ひと粒で2度美味しい! 替えベルト付き腕時計

ひと粒で2度美味しい! 替えベルト付き腕時計

小回りの利くおしゃれ小物として欠かせない腕時計はストラップを替えるだけでもイメチェン可能。となれば、替えベルトとセットになった腕時計は真っ先に手に入れたい代物。

菊地 亮

2015.02.18

腕時計

素材違いのストラップに着せ替えるだけで、スタイリングの幅もグッと広がる

Item1『ゲス』の1本は、存在感のあるデカケースを引き立てる黒とポップな赤でアレンジ自在

ケースサイズ46oの適度な存在感はスタイルのアクセントとしても申し分なし。その男らしさをフォローするブラックのストラップはON、OFF問わず使える万能性を備えている。セットで付く赤はカジュアルな装いの挿し色として効果絶大。10気圧防水のケースや衝撃にも強いウレタンバンドなど、普段使いにも頼もしい1本だ。

Item2生地の異なるバンドの併用でシーンを問わない『ハミルトン』のミリタリーウォッチ

まるで1970年代のアメリカを思わせるレトロなデザインが特徴のこちら。ただ、搭載するムーブメントは最新で、80時間の標準持続時間を誇るH-30と、その二面性が魅力的だ。それだけでなく、軍時計らしい屈強さを備えたナイロンベルトに加え、シックな趣を生み出せるレザーバンドも付属。その選択肢が大人には非常に心強い。

Item3ストラップの多彩なバリエーションがうれしい、アメリカ発『ルミテック』の高機能時計

数々の有名ブランド作品を作ってきたWiegand Custom Watch社のアイテムだけにその質はハイレベル。驚異の明るさを放つ蓄光技術は最たる例で、3種類のバンドが付くのもうれしい点だ。そのバンドは、レザーベルト、316Lステンレスベルト、ラバーストラップとどれも異なるテイストのため着せ替える楽しみを存分に味わえる。

Item41世紀以上もの長い歴史を誇るジュエリーブランド『ロシェ』が生んだモダンな作品

2010年よりウォッチラインが復活し、世界中で話題となった『ロシェ』。その端正な顔立ちは、さすがジュエリーブランドと思わせるほどに洗練されている。モノトーンで仕立てたモダンな趣も抜群で、ナイロンとシリコンベルトを時々によって変えられるオールマイティさもツボ。スタイルや気分に合わせ、付けこなしたい。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    MA-1のすべて。今買いのブランドと真似したいコーデ術

    MA-1のすべて。今買いのブランドと真似したいコーデ術

    男の鉄板アウターとして定着したMA-1。アイテム自体はプレーンなタイプを選ぶのがセオリーですが、ディテールや選び方、コーデ術はアップデートしていきましょう。

    山崎 サトシ

    大人の男なら持っていたい。コインケースのおすすめ20選

    大人の男なら持っていたい。コインケースのおすすめ20選

    財布のスマート化が進む昨今、あらためて注目されているコインケース。選び方と合わせて、大人にふさわしいコインケースを3つのニーズ別に紹介します。

    ai sato

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春の着こなしのメインはライトアウター。主役となるアイテムはいち早く確保するのが賢明です。この春らしいアウターの手掛かりとおすすめ品を解説するので、ぜひ参考に。

    平 格彦

    ショルダーバッグの人気ブランド20選。欲しいのはナイロンorレザー?

    ショルダーバッグの人気ブランド20選。欲しいのはナイロンorレザー?

    さっと肩にかけ、両手をフリーにして持てるショルダーバッグはアクティブに動きたい休日に必須。ただし、カジュアル過ぎないスマートなモデルを選ぶのが大人の流儀です。

    山崎 サトシ

    もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック20

    もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック20

    ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

    近間 恭子

    どのブランドから選ぶ? 傑作ビジネスバッグ20選

    どのブランドから選ぶ? 傑作ビジネスバッグ20選

    ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

    Freeamericanidol編集部

    BACK