オールデンの革靴で、コードバン以外に買い増ししたい10足

オールデンの革靴で、コードバン以外に買い増ししたい10足

『オールデン』は、1887年にアメリカで誕生した名門レザーシューズブランド。男ならば誰もが憧れるであろう極上の“逸足”、その魅力からおすすめまでを紹介します。

コマツ ショウゴ

2018.11.30

オールデン(ALDEN)
レザーシューズ

懐古的なフォルムが気分だから、『オールデン』のルックスがちょうどイイ

『オールデン』のシューズはモデルごとに13種類の木型を使い分けています。これは、ラストと呼ばれるシルエットを決定づける革靴の要。さまざまなフォルムがあるものの、すべてに共通するのは“シャープすぎず、ワイドすぎない絶妙なボリューム感”ということ。流行り廃りのない不変的な形だからこそ、多様なスタイルにマッチして100年以上最前線に立ち続けているシューズなんです。

合わせて読みたい:
男の足元にハマる。人気革靴ブランド、推しの1足

『オールデン』の屋台骨を支えるのは、“革のダイヤモンド”コードバンモデル

上質な素材のみを使い、“革靴の王様”と称されるだけあって、世界中に熱狂的なファンを抱えている『オールデン』。多くの人に支持されているのは、農耕用馬のお尻にある希少な皮革であるコードバンを使ったモデルで、“革のダイヤモンド”とも呼ばれるくらい味わい深い輝きを放ちます。履くほどに美しいツヤが出て、自分の足になじんでいくコードバンの経年変化が、世界中の人たちを魅了しているんです。高額ではありますが、この傑作の評価こそが『オールデン』全体の評価につながっているんです。

『オールデン』のコードバンはこういう靴

アイテム1プレーントゥコードバン/990

プレーントゥ990は人気が高いスタンダードなモデル。合わせやすいシンプルなデザインでカジュアルからドレスまでに対応し、自分が育てたコードバンのシワやツヤを実感しやすいのがポイントです。バリーラストという定番の木型を使用しているので、『オールデン』のコードバン入門モデルとしても。

アイテム2コードバンチャッカブーツ/1340

『オールデン』コードバンのチャッカブーツといえば渋いバーガンディカラーの1339が人気ですが、着こなしの幅を広げてくれるブラックの1340もおすすめ。先ほどと同じくバリーラストを採用したフォルムなので、程良いボリューム感を足元にプラスし、チャッカブーツならではのスタイリッシュさを醸し出します。

アイテム3コードバンドレスシューズ/2211

豊富な『オールデン』のラストの中でも特に細身なアバディーンラストを使ったドレスシューズ。ステッチワークが特徴のUチップで、ビジネスにもカジュアルにも使えるルックスです。以上のコードバンを履く際は、特に水にぬれないよう注意しましょう。ぬらしたまま放置してしまうとシミになり、せっかくの光沢が台無しになってしまいます。

本題はココから。コードバン以外で買い増ししたいリストTOP10

魅力ありまくりなコードバンに縛ってレコメンドしたいのですが、『オールデン』はそれ以外もおすすめなんです。ココにきてようやく本題に入った感は拭えませんが、コーディネートでの使いやすさなど踏まえた10足をランキング形式でご紹介します。筆者の独断によるものなので悪しからず。

第10位プレーントゥパテントレザー/9373

コードバンの光沢とはひと味違った輝きを放つパテントレザーのモデルもナイス。ドレッシーなシチュエーションで活躍することでしょう。ライナーには赤が配されているので脱いでも上品。

第9位ビットローファー/468

カジュアルなケープコッドコレクションから、上品さを醸し出すビットローファータイプ。スエード素材がほかとは違った表情を見せてくれます。ラストはローファーで使われているバンラストを使用。

第8位ウイングチップ/979

クラシック感の強いウイングチップは着こなしの幅が広がるので1足だけでも持っておきたいところ。ブラウンなら、その特徴的なデザインをより主張することができます。

第7位タッセルローファー/663

定番ローファーのひとつであるタッセルローファーは、『オールデン』が生みの親。シンプルな甲に飾られたタッセルがワンランク上に導きます。ほかの人より1歩リードしたいなら深みのあるバーガンディを選んでみましょう。

第6位チャッカブーツ/1492

スエード仕様のチャッカブーツは、今の季節にぴったり。複雑な工程のグッドイヤー製法による仕上がりで、先述のコードバンと同じくバリーラストを採用しています。

第5位セミブローグ /909

メダリオンの装飾でエレガントな印象を与えるセミブローグ。クラシックさを感じるシルエットのハンプトンラストが独自のスタイルを確立させました。そして、上質なカーフスキンが足に馴染みやすいのもポイント。

第4位Uチップスナッフスエード/24773F

スエードタイプのUチップ。スナッフスエードの絶妙な色合いが足元から季節を演出し、柔らかなイメージを紡ぎます。合わせるテイストを問わないのでスタメンとして活躍してくれそうです。

第3位ペニーローファー/984

大定番のペニーローファーは、バンラストの採用によってほかのブランドよりも洗練されたシルエットで完成しています。無駄がないデザインなので汎用性が高く、長年愛用できること間違いなしの1足です。

第2位インディーブーツ/405

映画『インディー・ジョーンズ』で主役を演じたハリソン・フォード氏が着用していたことからインディーブーツと名付けられたもの。ブーツながらにスタイリッシュでシンプルなアッパーがどんな着こなしにもマッチしてくれます。

第1位Uチップカーフスキン/961

先にご紹介しているコードバンのUチップと素材違いの同じシルエット。こちらはカーフスキンを使っていて、また違った味を堪能できます。シンプルだけどデザイン性が効いたUチップは、カジュアルにもスーツにも使えるので1位に設定しました。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    妥協しない本格派。目利きの大人たちが手に取るガンゾの財布

    妥協しない本格派。目利きの大人たちが手に取るガンゾの財布

    経験豊富な目利きの大人たちがこぞって手にする『ガンゾ』の財布。長い歴史を有し、ジャパンメイドの最高峰と謳われる日本の皮革ブランドの魅力に迫る。

    菊地 亮

    欲しい靴べらはロングか携帯か。革靴同様に愛したいシューホーン8選

    欲しい靴べらはロングか携帯か。革靴同様に愛したいシューホーン8選

    革靴と付き合っていくためには、メンテに加え“履き方”も大事な要素。靴べらをきちんと使えば長持ちします。自分に合った靴べらの探し方、おすすめをご紹介しましょう。

    山崎 サトシ

    大人の日常着。ディッキーズの定番874と別注モデルを徹底紹介

    大人の日常着。ディッキーズの定番874と別注モデルを徹底紹介

    『ディッキーズ』の定番「874ワークパンツ」の魅力とともに、同ブランドが誇るパンツのラインアップを整理。大人のカジュアルに効く『ディッキーズ』を幅広く紹介します。

    編集フカザワ

    男の足元にハマる。人気革靴ブランド、推しの1足

    男の足元にハマる。人気革靴ブランド、推しの1足

    スニーカーもいいですが、秋冬の男の足元には革靴がやっぱりよく似合います。選び方から大人におすすめのブランド、その主要モデルまでをピックアップしました。

    近間 恭子

    一生に1度は履きたい靴。コードバンの“オールデン”がなぜ人気なのか

    一生に1度は履きたい靴。コードバンの“オールデン”がなぜ人気なのか

    アメリカントラッドにおいて不可欠な存在であり、米国の靴文化を象徴する靴ブランド『オールデン』。カーフやスエードも気になるが、まずはコードバンを手に入れたい。

    NAKAYAMA

    大人の万能靴。ポストマンシューズの魅力とおすすめ10選

    大人の万能靴。ポストマンシューズの魅力とおすすめ10選

    革靴ならではのかっちり感とカジュアルな要素を併せ持ったポストマンシューズ。幅広いスタイリングになじむ万能靴の魅力とおすすめのブランドをお届けする。

    大中 志摩

    BACK