触り。程よくタイトなシルエットで、きれいめのスタイリングともマッチしてくれます。イヤ〜な静電気の発生を抑える設計となっているのも高ポイント。

ブランド2『パタゴニア』

イヴォン・シュイナードが1973年に立ち上げたブランドで、カリフォルニア州のベンチュラに本拠を構えます。アウトドアブランドとして世界で初めてペットボトルを原料としたフリースを開発、さらに綿製品にはオーガニックコットンを使うなど、環境へ徹底して配慮したモノ作りがこだわり。

バギーズショーツ

『パタゴニア』を代表する定番の水陸両用ショーツ。ボディーにはタフで軽量なサプレックスナイロンを100%使用。ライニングがメッシュ仕立てなので速乾性にも富んでいます。膝上丈となっているから、見た目にも軽快ですね。

参考記事: 最強の1本。パタゴニアのバギーズショーツが夏に最適なワケ

フェズマンシャツ

ベーシックなブロックチェックシャツ。オーガニックコットン×ポリエステルのミックスにより、軽さと通気性を演出しました。しかも、シワになりにくいという特性も備えています。上質なパールボタンを使うなど、細部も妥協なし!

合わせて読みたい:
パタゴニアのフリースで作る、大人の日常コーデ

ビューファインダー レスポンシビリティー

胸元に配されたオリジナルのアートワークは、ヴィンテージのラベルから着想を得たもの。クラシカルな雰囲気を漂わせる1枚です。ボディーはポリエステルと有機栽培された環境にやさしいコットンのブレンドで、風合いは良好!

合わせて読みたい:
パタゴニアのTシャツが万能すぎ。頼もしい夏の相棒10選

ブランド3『アークテリクス』

カナダのバンクーバーで産声を上げた『アークテリクス』。創設されたのは1989年のことです。ハーネス製造をルーツに持ち、現在はアウトドアのトータルブランドに。最高レベルの素材&技術力を駆使した、ポテンシャルの高いアイテムでアルピニストからも絶対的な信頼を集めます。

グランビル

メッセンジャーとバックパックを融合したようなデザインが印象的なモデルで、筆者も今季購入したイチオシ品。約660gというライトウェイトぶりながらも、防水性はハイレベルです。15インチまでのラップトップをすっぽり収納できるのも利点。

アーキオプテリクス Tシャツ

ブランドのロゴマークがクリアジェルインクによってあしらわれており、存在感たっぷり。生地はプレウォッシュ加工によってフィニッシュされていて、最初からソフトなタッチです。なお、素材は綿100%で着るほど味が深まります。

スカイライン シャツ

人間工学に基づいた設計となっていて、動きやすさは申し分ありません。高機能なポリエステル繊維を用いることにより、通気性・速乾性・防シワ性も確保しています。シンプルなデザインだからあらゆる場面で活躍しそうですね。

ブランド4『スノーピーク』

新潟県は燕三条生まれの総合アウトドアブランドで、1958年設立の金物問屋・山井幸雄商店をルーツに持ちます。昨今のアウトドアアイテム人気をけん引するブランドのひとつであり、どのプロダクトも機能性&デザイン性を高次元で兼備。多くのセレクトショップで扱われています。

レイン&ウィンドレジスタント パーカー

背面に配されたポケットに自己収納できる、トラベル&アウトドアに便利なパッカブルジャケット。ナイロン製の生地は耐久撥水加工が施されているので、小雨程度であれば問題なくはじいてくれます。アクリルコーティングのおかげで防風性も優秀。

合わせて読みたい:
キャンプギアだけじゃない。スノーピークのウェアや小物がおしゃれで機能的

コットンナイロンタイプライターショートスリーブ

50年代米軍のスリーピングシャツをモチーフにして作られた1枚ですが、ハリのあるタイプライター素材を採用しているため都会的なルックスに。リラックス感あるシルエットなので、着こなしにヌケ感を出したい場合に役立ってくれそうですね。

ベンタイル3ピースベスト

撥水性・通気性・防風性と三拍子揃った機能素材、ベンタイルを使ったタフなベスト。裏面はコーデュラ素材となっており、リバーシブルでの着用に対応します。1着で2度おいしいアイテムだから、費用対効果は申し分ありません。

ブランド5『アンドワンダー』

コレクションブランドの『イッセイミヤケ』で経験を積んだ池内啓太氏と森 美穂子氏の2人によって、2011年に設立。街でも映えるスタイリッシュなアウトドアプロダクツを発信しています。今季も『アンドワンダー』らしい、“かゆいところに手が届く”気の利いたアイテムが数多くお目見え。

キューベンファイバーサコッシュ

ヨットのセールにも使われる超軽量の防水素材、キューベンファイバーが駆使された機能派のサコッシュ。スマートフォンやサイフといった必要最低限の手回り品のみで過ごしたい場合にぴったり。他色ではブラックを展開します。

ポリエステルシームレスTシャツ

ポリエステル素材のTシャツだから、速乾性は十分。UVカット効果も持たせてるので野外シーンにぴったりです。肩&脇部分は圧着加工でシームレスに仕上げました。胸元にセットされたジップ付きのポケットが良いスパイス!

別注クライミングパンツ

こちらのコットンツイルパンツは、アウトドアとストリートをブレンドしたスタイルを提案するセレクトショップ『ビーバー』と手を組んだコラボレート作品。機動性を考慮し、膝は立体仕様となっています。カラビナ付きのナイロンポーチが付属するのもうれしいかぎり!

ブランド6『ワイルドシングス』

登山家のジョン・ボガードとマリー・ボガードの夫妻により1981年に発足。設立地はマサチューセッツ州のノースコンウェイです。“軽くタフであること”を指針とした、ファンクショナルなアイテムを展開。また、コラボレーションアイテムも多く手掛けています。

セットアップ テーラードジャケット

セレクトショップ『アメリカン ラグ シー』とタッグを組んだ共作。撥水&ストレッチ機能を併せ持った、利便性の高いテーラードジャケットです。共地のパンツもラインアップされているので、セットアップでの着用もおすすめ。

バンダナロードショーツ

コーディネートのアイキャッチとなるランダムなバンダナ総柄の1本。素材には高い伸縮性とハリ感を併せ持つコットンストレッチを使っています。さらに、股下にマチ設けることにより、一段と運動性を高めることに成功しました。

合わせて読みたい:
保温性抜群!ワイルドシングスのプリマロフトアウター

ダブルリングベルト

締めたり緩めたり使い勝手がよく、軽く垂らすだけで着こなしのアクセントにもなるダブルリングベルトです。ナイロン素材で軽量なので、まさに夏のカジュアルコーデにうってつけ。ベーシックなカラーはもちろん、色鮮やかなモノまで全5色展開。

ブランド7『モンベル』

ご存じ、ジャパニーズアウトドアブランドの老舗。現会長の辰野 勇氏を中心として、1975年に創立されました。ブランドのコンセプトは“Function is Beauty(機能美)”、そして“Light & Fast(軽量と迅速)”。設立から40年以上がたつ今もトップブランドであり続けています。

カモワッチアンブレラ

この時期マストな折りたたみ傘は、周囲と差別化を図れるデザインをチョイスするのが吉。カモフラージュ柄をまとったこのモデルは、特殊加工のナイロンを使い優秀な耐久性と世界最高レベルの撥水性を実現しています。

ランブラー レインコート

防水透湿ナイロンで仕立てたレインコートは、カジュアルコーデからビジネスコーデまで使える優れモノ。膝上丈&スリムフィットでモダンにデザインしているのも魅力です。しかも、付属のスタッフバッグにコンパクトに収納できます。

バンダナヤマ

前面に“山”の総柄がプリントされたお茶目なバンダナ。別色プリントで“山の日”が隠れているのもユニークですね。ポケットに挿したり、首元に巻いたりと、さまざまな取り入れ方ができるので、1枚あると何かと重宝するハズです。

ブランド8『コロンビア』

山・川・森に囲まれた自然豊かな地、オレゴンで1938年に生まれた『コロンビア』。発足人はドイツからの移住者であったポール・ラムフロムです。

チムニーパークハンドニット

アッパーにソフトなハンドニットを使っているから、どんな足型の人にもぴったりとフィットしてくれます。インソールがコルク素材となっていて、歩きやすいのもメリット。甲にはワンポイントでレザータブが付きます。

スペイパインズポンチョ

思わず視線を奪われる、クレイジーカラー仕立ての大胆なポンチョ。その個性的な見た目もさることながら、防水透湿素材のため機能面も信頼が置けます。しかも、内側の縫い目はシールで補強されていて、雨や汚れを徹底ガード!

ウッドブリッジパンツ

適度にゆとりのあるフォルム&ストレッチ素材で快適性を追求した逸品。サンプロテクション機能“オムニシェイド”や、雨や汚れをはじく撥水テクノロジー“オムニシールド”を採用することで、タウンユースはもちろんアウトドアシーンにもマッチする1本に仕上がりました。

ブランド9『エーグル』

ラバーブーツの生産からスタートした『エーグル』は、なんと160年以上もの歴史を誇ります。フランスのブランドらしく、シンプルで洗練されたプロダクツが十八番。手持ちのワードローブと合わせやすいデザインのモノが多く、費用対効果に富んでいます。

合わせて読みたい: 才色兼備なエーグルならおしゃれアウトドアアイテムが揃う

ビゾンM ラバーブーツ

ブランドを象徴するアイテムとして、ワールドワイドに愛されているラバーブーツ。中でもビゾンは代表的なモデルのひとつで、熟練のラバー職人が手作業で製作しています。アウトソールは耐摩耗性とクッション性に特化。

オックスフォードBDシャツ

パッと見は品行方正な白無地のオックスフォードシャツ。ですが実は、ドライファーストと呼ばれる吸水速乾素材を使用しており、アウトドアユースも余裕でイケちゃうんです。デートから外遊びまで、フルで活用したいところ!

パックTシャツ

色違いで2枚1組となったパックTシャツは、サマーシーズンに欠かせない必携品です。先ほどのシャツと同じくドライファーストを用いているため、心地良さは折り紙付き。加えて、制菌効果も持たせており不快な臭いが発生しにくいんです。

ブランド10『マムート』

1862年にスイスで幕を開けた『マムート』。農業用のロープの生産から始まり、今ではアウトドア界の一大ブランドとして成長を遂げました。アルピニストたちから支持を集める一方で、高感度なファッショニスタからも人気。才色兼備なアイテムが豊富にスタンバイします。

パフォーマンス ドライ ジップTシャツ

裏側に撥水糸を用いた特殊な構造となっていて、汗を素早く逃し、肌表面を常にドライな状態に保ってくれます。そのうえ、ストレッチ性もきわめて良好。フロントに配された色鮮やかなジップが、デザインに変化を与えます。

ウィングジャケット

ハイテク素材であるパーテックス・マイクロライトを起用。ライトウェイトでありながらも、撥水性や耐久性がしっかりと確保されています。襟にはフードが収納されていて、オケージョンに応じて2WAYで着こなすことが可能。

合わせて読みたい:
すべてはアルパインのために。マムートの人気ダウン10選

カーゴン 40L

40Lの大容量なボストンバッグは、日常的な場面はもとよりトラベルシーンでも強さを発揮! 取り外し可能な幅広のショルダーストラップは人間工学に基づいて設計されており、肩に掛かる負担を効率良く分散します。

合わせて読みたい:
マムートのリュックは都会的な見た目と使いやすさが魅力!

    KEYWORD関連キーワード

    BACK