一度履いたらクセになる。エアハラチ徹底解説

一度履いたらクセになる。エアハラチ徹底解説

抜群のフィット感と立体的なデザインが特徴で90年代のハイテクスニーカーブームをけん引したエアハラチ。名作シューズとして今尚高い人気を誇るエアハラチの魅力をご紹介。

大中 志摩

2017.07.28

ナイキ(NIKE)
スニーカー
90年代ファッション

『ナイキ』のエアハラチって、どんな靴?

1991年にメキシコの伝統的な履物ハラッチを元に開発されたエアハラチ。シュータンとアッパーが一体となった独自の構造ハラチシステムを搭載し、見た目と機能性から90年代のスニーカーシーンに大きな衝撃機を与えた。ブランド40周年の節目に名作を復刻リリースし、2015年あたりから人気が再燃。以下では特徴やバリエーションなどを詳しく紹介していく。

『ナイキ』エアハラチの特徴とは?

90年代のハイテクスニーカーブームの立て役者ともいえるエアハラチ。ここからは、その特徴的なフィッティングシステムなどエアハラチの特徴や魅力を詳しく解説していく。

エアハラチ最大の魅力といえばやはり靴下を履くような足を包み込む抜群のフィット感。履くときに少々てこずるものの、履いてしまえば軽やかな履き心地はクセになるはず。非常に歩きやすく、裸足のような歩き心地が楽しめる。

『ナイキ』のブランドロゴが付いていないのもエアハラチの特徴。メキシコのハラッチという靴紐を交差させて編み上げたハンドメイドのメッシュサンダルがベースになっているので、そのサンダルをイメージしたロゴがシュータンに施されている。

アッパーにはレザーとポリウレタンを使用しており、ヒールにはラバーストラップを使用している。軽量で通気性にも優れた機能性とデザイン性を両立させた立体的な見た目もポイント。

『ナイキ』ハラチを取り入れる際の注意点は?

スポーティな印象が強く、比較的どんなスタイルにもなじんでくれるアイテムなので、着こなし難易度はそこまで高くはない。ワンランク上の着こなしを目指すならば、アクセントとして取り入れることでこなれ感のあるスタイルを楽しむことができるはず。

『ナイキ』ハラチのバリエーションを公開

カラーバリエーションの豊富さもエアハラチの魅力の1つ。オリジナルモデルをはじめ、別注モデルなど大人の足元に最適なバリエーションを紹介していく。色選びで悩んでいる人は参考にしてみて。

エアハラチのオリジナルカラーを再現したモデル。ハイテクな見た目に加え、90年代をほうふつとさせるカラーリングが足元にインパクトを与えてくれる。シンプルになりがちな夏のスタイルの差し色としてもおすすめ。

オールホワイトでまとめた清涼感満点の1足。のっぺりとしがちなオールホワイトも異素材の組み合わせと立体的なデザインによりスタイリッシュな印象に。クセのない仕上がりなので、どんなスタイルでも活躍してくれる。

シックなグレーのアッパーにブルーのラバーストラップがアクセント。落ち着きのある発色で大人のスタイルにもすんなりなじんでくれる。飽きのこないカラーリングなのでトレンドを気にせず長く愛用できる。

よりスポーティなカラーリングが欲しいという人は、モノトーンカラーがおすすめ。アッパーはオールブラックでまとめ、ソール部分にホワイトを採用することでメリハリのあるデザインに。シュータンのホワイトのロゴが映える。

『アトモス』との別注モデルも見逃せない。インディゴのアッパーにオレンジのロゴやシューレース部分のマルチカラーが個性ある表情を演出してくれる。さりげないガムカラーのソールもポイントの1つ。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK