夏のリラックススタイルに◎。スリッポン人気再浮上

夏のリラックススタイルに◎。スリッポン人気再浮上

往年の定番アイテムであるスリッポンが、今季再注目される予感。その魅力を再検証するとともに、今夏のマストバイを厳選してご紹介します。

伊藤 千尋

2017.07.01

スニーカー
スリッポン

愛用者続出! スリッポンが再注目される理由とは?

のっけから質問で恐縮ですが「玄関で靴紐を結んだだけで汗ばんでしまった!」なんて経験、ございませんか? 家を出る前から汗をかいて疲労困憊になっていては、「午後はさらに気温が上昇しますので、こまめに水分を補給して熱中症にならないように……」というお天気お姉さんの親切な忠告も報われません。前置きが長くなるので割愛しますが、要するに「暑い夏は、楽に履けて、かつ涼しいシューズがマスト」という提案です。なかでもおすすめしたいのが、スリッポン。

参考記事: スリッポンの選び方とメンズコーデのおしゃれな実例集

夏の足元といえばサンダルが人気の今シーズン。でも実は、スリッポンへの注目度も高まっているんです。

スリッポンの魅力として、着脱の快適さ&季節感を打ち出せるというのは、いわずもがな。

ただし、今季注目される理由は“程よいリラックス感”にあります。たとえばこちら。サンダルを合わせても旬な着こなしにはなるのですが、スリッポンはサンダルほどに肌を見せるわけではないのでラフになりすぎず、それでいて程よいリラックス感を演出できます。

快適に履けて、季節感も演出できて、トレンド感も押さえられる。それでいて大人らしさを保てるスリッポン……、目が離せません!

定番から個性派まで。今季履きたいスリッポン6選

靴紐がなく、足を滑らすだけで簡単に履くことができるスリッポン。一口にスリッポンといえど、今や定番のものからハイテク系の個性派タイプまで、さまざまなデザインが登場しています。そこで今回は、おすすめのスリッポンをご紹介。

アイテム1『バンズ』

まずは、定番ながら今もっとも勢いのある『バンズ』から。こちらは、ベーシックモデルをスケートボード仕様にアップデートした“PRO CLASSIC”シリーズと呼ばれるスリッポンで、「ULTRACUSHインソール」を搭載しているので、衝撃に強く、見た目以上の履き心地を提供してくれます。一見派手なチェッカー柄ですが、デニム、スラックス、ショーツになど、あらゆるパンツに相性抜群。一度お試しいただければ、クセになっちゃいますよ。

アイテム2『リプロダクション オブ ファウンド』

90年代のイタリア軍に正式採用されたトレーニングシューズをアレンジしたこちら。甲部分に施されたエラスティックが特徴で、まるで足を包み込むかのようなフィット感を実現してくれます。アッパーには、撥水性、防汚性に優れたコーデュラナイロンを採用するなど、ミニマムなデザインからは想像もできない、まさに軍仕様の本格派です。

アイテム3『リーボック』

こちらは、「インスタポンプフューリー」からインスパイアを受けて誕生した「フューリーライト」のスリッポンモデル。弾力性と通気性に優れたメッシュを使うことで、より春夏に特化しています。アッパーの切り抜かれた部分が、従来のデザインを彷彿とさせますね。上品なスラックスと合わせて、スポーツMIXに履きたいですね。

アイテム4『オニツカタイガー』

オニツカタイガーのスタンダードモデル「メキシコ 66」をスリッポンにアレンジしたこちら。甲部分にエラスティックバンドを内蔵することで、優れたフィット感を実現しています。レトロなルックスが大人の男性にぴったりですよ。

アイテム5『ユナイテッド トウキョウ』

フロントと履き口に使用した伸縮素材が、フィット感&脱着のしやすさ追求。ソールには「ビブラムソール」を使用しているので、優れた耐久性&高いグリップ力を誇ります。レザーがあしらわれているので、フォーマルなスタイルにもハマりそうですね。

アイテム6『ナイキ』

『ナイキ』サンダルの代名詞「ベナッシ」をスリップオンにアップデート。抜群に柔らかいスエード素材と最新のソックライナーを採用しているので、優れた履き心地を実現してくれます。かかとが折りたたみ式になっているので、つっかけのように履けるのも大きな魅力。今季は、こちらの赤が新色でリリースされました。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK