髪型別に最適モデルを提案!ギャツビーのワックス攻略

髪型別に最適モデルを提案!ギャツビーのワックス攻略

長い間、多くの男たちの髪型を支え、愛され続けている『ギャツビー』のプロダクト。その魅力を再認識すべく、改めてそのラインアップと好適な髪型のマッチアップをご紹介。

橋本 裕一

2018.02.12

ギャツビー(GATSBY)
ヘア
ヘアスタイリング剤

誰もがご存じ。だけど知らない『ギャツビー』の話

『ギャツビー』は今年で創業90周年を迎えるマンダムが、若者の“髪・肌・香り”をトータルにサポートするブランドとして1978年に設立しました。

男性のあらゆるニーズを満足させる幅広いカテゴリーと品揃えを提供し続け、メンズグルーミング市場において高い認知度と信頼を確立。今も多くの男性たちに支持されるブランドとして定着しています。そんな同ブランドが誇るスタイリング剤の魅力を掘り下げていきましょう。

『ギャツビー』のワックス。その特徴は?

『ギャツビー』の代名詞といっても過言ではないのがヘアワックスです。全2ライン、9種類のラインアップ(2017年7月現在)は、あらゆる動きや質感、そして髪の長さに対応。思い描く髪型を容易に作れることが、支持率の高さの要因です。

また、すべてのプロダクトを人気・実力ともにトップクラスの美容師が監修しており、その実力は折り紙付きという点もポイント。

『ギャツビー』のワックス。気になるシリーズごとの違いをチェック

前述のとおり、『ギャツビー』のヘアワックスは、あらゆるヘアスタイルを実現する幅広いラインアップも特長。シリーズによって、その特性は異なります。ここからは、『ギャツビー』が展開する全てのワックスをご紹介。気になる特長から最適なヘアスタイルまでをお届けします。

ここでしっかり髪型とワックスとのマッチングをチェックして、正しいワックス選びをマスターしましょう。

▼シリーズ1:『ギャツビー』ムービングラバー

2006年、新たなブランディングによって誕生したムービングラバーは、『ギャツビー』の主軸を担うライン。アレンジ記憶成分“ムービングラバー”を配合し、弾力のある仕上がりと、崩れても動きを作り直せるフレキシブルな対応力が最大の特徴です。製品ごとに色分けされたポップな丸いパッケージは大きな話題になり、現在も多くの人に愛されています。

スパイキーな毛束を作るのに最適なのが、スパイキーエッジです。根元からしっかりと立ち上げることができ、さらに毛先までしっかりとホールドできる強固なセット力で、髪の毛のアグレッシブな動きを可能にします。

エッジの効いたベリーショートや前髪の立ち上げたアップバングスタイルに最適なワックスです。

しっかりと存在を主張する、力強い束感がこのスタイルの生命線。今やベリーショートの定番ともいえるアップバングは躍動感のある動きと組み合わせて、ややワイルドなテイストにシフトさせるのが気分です。反り返るような前髪の動きでさらに男らしい雰囲気に。

ワイルドシェイクはショートヘアのなかでも、とりわけしっかりと動きをつけたい人におすすめのヘアワックスです。毛先までまんべんなくなじませることで、トップからフロントにかけての立体的な動きを演出することができ、また弾むようなカール感やシャープなハネ感などのディテールメイクにも適しています。

えり足を短くした定番のマッシュショートは、トップやフロントの束感を加味してマッシュ特有の重さを解消することが肝要です。ワイルドシェイクのようなハードワックスを駆使して、毛先がほんのりカールする毛束を全体的に散りばめれば、軽快なムードな漂う爽やかなショートヘアが完成です。

毛流れを整えるナチュラルなスタイルには、マルチフォルムがうってつけ。しなやかな毛流れを全体に加えることで、素髪では出せない、ニュアンスのある自然な風合いを漂わせることができます。ショートからミディアムまでの幅広いレングスをカバーできるのもこのヘアワックスの魅力です。

プレーンな雰囲気のマッシュショート。自然な毛流れや風合いに徹しながらも、繊細な束感をわずかに動かすことで、絶妙な抜け感が備わります。結果、こなれた雰囲気を感じさせる大人なスタイルに仕上がりました。

「ふわっ」、「くしゃっ」といった、ヘアスタイルのモテキーワードは、ルーズシャッフルで自在に作ることができます。全体に塗布する際に握るようにもみ込みながらなじませることで、毛束感とクセ毛のようなイレギュラーな動きが再現可能に。スタイルの雰囲気アップにも効果的です。

爽やかさを重視したショートスタイルとルーズシャッフルの相性は抜群。同ヘアワックスを全体にもみ込んで、毛流れを整えれば“やりすぎない”程度の動きを与えることが可能です。

