今夏はワイドシルエットのショーツが大人の気分

今夏はワイドシルエットのショーツが大人の気分

清涼感のある着こなしに欠かせないアイテムといえばショーツ。近年ワイドパンツがトレンドとなっているが、今季はショーツもワイドシルエットが注目されている。

大中 志摩

2018.05.30

ボトムス
ショートパンツ
夏の着こなし・コーデ

程よくラフに、程よくアクティブに。そんな大人の気分にワイドシルエットのショーツを

ショーツが持つアクティブ感もキープしつつ、程よいラフさも持ち合わせているワイドシルエットのショーツ。Tシャツにショーツというシンプルな着こなしもワイドシルエットのショーツを取り入れれば全体のシルエットに動きが出て、手軽にこなれ感を演出できるのだ。

■合わせて読みたい:
ショートパンツを着こなすために意識したい3つのトピックス

ワイドシルエットのショーツ。着こなしにおいて注意すべきことは?

大人がワイドシルエットのショーツを合わせるなら、トップスはジャストサイズのアイテムを合わせて全体のシルエットにメリハリを出すことが重要。オーバーサイズのトップスを合わせると野暮ったさが生まれ、子供っぽく見えてしまう危険性があるのでトップス選びで失敗しないように。

ポイント別。大人におすすめしたいワイドシルエットのショーツのコーデサンプル

着こなしのポイントを3つに分けてこの夏実践したいワイドシルエットのショーツを取り入れた大人な着こなし方をご紹介。どれも清涼感を意識しつつ、ワイドシルエットのショーツの持ち味を生かした旬なスタイルが楽しめるものをピックアップした。

Tシャツ×ワイドシルエットのショーツ

まずは、Tシャツ×ショーツの大定番の着こなし方から紹介していく。シンプルな着こなしだが、パンツのシルエットに変化を持たせることで洗練されてたムードが強調され、ぐっとこなれた印象に。定番の着こなしなので合わせる小物で周りと差をつけることがポイントだ。

ボーダー柄のポケTに黒のワイドショーツを合わせたゆったり目な着こなし。上下共にゆったり目のアイテムを合わせているので足元にはレザーシューズを合わせて引き締め役に。シンプルだがシルエットで遊びを表現した着こなし。

黒のポケTにベージュのショーツを組み合わせたこちらの着こなしは、エッジの効いたネックレスで個性を演出。同色のTシャツに合わせることでネックレスだけ悪目立ちしないようにしている。スポーティーなサンダルも好印象。

トラがデザインされたキャッチーなTシャツにデニムのワイドショーツを合わせたカジュアルなスタイル。パンツの色分けされた幾何学柄が個性あふれるスタイルを加速させる。足元はシャワーサンダルを合わせて程よい抜け感を演出した。

シャツ×ワイドシルエットのショーツ

次はシャツ×ワイドシルエットのショーツについて。シャツのきれい目感がワイドシルエットのショーツのラフさを和らげてくれるので大人なスタイルを作りやすい。季節感を意識するなら半袖やリネン素材のシャツを合わせるのがおすすめだ。

ホワイトのトーナルカラーコーデ。トラの刺しゅうが施された開襟シャツにワイドショーツのトレンド感あふれる組み合わせ。白でまとめることで全体が柔らかな印象に仕上がっており、刺しゅうやスニーカーのロゴがアクセントとして存在感を放っている。

丈の長いワイドショーツはタイトなシャツを合わせてラフさをやわらげるのがおすすめ。濃色の面積が多いのでインナーの白Tや足元のレザーシューズで明るい色をプラスしてアクセントに。トップスの白と青のコントラストが爽やか。

オープンカラーシャツを主役としたリゾート感漂う着こなし。ドロップショルダーのオーバーサイズ気味のシャツだが、濃い色をチョイスすることで締まって見えるので野暮ったさを感じさせない。ショーツも膝上丈なので、ワイドシルエットでもラフさが和らいでいる。

ワイドシルエットのショーツ×サンダル

最後はサンダルとワイドシルエットのショーツを組み合わせた着こなしを解説していく。パンツにボリューム感があるのでサンダルを合わせることですっきりとしたスタイルを作ることができる。レザーサンダルなら大人っぽさをシャワーサンダルならスポーティーなどサンダルの種類によってさまざまなテイストに。

『MHL』のシャツを主役にブルー系で統一し、ナチュラルなワークテイストでまとめた爽やかな着こなし。トーンにメリハリを出すことで、着こなしが締まりこなれた印象に。足元は『ビルケンシュトック』のサンダルで大人っぽさをプラス。

Tシャツにワイドシルエットのショーツを組み合わせたモノトーンスタイル。シンプルになりすぎないように遊び心のあるボーダーTで着こなしに動きを出した。シャワーサンダルでトレンド感を出しつつ、スポーティーに仕上げた。

半袖のサマーニットにチェック柄のワイドシルエットのショーツを合わせたモノトーンコーデ。ブラックをベースにまとめつつ、パンツのチェックや帽子のボタニカル柄でアクセントを。重くならないように白ソックスで明るい色をプラスしている点がポイント。

初心者歓迎。おしゃれに活用したいワイドシルエットのショーツ10選

ショーツ初心者にもおすすめしたいおすすめのワイドシルエットのショーツを厳選。手軽に旬な着こなしが楽しめるアイテムなので、1枚持っておくだけで着こなしの幅がぐっと広がるはず。

■合わせて読みたい:
ショートパンツのおすすめをピックアップ。大人が狙うべき15ブランド

アイテム1『リー』×『アーバンリサーチ ドアーズ』アスレチックショーツ

ウエストにゴムがあしらわれたイージー仕様のアスレチックショーツは、すそ幅と素材がポイント。清涼感のあるデニムの色みが夏らしさを引き立ててくれる。シャツやTシャツなどとの相性は言わずもがな。

アイテム2『キャプテンサンシャイン』×『シップス』別注 ビーチショーツ

ビーチショーツを『キャプテンサンシャイン』らしいデザインとディテールに落とし込んだ1本。シルエット、色みともに大人らしさが充満する。同様の生地で作られた サファリシャツジャケット と合わせて、夏のセットアップスタイルを楽しみたい。

アイテム3『ワークノットワーク アーバンリサーチ』2Tイージーフィットショートパンツ

グルカショーツとトレーニングパンツを合わせたルックスが今季的。ポリエステルと綿という素材による程良く光沢のある生地感は、夏の軽快なスポーツMIXスタイルにうってつけ。

アイテム4『ティーケー タケオキクチ』ツータックワイドショーツ

シルエットはもちろん、ツータックというディテールが今らしさを演出。粗野な印象に見えないのは、同ブランドらしいスマートなカラーリングの効果。ガチャベルト付きというセットもうれしいところ。

アイテム5『ビームス プラス』ツイル2P ショーツ

『ビームス プラス』の人気アイテムである2プリーツチノパンツをショーツにアレンジ。ハリのある生地感や絶妙なシルエットや、ひざ上レングスといったディテールはさすがのひと言。

アイテム6『ジムフレックス』ラグビーハーフパンツ

深めの股上とゆったりとしたシルエットが、ワイドショーツながら洗練された印象を醸し出す。ラグビーショーツの特徴でもある杉綾テープや、製品洗いをすることで生まれるパッカリングなど随所にこだわりが散見される。

アイテム7『ジャーナルスタンダード レリューム』イージーショーツ

ラフにはけるサマーコーデュロイ素材とシルエットがポイント。独特の素材感ながらもすっきりとしたレングス設定で野暮ったいイメージをふっ拭している。アロハシャツやオープンカラーシャツなど、きれいめのトップスに合わせて大人らしいリゾートコーデを確立してみては?

アイテム8『コーエン』グログランバギーショーツ

ナイロン100%のスポーティな表情が秀逸。はきやすさも抜群のイージー仕様かつお手頃な価格帯だけに買って損はナシ。

アイテム9『フィラ』×『フリークスストア』別注 ナイロンハーフ ショーツ

90年代のファッションシーンをほうふつさせるシャリ感のある生地とお馴染みのロゴマークがポイント。シンプルな無地Tシャツと合わせて、その存在感を味わいたい。

アイテム10『ディッキーズ』×『レイジブルー』別注 ワイドハーフパンツ

『ディッキーズ』ならではのシルエットながらも、随所のサイズ感調整により程良くスマートな印象にシフト。同ブランドこだわりのタフな生地感も健在。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK