気取らず、おしゃれに。バディオプティカルのアイウェア

気取らず、おしゃれに。バディオプティカルのアイウェア

夏小物としてはもちろん、視力を補うための必須ツールであるアイウェア。なかでも編集部イチ推しの『バディオプティカル』の魅力とおすすめのラインアップをご紹介。

編集フカザワ

2017.07.12

アイウェア
メガネ

大人にふさわしいアイウェアって、どんな眼鏡だろう……

どうも、視力がダダ下がりの編集フカザワです。私、視力には自信があったんですよ。昔は。今は左右ともに0.2。対象物を見るときに“カッ”と目を開けたり、超集中したりと、まともにモノを見ることが難しくなってきました。“寝床眼鏡”は持っているのですが、日常使いできるアイウェア探しをすることに。

「コンタクトでもいいのでは?」と思う方も多いでしょう。でも私はコンタクトレンズを装着するという行為がどうも苦手です。苦手というか、怖い……。コンタクトレンズを常日頃から使用している方々が超人に見えるほど、おっそろしいのです。注射よりおそろしいので、コンタクトレンズという手段は“ナシ”の方向で……。

大人にふさわしいアイウェアって、どんな眼鏡だろう……

そんなビビり症の私がアイウェアを選ぶにあたって意識しているのが“これ見よがしなブランド”ではないこと。コレが最重要なんです。何というか、気恥ずかしいんですよね。あとは、なるべくクラシックなデザインであること。まあ、コチラは好みの問題でしょう。

で、いつもの私であれば値段にふんぬんかんぬん申しあげるところですが、アイウェアは別。コストパフォーマンスに優れていれば、それはそれでOKですが、良質なモノを長く使いたいのです。あれこれと条件を書き連ねましたが、そんな私が今狙っているのが『バディオプティカル』というブランドです。その魅力、さっそくご紹介しましょう。

狙いすぎない“クラシック”。『バディオプティカル』が、いいあんばい

クラシカルな雰囲気のアイウェアブランドは数多く存在します。しかし、『バディオプティカル』のそれは、ブランドのコンセプトが秀逸。“眼鏡がもっと身近な存在に”という意を込めたブランドネームにもあらわれていますが、なんともオーセンティックでワードローブのように馴染むデザインが魅力たっぷりなんですよね。

ちなみに『バディオプティカル』の生産地は、日本が誇る福井県鯖江市。現地の職人によるハンドメイドは、やはり日本人の骨格に合うんです。

見た目良し、品質良しのブランドでありながら2万円前後で購入できるのもうれしいポイントではないでしょうか?

『バディオプティカル』のアイウェア。大人にハマるおすすめリスト

猛暑直撃の予感しかない2017年の夏。私のように視力補正のための眼鏡を探している方にはもちろん、軽装の着こなしのアクセサリーとしてアイウェアを探している方も多いでしょう。

そこで、『バディオプティカル』のアイウェアのなかでも「こ、これは」という3点をピックアップ。いずれも同ブランドの“Feel college Collection”というシリーズのモノで、1960年~1970年代の大学生をイメージして作られています。各モデルに大学名や地域の名称がつけられているのもココならでは。

▲モデル1:ソルボンヌ

スクウェアとラウンド型をミックスさせたデザインが特徴のコチラ。マットな質感と緑がかったカラーリングが秀逸です。

▲モデル2:コーネル

ウェリントンとボストン型を組み合わせた今季らしい表情がコーネルの特徴。ベーシックな色みで構成しがちの夏コーデにハマるカラーリングが気になります。

▲モデル3:プリンストン

知的なムードを漂わせる“THE・大人”の1本。スーツ姿にも好相性なデザインは先ほど紹介した2本と合わせてチェックしておきたい一品です。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    おしゃれな大人が愛用。オリバーピープルズのアイウェアが支持される理由

    おしゃれな大人が愛用。オリバーピープルズのアイウェアが支持される理由

    メガネをおしゃれなアイウェアとして浸透させた『オリバーピープルズ』。ファッション性の高さに触れつつ、同ブランドのメガネが支持される理由を探ります。

    宮嶋 将良

    温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

    温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

    1980年代に誕生した『ナイキ』のインターナショナリスト。その人気ぶりと背景にある魅力を中心に、同モデルについて掘り下げて紹介します。

    Freeamericanidol編集部

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    サコッシュ人気の流れで、需要が高まっているミニショルダーバッグ。小ぶりながら収納力に優れた逸品たちは、いまやスタイリングのアクセントとしても重要な立場に。

    Freeamericanidol編集部

    財布だって、ニュートラル。アー・ペー・セーの小物がやっぱりおしゃれ

    財布だって、ニュートラル。アー・ペー・セーの小物がやっぱりおしゃれ

    シンプルで自然体なデザインを得意とする『アー・ペー・セー』。上質なジーンズが人気ですが、財布も隠れた売れ筋品。どれも毎日持ち歩くに相応しいスマートな顔立ちです。

    山崎 サトシ

    安さと機能を両取り!ワークマンで賢くおしゃれになるならこの10点

    安さと機能を両取り!ワークマンで賢くおしゃれになるならこの10点

    職人の作業着を扱う「ワークマン」ですが、その勢いはカジュアルシーンにも拡大。圧倒的な安さに加え、今っぽいデザインと機能性を兼備した逸品は大人の日常にもマッチ!

    山崎 サトシ

    度入り派に朗報。レイバン純正レンズが、ついに日本全国で入手可能に

    度入り派に朗報。レイバン純正レンズが、ついに日本全国で入手可能に

    『レイバン』といえばサングラス、サングラスといえば『レイバン』。そう言い切って過言ではないほどに、同ブランドがアイウェアの歴史上で残した功績は大きい。特に前身…

    編集ムタガミ

    BACK