エアライズは、軽快さや爽やかさを演出するディテールメイクのためのプロダクト。髪全体になじませる際に根元からふんわりと持ち上げるようにスタイリングすることで、たっぷりと空気を含むエアリーな質感に仕上がることができます。ベタつかない、軽やかな使用感も人気の秘密です。

毛束を作りやすいショートレイヤーがベース。空気感を意識したほどける一歩手前くらいの自然な束感により、軽さに加えてやや甘い空気感を漂わせます。耳まわりをすっきりさせているため、ビジネスマンにおすすめのヘアスタイルです。

シリーズで唯一のジェリー状スタイリング剤で、ウエットなツヤ感が出るクールウエット。ムラなくきれいにツヤを出すことができるので、いつものスタイルから少しセクシーな雰囲気にシフトさせたいときにも最適です。全体をしっかりとまとめるハードなセット力が特徴で、ショートからミディアムまでの幅広いレングスに適応することができます。

センターから少しずらした位置でパート分けをした艶っぽさのあるショートヘア。もちろんツヤ感も重要な要素です。全体的にまとまりのある質感を持たせながらも、毛先の動きもしっかりとアシスト。黒髪との相性も抜群なので、大人にもうれしいスタイルです。

マットでドライな質感を生み出すのがグランジマット。毛束や動きを演出しながらもややラフな質感が欲しいときに使いたいプロダクトです。仕上げの段階で束感を作るというよりも毛束をほぐしていくことで、マットな質感が向上。ラフで遊びの効いたスタイルに仕上がります。

ベースは重めに仕上げたショートスタイル。毛先を無造作に遊ばせて軽さを演出し、重さと軽さを融合させた「重軽」な質感を呼び込みました。束感は主張させず、あくまでラフな仕上がりを目指すことでマットな質感との相性も格段にアップします。

▼シリーズ2:『ギャツビー』パーフェクトホールドワックス

ベリーショート〜ショートの短いレングスに必要な、根元の立ち上げやメリハリのある動きなどのディテールメイクに特化したパーフェクトホールドワックス。強力なセット力に加えてスプレー成分を配合することで、より強固なホールド性を実現。また、ヘアケア成分によって髪の傷みを抑えて、潤いのある仕上がりに導いてくれます。

エクストラハードは、その名のとおり最強レベルのハードな仕上がりを実現。非常に高いセット力を武器に、スパイキーな毛束や立ち上げなどに適しており、とりわけデザインボウズやベリーショートなどのきわめて短いレングスぴったり。ヘアケア成分配合で作りこんだスタイリングを施しても髪の傷みをセーブしてくれるのもうれしいところ。

サイドとバックを高い位置まで刈り上げたスクエアなベリーショート。トップからフロント、そして前髪を力強く立ち上げることで刈り上げとのコントラストを強調し、ソリッドで男らしい空気感が高まります。動きを落ち着かせればビジネスの場でもOKです。

ショートヘアに特化したショートハードは、コシのあるしっかりとした動きによってメリハリのスタイルが自由自在。強力なホールド力により、スプレーなしでも作ったスタイルを長時間持続できる優れモノです。こちらもヘアケア成分を配合し、髪のコンディションを維持するよう配慮されています。

ポイントは大胆に流した太めの束感。サイドを刈り上げたすっきりとした清潔感あふれるショートヘアにインパクトを加えるのに最適なディテールです。しっかりとメリハリのある動きを加味することで、黒髪特有の重さも解消されるので、一石二鳥です。

『ギャツビー』の新定番。2つのスタイリング剤もチェック

ヘアトレンドに対する高いアンテナと柔軟な発想で、時代にフィットしたプロダクトを次々とリリースするのも『ギャツビー』が時代を超えて愛される理由の1つ。そんな『ギャツビー』における昨今のヒットアイテムがグリースとヘアジャムです。それぞれの魅力をプロダクトの特徴と最適なヘアスタイルを見ながら検証していきましょう。

▼『ギャツビー』スタイリンググリース

オイルフリー処方でベタつきを抑え、簡単に洗い流せるグリース本来の使いやすさはそのままに、整髪成分の独自の組み合わせでセット力とツヤ感を両立。さらに手にも髪にもよくなじむアクアゼリータイプで、ハードなスタイルが素早くできるのが特長です。トレンドのクラシックなスタイルが、これ1つで簡単に実現することができます。

シリーズ中でもっともハードなセット力を誇るのが、フリーズバックです。根元や前髪の立ち上げやヘアをがっちりとホールドすることに長けており、立体的なオールバックやサイドパートに最適です。また、キメたヘアスタイルが急速にフィックスされ、手早くスタイリングできるところもポイントです。

サイドはハチ付近までグラデーションで刈り上げ、長く重めに残したトップ、フロントを大胆に流してオールバックに。フロントは8:2くらいのバランスで分けながらうしろに流し、バックは中央に集めるようにすることでバランスの良いシルエットに仕上がります。

ルードロックは、ツヤのあるシャープな束感作りに最適。しかも決めたスタイルを長い時間キープできるところも優秀です。ハードなセット力とウエットなツヤ感が自在に作れるジェルのような使用感ですが、スタイル自体は軽快な仕上がるのでビジネスの場を考慮したスタイルにももってこい。すぐに固まらないのでセットしやすいのも利点です。

細い毛束をふんだんに散らした爽やかなベリーショート。グラデーションによるナチュラルな刈り上げと流すように立ち上げたアップバングとのミックスでスマートな印象が備わります。黒髪×ツヤ感の鉄板のコラボで男らしさはしっかりとキープしています。

クラシカルなバーバースタイルなら、クラシカルアレンジにおまかせ。立ち上げやパート分けなど、パワフルなクセづけ力で固めずにスタイルをホールド。つまり、ヘアが崩れた際のリタッチやヘアアレンジを自在に行うことができるんです。たっぷりのツヤ感が男らしい雰囲気やセクシーなニュアンスを引き立てます。

クラシックないでたちがぴったりとハマるネオ七三ヘア。ハチ周りに角を残すことでできるスクエアなシルエットが男らしさをさらに際立たせます。クールな黒髪をたっぷりのツヤ感で包み込めば、さらにセクシーさんを加味した大人な仕上がりに。

▼『ギャツビー』ヘアジャム

2013年に次世代の若者向けスタイリング剤として誕生したヘアジャム。既存のヘアワックスと大きく異なる点はオイルフリー処方×パウダー整髪成分の配合したこと。ベタつかず素髪のような軽い仕上がりを実現し、またパウダーが汗や湿気を吸収することで髪型を長時間キープ。ヘアケア成分配合により髪に負担が少ないのもポイントです。

シリーズのなかでもっともハードに決まるのが、エッジィニュアンスです。固めない自然な仕上がりはそのままに、前髪や根元の立ち上げや束感のメイクなどのベリーショートに必要な要素がこれ1つに凝縮しています。使いやすさと実際のスタイリング剤としてのセット力やホールド性を高い次元で両立したプロダクトです。

王道のサイドパートとアップバングの組み合わせ。分け目をしっかりと出さず、さらにサイドにリバースカールを加えて動きを加味することで、デザインとしてのブラッシュアップとトライのしやすさを実現しました。前髪はしっかりとアップして男らしく。

タイトミュアンスはその名のとおり、タイトな質感をきっちり作り上げたい人に最適。髪にしっかりとなじむことでまとまりのあるフォルムを構築することができ、かつそのスタイルを長時間キープすることができる優秀なプロダクトです。ベリーショートからショートミディアムまで、幅広いレングスに対応するのも人気の秘密です。

ショートヘアでサイドパートを実践した、大人っぽさとセクシーさを兼備したスタイル。コンパクトなシルエットを構築することが落ち着きのある大人ヘアへ導くポイントです。動きはトップ付近の根元の立ち上がりと毛先の微細な動きだけでOKです。

スマートニュアンスは、まとまりのあるフォルムのなかにもしっかりとした動きが感じられる今どきなスタイルに。使い勝手の良さはピカイチで、シンプルな毛流れのスタイルをベースに、そのときの気分に応じて動きを加えるだけでなりたいスタイルが実現。さりげなくおしゃれな髪型に導いてくれるお助けアイテムです。

自然な毛流れを演出しながらも、ほんのりと揺れるような毛先を遊びがヘアをブラッシュアップさせます。目にかかるギリギリのラインに設定した前髪をラフに流すことで、色っぽさがにじみ出る、大人にぴったりなショートヘアに仕上げられています。

軽やかでボリューム感のあるふんわりヘアを目指すなら、セレクトすべきはラフニュアンスです。ソフトな質感とライトな仕上がりで、ほのかに空気を含んだような柔らかいスタイルが簡単に作ることができるのが特徴。なじませるだけで微細な毛先の動きを演出できるので、テクニックいらずで理想のナチュラルヘアが実現します。

素髪の質感を最大限に生かしたプレーンなマッシュショート。ノースタイリングでは全体のまとまりや動きなどが出ないので、やはり周到なセットが必要です。自然な風合いと前髪のほんのりカールするような動きが親しみやすい雰囲気を引き出します。

最後に。『ギャツビー』のワックスのなかで筆者おすすめの逸品は……

オン・オフ問わず使える汎用性と幅広いスタイルに使えるアレンジ力を高い次元で実現しているプロダクトだと思います。また、スプレーやジェルなどほかのプロダクトとの併用を考えたときにも、どのスタイリング剤とも相性が良いのもポイント。Freeamericanidol世代の男性が1つのプロダクトを賢く使うと考えたときにもっともおすすめしたいヘアワックスです。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK