足元で差がつく1足。ナイキのエアリフトを徹底解剖

足元で差がつく1足。ナイキのエアリフトを徹底解剖

足袋を思わせるディテールでファッション界隈を賑わせた「ナイキ エアリフト」。復刻して以来、再び人気を集めているんです。その魅力を掘り下げていきましょう。

久保 綾子

2017.07.07

ナイキ(NIKE)
スニーカー
夏の着こなし・コーデ

えっ? その指先、足袋?

指先の部分にざっくりと入ったスリット。『ナイキ』のエアリフトを見た際、最初に目に飛び込んでくるのがこの部分でしょう。

そのほかにも、よく見ればアッパー部分は大きく開いているし、全体的にフニャフニャと柔らかい。でも、靴の常識をおよそ裏切るようなこの1足が、初登場以降20余年もの間ファッショニスタの間で人気を博しているんです。その秘密についてもう少し迫ってみましょう。

愛用者続出。『ナイキ』のエアリフトとは?

足袋のようなつま先部分

『ナイキ』エアリフトは、個性的な外観からよく“足袋”に例えられます。1996年に誕生したこのシューズは、当時活躍していたケニア人ランナーのスタイルに着想を受けてデザインされました。エアリフトというモデル名も、ケニア国内の「リフトバレー州」にちなんでつけられたものです。

2本のストラップが生み出す素肌レベルのフィット感

通常、スニーカーのフィット感を調節するのはアッパーに配されたシューレースのみですが、『ナイキ』エアリフトにはアッパーとかかとの2か所にフィット感を調整するベルトが取り付けられています。これにより、薄手の生地を驚くほどぴったりと足にフィットさせることができ、まるで素足のような軽やかな履き心地を実現できるのです。

“引き算”により生まれたミニマルシェイプ

“Less is More”。英語のことわざで、「余計なものがないほうがいい」「少ないことは、豊かなことだ」といった意味の言葉です。そしてこの言葉は、『ナイキ』エアリフトのコンセプトでもあります。足を守るために必要な最低限の生地を2つのベルトで締め、軽量化のために必要ないと判断したアッパー部分は大胆に開ける。個性的な「ナイキ エアリフト」の外観は、そうした計算のうえで生まれた機能美の結晶なのです。

夏におすすめしたい、エアリフト ブリーズもチェック

通気性バツグンのメッシュ性アッパー

現代的にアレンジされたエアリフト ブリーズは、アッパー部分の素材が通気性バツグンのメッシュ素材に置き換えられています。見た目どおり熱を逃がしやすいので、これからの季節に装えば、実用性に富んだおしゃれを楽しむことができるでしょう。「おしゃれは我慢」だなんて、もう古いのかもしれませんね。

モダンでキャッチーなソリッドカラー

「エアリフト ブリーズ」は4色展開。レッド・ブルー・ブラック・グレーの4モデルはいずれもソリッドカラー(単色)で仕上げられており、「エアリフト ブリーズ」の持つ特徴的なディテールがより映える仕様となっています。一方、色数が減ることによってコーディネートに取り入れる際の難易度は下がっており、攻守ともに文句なしの狙い目な一足に!

おしゃれな大人が愛用。エアリフトを取り入れたコーデを紹介

ナイキ エアリフトの魅力、感じていただけましたか? そうはいっても特徴的な外観。うまく履きこなせるか不安、という方もいるでしょう。ここではエアリフトを取り入れたコーデのグッドサンプルをご紹介していきます。

真っ青なシューズは、最新モデルの「ナイキ エアリフト ブリーズ」。穏やかなアースカラーでまとめたコーディネートの中でとりわけ存在感を放っています。アッパーの開き具合からサンダルのような表情も見せるエアリフト。軽快なコーデによく似あいます。

グレーからホワイトにかけての穏やかな色を使ったコーディネート。足元の「ナイキ エアリフト」には、パーツにミントグリーンが配されたタイプを選んでおり、アクセントカラーとしてうまく機能しています。グレーのソックスで全体となじませた点も◎。

マスタードイエローとブラックのパキッとした対比が目を引くコーディネート。ブラックの「ナイキ エアリフト」はアッパー部分が大きく開いているため、シックな色使いにもかかわらず全体の印象を軽くしてくれています。バックパックで軽快さをさらにプラス。

セットアップで作るきれいめコーディネート。そのハズしとして影の主役となっているのがホワイトの「ナイキ エアリフト」です。スリッポンやレザーシューズではキメ過ぎた印象になりがちなところを、見事にスポーティカジュアルに落とし込んでいます。

黄金のストローハットとネイビーのウェアが織りなす対比が美しい、シックな夏感コーデ。足元に装う「ナイキ エアリフト」が、ホワイトカラーで爽やかさを足しつつそのディテールで個性もプラスしていて、個性と王道の理想的なバランスを作っています。

こちらもまた、つば広のハットを取り入れたリゾート感あふれるコーデ。全体的にホワイトでまとめ、トップスにもシャツを選ぶなど、アーバンなエッセンスをプラスしています。パキッとしたカラーの「ナイキ エアリフト」がアクセントにぴったりですね。

アッパー部分が大きく開いているのが「ナイキ エアリフト」の最も大きな特徴のひとつ。これを生かして肌を見せながら履くのもいいですが、内側からソックスを見せればまた違う表情が楽しめます。ウェアはTシャツ+ストレートパンツでシンプルに。

全身ホワイトの潔いワントーンコーデは、足元に装った「ナイキ エアリフト」のグレーを引き立たせるためにあるかのようですね。難易度の高めなコーデではありますが、主役に据えたエアリフトが十分な個性を備えているので、よくまとまっています。

Tシャツ&ショーツのコーディネートは夏テッパンですが、アイテム選びによってはシンプルになり過ぎてしまうことも。そんなときは小物などで華を足すのが定石ですが、「ナイキ エアリフト」ならそのアイコニックなディテールで容易に個性をプラスしてくれます。

ブラック×ホワイトでクールにキメたコーディネートは、ハーフパンツと「ナイキ エアリフト」のコンボによる絶妙な割合の肌見せによって重苦しくなり過ぎず、夏らしい開放感を備えます。ブラックのエアリフトはそのディテールからメカニカルな表情に。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    アノラックに注目。旬デザインのパーカーを着こなしに取り入れよう

    アノラックに注目。旬デザインのパーカーを着こなしに取り入れよう

    アウトドアウェアの定番であるアノラックが注目されています。その理由を解説しつつ、押さえておきたいアイテムやタウンユースに落とし込む方法をご紹介。

    編集フカザワ

    ハンターのローファーは雨でも晴れでも履ける万能シューズ

    ハンターのローファーは雨でも晴れでも履ける万能シューズ

    雨の日に重宝するレインブーツ。ですが、着こなしを考えるとなかなか取り入れづらいもの。そこでおすすめしたいのが、英国生まれのブランド『ハンター』のローファーです。

    八木 悠太

    コーチジャケットが着回しやすい! ハズさないブランド&コーデ術

    コーチジャケットが着回しやすい! ハズさないブランド&コーデ術

    90年代ファッションやスケートカルチャーへの関心から、コーチジャケットが注目されている。シンプルで着回しやすい万能アウターの注目ブランドと着こなし方を解説しよう。

    菊地 亮

    ダウン級! 軽くて暖かいインサレーションウェアに注目

    ダウン級! 軽くて暖かいインサレーションウェアに注目

    真冬から春先まで活躍するインサレーションウェアに注目。「インサレーションとは」という基本や特徴、選び方、おすすめなどを多角的に紹介します。

    平 格彦

    定番を攻略せよ。無地スウェットをおしゃれに着こなす3つのヒント

    定番を攻略せよ。無地スウェットをおしゃれに着こなす3つのヒント

    あっさりとした表情の無地スウェットは合わせやすい反面、センス良くコーディネートするのが意外と難しいアイテム。どう着こなすとおしゃれに映るのか、解説します。

    山崎 サトシ

    ナイキエアの注目作。エア ヴェイパーマックスは見た目も機能も最先端

    ナイキエアの注目作。エア ヴェイパーマックスは見た目も機能も最先端

    『ナイキ』が誇るエアマックスを、より進化させたエア ヴェイパーマックス。同ブランドらしい最新テクノロジーを掘り下げつつ、今購入できるラインアップに迫る。

    小林 大甫

    BACK