シャワーサンダルの火付け役。ナイキのベナッシとは?

シャワーサンダルの火付け役。ナイキのベナッシとは?

抜け感とスポーティーさを兼ね備えた今シーズン大注目のシャワーサンダル。今回は人気の火付け役といえる『ナイキ』のベナッシに注目し、その特徴や魅力をとことん解説!

大中 志摩

2017.07.26

ナイキ(NIKE)
サンダル

『ナイキ』のベナッシって、どんな靴?

昨今、サンダル業界で爆発的な人気を誇るシャワーサンダル。フロントに太めのストラップを配したスリッパのようなルックスが特徴だ。本来はスポーツシーンなどで使用されていたが、ここ最近着こなしのハズシとしてコーデに取り入れられるように。中でもブームの火付け役といえる『ナイキ』のベナッシは圧倒的な人気を集めている。では、そのベナッシの魅力とは? さっそく紹介していこう。

『ナイキ』のベナッシが人気の理由

さまざまなブランドからシャワーサンダルが展開される中、『ナイキ』のベナッシが群を抜いて高い人気を誇っている。なぜ、ベナッシがそんなに人気なのか? ディテールに注目して、その人気の理由をひも解いていこう。

人気の理由1スマートなボディーでスタイリッシュ

ほかのシャワーサンダルに比べ、『ナイキ』のベナッシは横幅が若干狭く、シャープなフォルムになっている点が特長。そのため、着用時の野暮ったさがなく、スポーティーかつスタイリッシュな足元を演出してくれるのがGOOD。

理由2ソフトで軽やかな履き心地

テクスチャード加工が施されたインソールと、軽量でクッション性に優れたアウトソールによって、非常にソフトで軽やかな履き心地を提供。さらにインソールがマッサージの効果を発揮するともいわれ、長時間履いても疲れにくい設計になっている。

シンプルなデザインに加え、余分な装飾がないので着脱が非常にスムーズに行えるのもうれしいかぎり。おしゃれアイテムとしてはもちろん、ちょっとそこまでという場合でも重宝する。

『ナイキ』のベナッシを取り入れる際の注意点は?

ベナッシはこなれた印象を手軽に作ることができるアイテムだが、一歩間違うとだらしなく映る危険性が。大人が取り入れるならば、全部カジュアルに着こなすのではなく、コーデのハズシとして取り入れるのがコツ。シャツや細身のパンツなど、きれいめアイテムと合わせるのがおすすめ。

『ナイキ』のベナッシのカラーバリエーションをチェック

ベナッシのカラーバリエーションは、ベーシックなブラックからスタイルのアクセントとして活躍してくれるものまでさまざまなカラーで展開されている。自分のスタイルにぴったりなお気に入りの1足を探してみて。

ブラック

定番人気を誇るブラックにホワイトのロゴがあしらわれたベーシックなデザイン。クセのないカラーリングなので着こなしを選ばず、幅広いスタイルで活躍してくれる。ベナッシを買うなら押さえておきたいモデル。

ネイビー

こちらは落ち着きのあるネイビーでまとめ、ホワイトのロゴをあしらったバージョン。クールな印象の強いブラックに比べ、シックな雰囲気が楽しめるカラーリングに。

オールブラック

オールブラックを採用したクールなモデル。ワントーンにまとめることでスポーティーさが軽減され、よりスマートな足元を演出してくれる。大人っぽいシャワーサンダルを探している人にこそおすすめしたい。

レッド

ブラックのベルトにレッドのブランドロゴが映えるデザイン。ソールもブラウン系のレッドにまとめることでブランドロゴとの統一感が生まれ、マイルドな印象に。着こなしの差し色としてアクセントにも最適だ。

今シーズンはスリッポンタイプの『ナイキ』のベナッシも登場

今年の春前にリリースされ、注目を集めているベナッシのスリッポンタイプ。一体型のスエードアッパーに、軽量性に優れたファイロンミッドソール兼アウトソールを採用し、サポート力とフィット感、軽量なクッショニングを実現させた優れモノ。かかとを踏んで着用できる2WAY仕様も特長の1つ。

サンダルタイプ? スリッポンタイプ? 『ナイキ』ベナッシを取り入れたコーデ例

ご紹介したとおり、ベナッシにはサンダルタイプとスリッポンタイプが揃う。どっちを選ぶかは、好みによるが、コーデのハズシに取り入れるならサンダル、都会的に取り入れるならスリッポンタイプがおすすめ。

Tシャツにジーンズのシンプルな着こなしには、ついスニーカーを合わせたいところだが、あえてハズしてベナッシを合わせることで今季らしいバランスに。スポーティーかつ軽快な足元が魅力的だ。

こちらはスラックスの着こなしにスリッポンをチョイス。スリッポンタイプなら、都会的かつスマートな印象に仕上げてくれる。ラフになりすぎたくない人におすすめ。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK