レジャーに最適。カブーで揃えたい秋冬アイテム

レジャーに最適。カブーで揃えたい秋冬アイテム

『カブー』は厳しいアラスカの自然の中で生まれ、実用性とモダンさを兼ね備えたアウトドアブランド。外せない定番キャップから、秋冬に活躍するウェアまでおすすめを紹介。

ai sato

2018.09.20

カブー(カブー)
ブランドまとめ
アウトドアファッション

アメリカ・シアトル発のアウトドアブランド『カブー』

アメリカのシアトルでスタートした、ヘッドウェアに定評のあるアウトドアブランド『カブー』。創設者が理想とするサンバイザーを形にした “ストラップキャップ”を始め、機能性の高いヘッドウェアは世界中のアウトドアマンから支持されています。オーストラリアの山岳レスキューチームで採用されるほど、品質の高さはお墨つき。

アラスカで漁師をしていた創業者が、その過酷な自然環境に耐えられるような、頑丈で水に浮き、日差しや強風をガードするサンバイザーを作りたいと思ったことから誕生した『カブー』。最大の魅力は、どのアイテムも実用性とモダンでユニークなデザインを併せ持っていること。創業者の過酷な漁業経験に基づいて生まれたアイテムは、どれも長年に渡って愛用できるモノばかりです。

『カブー』の代名詞は、ハットとキャップ

ブランド誕生のきっかけがサンバイザーだったこともあり、『カブー』といえばハットやキャップなどヘッドウェアのイメージを持つ人も多いことでしょう。毎シーズン15アイテム以上を誇るラインアップのなかから、おすすめを厳選しました。

アイテム1ストラップキャップ

創業当時からのロングセラーとして知られ、USカヌー&カヤックチームにも採用されている“ストラップキャップ”。被る程に風合いの出るコットンキャンバス素材を使った、ブランドを代表する定番キャップです。サイズ調節可能なアジャスタブルウェビングテープつきなので、フィット感も抜群!

アイテム2コードベースボールキャップ

短いつばとブランドの頭文字を取ったKのワッペンが、まるで往年のメジャーリーグのそれを思わせるクラシカルなキャップ。人気の定番モデルとしてコットンやウールなど素材違いで様々な種類を展開しているなか、コーデュロイを使った秋冬らしいこちらをレコメンド。

アイテム3シンセティック ストラップキャップ

『カブー』自慢の、軽量で速乾性に優れたシンセティック素材を使ったストラップキャップです。ベーシックな色はもちろん、着こなしに90年代テイストを入れるならこんなサイケなプリントもおすすめ。高機能素材で、水辺のアクティビティやキャンプ、スポーツなど幅広いシーンで活躍すること間違いなしです。

アイテム4シンセティック ストラップバケットハット

丸めて収納できる携帯性に富んだ素材とベーシックデザインが魅力の人気モデルを、軽量で速乾性の高いシンセティック素材で仕上げたハット。あごヒモつきで風に飛ばされる心配もありません。山や海でのアウトドアコーデにはもちろん、シックな色使いはタウンユースにもピッタリです。

アイテム5チルバ

遊び心のあるデザインに定評のある『カブー』らしい、ユニークなデザインの日よけのハット。円錐形の広いつばが日差しをしっかりと遮ってくれます。水に浮き、折りたたむこともできるので、夏の野外アクティビティや旅行のお供にも最適です。

ウェアやバッグも魅力。帽子以外のおすすめアイテム

キャップやハットのイメージの強い『カブー』ですが、実はウェアやバッグも優秀! アウトドアブランドならではの機能性と、シンプルななかにも個性が光るデザインで男女問わず人気なんです。

アイテム1フルジップ スローシャツ デニム

さっと羽織れて、必要のない時には放り投げておけるというコンセプトのスローシャツ。薄手なのでインナーとしてもアウターとしてもストレスなく気軽に重ね着ができる1着です。胸のブランドロゴがはいったテープが、さりげないワンポイントとして効果的。

アイテム2バクスター

肘当てのパッチやフラップつきポケットが、旬なワークテイストを醸すロングスリープシャツ。カジュアルなルックスながら、シックなカラーリングのチェック柄が大人っぽさも演出してくれます。アウターとしても着られるよう、両サイドにはハンドウォーマーポケットつき。

アイテム3チリワックパンツ

タフなコットン生地を使い、トレッキングやクライミングなどハードなアウトドアスポーツにも活用できるストレートパンツです。着こなしを選ばないシンプルなデザインと、ウェビングベルトや股下のガセットなどストレスのない着用感にこだわったディテールで、毎日でもはきたくなる1本です。

アイテム4スペクテーター

最低限のモノだけ携帯して近場へ出かける日常のシーンや、身軽でいたいフェスや野外イベントシーンまでこなすボディバッグ。ストラップを調節すれば、たすき掛けでショルダーバッグとしても使えます。サイケなプリントはシンプルコーデのアクセントとしてもGOOD。

アイテム5ロープスリング

人気のロープバッグを、丈夫で手入れが楽なポリエステル素材を使い、落ち着いた配色で大人好みにアレンジ。内側にはナイロンが貼られているので防水性もバッチリです。マジックテープをあしらったフラップオープンのポケットや底部のジッパーポケットは細かいアイテムの収納に便利です。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

    山崎 サトシ

    トレンドのサコッシュ。人気18ブランドをレコメンド!

    トレンドのサコッシュ。人気18ブランドをレコメンド!

    一過性のものではないサコッシュ人気。どんな風に使用すればいいのかも合わせて、好みのテイスト毎におすすめブランドをレコメンドしていきます。

    編集ナス

    Tシャツ完全ガイド。人気23ブランドから選ぶおすすめの1枚

    Tシャツ完全ガイド。人気23ブランドから選ぶおすすめの1枚

    Tシャツは2019年の春夏も必需品。23の人気ブランドと、各ブランドのラインアップから厳選した1枚を一挙に紹介します。Tシャツ選びの参考に、ぜひチェックしてください。

    平 格彦

    買わない手はない。ニューハッタンのキャップ&ハットがとにかく高コスパ!

    買わない手はない。ニューハッタンのキャップ&ハットがとにかく高コスパ!

    日本上陸から日が浅いながら、巷で高いシェア率を誇るヘッドウェアブランド『ニューハッタン』。圧倒的なコスパを誇る同ブランドを、持たない手はありません。

    山崎 サトシ

    夏に着たい白Tシャツは、ビッグサイズで一つ上の男に

    夏に着たい白Tシャツは、ビッグサイズで一つ上の男に

    これまで幾度となく夏は訪れてきたが白Tは常に主役を担ってきた。同時にマンネリ打破の命題とも付き合ってきたわけだが今季はどうやらサイジングにその解答があるようだ。

    菊地 亮

    大人の新定番。バンドカラーシャツとその着こなし方

    大人の新定番。バンドカラーシャツとその着こなし方

    襟付きシャツよりカジュアルで、きれいめにも見せられるバンドカラーシャツを徹底解説。着こなしの作法と、今季狙い目のおすすめブランドをお届けします。

    Freeamericanidol編集部

    BACK