何が違うの?シャカの人気サンダルを徹底チェック

何が違うの?シャカの人気サンダルを徹底チェック

夏といえばサンダルの季節ですが、どんなサンダルが良いか悩み中の方は多いのでは? 今回は世代問わず愛されている『シャカ』のサンダルをご紹介します!

モチヅキ アヤノ

2017.07.10

シャカ(SHAKA)
サンダル
夏の着こなし・コーデ
スポーツサンダル

サンダルで知名度上昇。『シャカ』ってどんなブランド?

『シャカ』は、1990年代に存在した南アフリカのサンダルブランドです。当時のトレンドであったウェビングテープを使ったサンダルを南アフリカ国内の工場にて生産。ブランド自体は一度消滅したものの、2013年より復刻し、ふたたび注目を集めています。

『シャカ』のサンダル。ほかのブランドとは異なる特徴は?

サンダルにはいろいろなブランドがありますが、ほかのブランドと比べて確実に異なるところは「四方からのホールド感の強さ」でしょうか。後ほどアイテムをご紹介しますが、ウェビングテープを全面にあしらったサンダルで、自分の足に合うところでテープをがっちり固定できるんです。これなら街歩きだけでなくアウトドアにもばっちり使えますよね。

一挙公開。大人にハマる『シャカ』のサンダル

『シャカ』のアイテムは全体的に使う人を選ばないアイテムばかりなのですが、その中でも特に大人の男性に取り入れやすいデザインを厳選してご紹介。

ネオ クライミング

『シャカ』のサンダルの中で最も人気のモデル「クライミング」が進化した、「ネオ クライミング」。ウェビングテープ裏にクッション材を採用することでより履き心地を向上させています。グリップ力、耐久性に優れたアウトソールで川や海、山にも幅広く使えますよ。

ロッキーストレッチ

シューズとサンダルの中間のようなフォルムが特徴的なサンダル。ストレッチ素材でつま先部分が覆われているため、サンダルでありながら足をすっぽりと保護してくれますよ。また、素材が伸縮するため、足の動きをじゃますることもありません。足首やかかと、甲部分もサイズ調整可能ですので、足の形を選ばないモデルといえるでしょう。

ネオバンジー

かかと・足首部分を支えるストラップ部分が2本になっており伸縮性もアップしているため、ホールド感と動きやすさ抜群。足のフィット感を重視する方におすすめのモデルです。

ラリー

こちらは90年代にも実在していたモデル。ストラップ部分はすべて南アフリカを思わせる柄つきで、一見派手に見えますがダークトーンのためうるさく見えません。いわゆるオープントゥタイプですが、甲部分はがっちりとガードされているため、安定感ある履き心地を約束します。

チルアウト

甲部分がバタフライ形状になっているのが特徴のモデル「チルアウト」。かかとや足首部分のホールドがないタイプのため、いつでも気軽に履けますね。こちらももちろん、つま先部分の幅が調整可能ですので、長時間履いても疲れにくいデザインとなっています。

『シャカ』のサンダル。着こなし上手に見るおしゃれへの道

ここからは、『シャカ』のサンダルを使ったコーデサンプルをご紹介。ディテールにこだわりがあるサンダルですが、全体はシンプルなためあらゆるシーンやコーデに合わせやすいですよ。街歩きやアウトドアシーン、休日の緩いリラックスシーンにもぴったりの大人コーデをさっそくチェックしてみましょう。

フェスにもぴったり! アクティブなアウトドアスタイル

カーキのパンツとキャップといった、アウトドア定番アイテムを利用したコーデ。マウンテンブーツやスニーカーでまとめるのもアリですが、季節は夏。涼やかな『シャカ』のサンダルがコーデ全体をより夏らしい雰囲気に仕上げていますね。滑りが心配なときはアンクルソックスやフットカバーを使うのがおすすめです。

夏のジャケパンスタイルにもなじみます!

その表情からジャケパンとの相性は……と思う人も多いかと思いますが、コットンや麻といった夏素材と合わせれば季節感あるMIXコーデにまとまります。さらにサンダルのカラーをパンツと合わせれば、よりなじませることが可能。梅雨時期の外デートにも使えそうなサンダルコーデですよね。

ソックスと合わせてシューズのように使うお出かけコーデ

こちらは夏のピクニックにもぴったりなカジュアルアウトドアコーデ。暑い時期にスニーカーを履くとデザインや仕様を問わず蒸れてしまう……とお悩みの方にも快適に過ごせるサンダルの使い方なのではないでしょうか。

カラフルソックスを使った遊び心あふれるコーデ

サンダルにはベーシックなカラーのソックスを合わせがちですが、ソックスのカラーをパンツやシャツと同系色のモノを使うとこのような仕上がりに。さりげなくのぞくカラーが遊び心ある着こなしに仕上げています。

クラシックなポロシャツコーデもサンダルでよりアクティブに

大人の夏スタイルとして鉄板のポロシャツとチノパンの組み合わせ。ローファーなどを合わせるのも良いですが、ロールアップしないのであればこのようなオープントゥのサンダルを使うと、足元に涼感が生まれ夏らしいアクティブコーデに変化させることが可能に。

サンダルはビッグシルエットのゆるコーデの引き締め役にも◎

ゆったりとしたシルエットが涼しげな着こなしは、今の時期にピッタリ。膨張が気になる方は、こちらのコーデのようにダークトーンでまとめるとぼやっと見えませんよ。また、ここでダークトーンの『シャカ』のサンダルを使うことで、足元が引き締まり全体がシャープに仕上がっています。

ライトカラーを引き立たせるなら、ダークカラーサンダルがイチオシ!

ライトピンクのアイテムは今年のトレンドアイテムではありますが、膨張色のためかコーデに使うのをためらう方も多いのでは? そんなときは、こちらのコーデのように、パンツにダークカラーを使うことで膨張感も解消させやすくなります。サンダルもパンツと揃えて統一感を。

アンクル丈のパンツならサンダルベルトがより引き立つ!

ブラック×カーキは重たくなりがちなカラーコンビですが、インナーにホワイトカラーを採用することで、軽量感あるレイヤードスタイルを実現。パンツとサンダルは同系色の落ち着きあるコンビで大人っぽさを意識しつつ、素足がちらりとのぞくバランスにまとめることで、ヌケ感あるスタイリングに昇華されています。

ネイビー×カーキで合わせた定番カラーコーデ

カジュアル度の高いショーツとドレスアップを期待できるテーラードジャケットの組み合わせは、大人のMIXスタイルとしておすすめのコンビ。サンダルもパンツに合わせたカーキで、コーデ全体に自然に溶け込んでいますね。

マリンボーダーの爽やかさと足元のヌケ感が好バランス!

こちらは全体をモノトーンで統一したコーデ。マリンボーダーシャツはホワイトシューズやローファーを合わせたくなりますが、足元にサンダルを合わせることで軽快かつヌケ感ある着こなしに。コーデ全体のフィット感もほどよく、休日のリラックスコーデや街歩きにはぴったりのコーデですね。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK