人気継続。セットアップはショーツを合わせて夏らしく

人気継続。セットアップはショーツを合わせて夏らしく

ジャケットは大人の象徴。この夏もジャケットで決めるためには、ショーツを合わせて涼しく着こなしたいですね。今回はジャケット×ショーツのセットアップをご紹介します。

Roaster

2017.06.05

アウター
セットアップ
ショートパンツ

セットアップが人気。夏はどうする?

昨今のメンズファッションにおいてセットアップ人気は高まる一方。トップスを選べばボトムスも自然に決まり、手軽にコーデが楽しめるのがいいですよね。上下それぞれを着まわせるコストパフォーマンスの高さも好評。そんなセットアップのなかでもジャケットは鉄板ですが、この夏も着こなすためには、ショート丈のパンツを活用したいところです。夏のセットアップはジャケット×ショーツで決めちゃいましょう。

ジャケット&ショートで作るセットアップ、着こなしのポイントは?

ジャケットとのセットアップといえばスーツのようなフルレングスというイメージがありますが、実はジャケットとショーツのセットアップもさまざまなブランドが提案しています。一見してわかるカジュアルさが、今後も注目を集めそうです。そこで、まずはジャケット×ショーツを着こなすための3つのポイントを紹介します。

フルレングスのボトムスと違って、ショーツは十分カジュアルに見えます。なので、シューズもそれに合わせてカジュアルなものを選びたいです。夏らしくすっきりさせたいなら、難しく考えずシンプルに。シルエットがスタンダードなスニーカーやサンダル、スリッポンなどがオススメです。

セットアップだと上下が決まっているので、コーデ全体の大部分のカラーも当然決まってしまいます。なので、黒やネイビーなどダークカラーのセットアップでは、暑苦しさを回避したい場合、ほかのアイテムを選ぶときに注意が必要です。明るい色を含んだアイテムで、全体的な色の印象を調節しましょう。

セットアップを選んだのだから、いっそ全体的に統一感のあるスタイリングをしたい、という人はインナー選びに着目しましょう。まったく同じ色よりは同系色の違う色や、柄物なんかをセレクトすれば見た目に面白さが生まれます。インナーとスニーカーの色をリンクさせるのもひとつの手です。

ファッションのプロが提案するセットアップのベストコンビ

ジャケット×ショーツの着こなし方が確認できたところで、次はこの夏にぜひオススメしたい上下5セットをご紹介します。セットアップ経験者はもちろん、これから挑戦してみようかなという人もぜひチェックしてみてください。

まず紹介したいのがこちらのジャケット。ブラックカラーは着まわしやすいので、単体でも1着は欲しいアイテムです。撥水性や通気性に優れ、袖口に、袖をまくりやすくするためのリブも付いているので夏にもオススメです。

こちらは同じ素材のショートパンツです。高い機能性もジャケット同様。夏らしくサンダルで合わせたいところ。イージーパンツのように腰に付いているヒモでウエストを締めるので、気軽にはけるのも魅力です。

ジャケット×ショーツをデニム素材で統一したセットアップができるんです。テーラードジャケットなのに堅苦しい雰囲気を感じさせないのは、デニム素材ならでは。伸縮性のある生地なので着心地もストレスフリー。明度の高い青を選んで、夏の爽やかさを身にまといましょう。

ブルーのデニムショーツは脚を健康的に見せてくれます。セットアップだけにはとどまらず、ショーツ単体ではき、トップスを白Tにするのも夏コーデとしてオススメ。ショーツは迷彩柄やサイドにラインが入ったものなど、バージョン展開もされています。

アイテム3『シップス』

ホワイト系のセットアップを選ぶなら、純ホワイトもいいですがオフホワイトや淡いグレーもオススメ。定番の白シャツをインナーに着るだけで、統一感と立体感が生まれるからです。春夏の定番素材であるシアサッカー生地を使用しているので、汗ばんでもベタ付きにくく、さらっと着ることができます。

厚みがなくて軽いシアサッカー生地のパンツなのでリラックスして着用でき、シンプルなデザインながら凹凸のある素材感も魅力的。カットソーとスニーカーで合わせるだけでも十分コーデとして通用するアイテムです。

季節感があふれる大胆なセットアップに挑戦するならこちらがオススメ。ブルーを基調としたボタニカルの総柄で上下をそろえれば、一気にリゾート感ある大人なメンズに。通気性に優れ、なおかつ撥水性も兼ね備えているこれを着てビーチに遊びに行きたいですね。

鮮やかな柄物のショーツだけに、街ばきとして単体で使っても個性を発揮してくれます。コーデに夏らしいアクセントをワンポイント付け加えたいときに、ちょうどいいアイテムです。ストレッチ素材なのでアクティブな場面でも着用できます。

さりげなく柄を取り入れたいなら、こちらのチェック柄のジャケットを要チェック。ネイビーベースにイエローでウインドウ・ペーンが施され、トラッドな雰囲気が大人にハマりそうです。ジャケット単体ではかっちりめですが、ショーツと合わせることでカジュアルダウン。幅広いシチュエーションで着られるアイテムです。

トラッドなチェック柄は、サンダルだけでなくスニーカーやローファーにもマッチします。パーティーシーンや普段ばきに対応できる汎用性、伸縮性の高い素材でストレスのない着用感などスペックの高さからイチオシのショーツです。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK