父の日のギフトに。感謝の気持ちとポロシャツを贈ろう

父の日のギフトに。感謝の気持ちとポロシャツを贈ろう

6月18日の日曜日は父の日。普段なかなか感謝の気持ちを伝えられないからこそ、きちんと思いを伝えたいものですよね。父の日のプレゼントに最適なポロシャツを紹介します!

編集カツラガワ

2017.05.30

トップス
ポロシャツ
プレゼント・ギフト

父の日のプレゼントでお悩みなら、ポロシャツがおすすめです!

父の日のプレゼントでお悩みなら、ポロシャツがおすすめです!

毎年、父の日のプレゼントに何を贈るかお悩みの方は多いはず。お父さんの好きなお酒や、
実用的な家電といったギフトも人気のようですが、本記事では日常着として着られるポロシャツをレコメンド! これからの時期、重宝する実用アイテムなのでとても喜ばれると思います!

父の日のプレゼントに、ポロシャツがおすすめなワケ

ポロシャツは休日着としてはもちろん、クールビズスタイルにも使える汎用性の高さが魅力。これからの時期は重宝するので何枚あってもうれしいところ! また基本的にはベーシックなデザインが多いので、お父さん世代も抵抗なく着られるところがいいですよね。

こちらは個人的な意見ですが、お父さんっていつも同じような洋服を選んで着ていませんか? だから息子や娘が選んだモノってとても新鮮だと思うんです。「これちょっと派手じゃないか?」とか言いながら、うれしそうに着ている姿が想像できませんか?!

ポロシャツの御三家ブランドから選ぶなら

では、さっそくおすすめのポロシャツをご紹介していきましょう。まずは、ポロシャツといえばこちらの御三家ブランドをチェック。定評のある老舗ブランドなので、お父さん世代からも馴染みがあるはず。

ブランド1『ラコステ』

ワニのアイコンがトレードマークの『ラコステ』。ブランドの代表格であるポロシャツは、誰もが知る定番ですよね。カラバリが豊富なので、お父さんにぴったりな1枚が見つかる!

L1212

『ラコステ』の名作といえば、こちらのL1212。高級糸で仕立てられた光沢のある生地感が大人の貫禄を演出してくれます。カラーバリエーションが豊富ですが、爽やかかつクリーンなホワイトは好感度抜群!

ポロシャツの原点。ラコステのL1212が愛され続ける理由とは

ポロシャツの原点。ラコステのL1212が愛され続ける理由とは

ポロシャツの定番ブランド『ラコステ』。誰でも着られるシンプルさとデザインの豊富さが魅力です。なかでも支持率が高い「L1212」、その特徴とスタイリングを解説します。

モチヅキ アヤノ

『ビューティー&ユース』別注ビッグポロシャツ

こちらは身幅をワイドシルエットに仕上げた1枚。ゆったりと着られるので、お腹周りなど体型を気にするお父さんにおすすめです。ネイビーからなら引き締め効果もあり!

ブランド2『ラルフローレン』

続いては、アメリカの名門ブランド『ラルフローレン』。こちらのポロシャツは、アメリカントラッドを象徴とするアイテムで、上品さとスポーティさを兼ね備えた名品です。

カスタムフィット ウェザードメッシュポロシャツ

『ラルフローレン』のポロシャツは、上品なデザインに加え、通気性に優れたコットンメッシュを採用した着心地の良い1枚です。定番カラーもいいですが、気持ちも見た目も若返りそうなマイルドなピンクはいかが?

ポロ ラルフローレンのポロシャツこそ大人の味方

ポロ ラルフローレンのポロシャツこそ大人の味方

『ポロ ラルフローレン』といえばアメリカを代表するブランドの1つで、世界中で老若男女に愛されています。その代表アイテムであるポロシャツの魅力を多角的に解説します。

平 格彦

カスタムフィット コットンメッシュポロシャツ

最も薄手のコットンメッシュを使用したこちらは、1枚での着用はもちろんですが、ジャケットとのレイヤードスタイルにも使える汎用性の高い1枚。カスタムフィットは細身のシルエットなので、お父さんの体型に合わせてサイズを選んでくださいね。

ブランド3『フレッドペリー』

イギリス生まれの『フレッドペリー』は、月桂樹のロゴマークが目印。シンプルなモノから、襟や袖にラインがあしらわれたデザインのモノまで揃っています。

M12

襟と袖に2本ラインがあしらわれたデザインのM12は、メイド・イン・イングランドにこだわって作り続けられている名作。こちらもカラーバリエーションが大変豊富なので、お父さんにぴったりな1枚が見つかるはず。

ポロシャツの定番。フレッドペリーの着こなし方とおすすめモデル

ポロシャツの定番。フレッドペリーの着こなし方とおすすめモデル

ポロシャツの定番ブランドといえば『フレッドペリー』。品の良さを備えた1枚はまさに大人向きで高い人気を誇っています。着こなし方からおすすめモデルまで一挙ご紹介!

まつお ありさ

『エディフィス』別注ラウンドテールモクロディポロ

こちらは、光沢のある生地を採用した上品さが魅力的。カジュアルな着こなしが苦手なお父さんには、エレガントな雰囲気漂う1枚がおすすめですよ。

こちらも注目! 機能も見た目なグッドなシャツ

老舗のブランド以外からも、続々とリリースされているポロシャツ。今季は快適に着用できる機能性にもこだわったアイテムも多く見られます。それでは、おすすめのアイテムをピックアップ!

『シップス』

ハイテク素材、クールマックスを使用したこちらのポロシャツは、なんといっても蒸し暑い夏でも涼しく快適に過ごせる点が魅力です。ボタンダウンカラーなので、クールビズスタイルにも活用できます。働くお父さんにぜひ!

『グリーンレーベル リラクシング』

上質なコットンを採用しているため、上品な見た目がグッドな1枚。そのうえ、吸湿速乾性に優れ、抗菌防臭効果も備えているため、夏の大敵である汗ベタ&汗クサを防止してくれます。汗かきお父さんのビズスタイルにぴったりな逸品です。

『アーバンリサーチ ロッソ』

こちらもクールマックス素材を採用した、通気性、吸水速乾性にすぐれた1枚。涼しいうえに、肌触りもよいので、これからの時期に重宝しそう! 夏のジャケットスタイルのインナーとしてもおすすめです。

『ビームス』

胸元のワンポイントの「B」がかわいらしいデザイン。たまにはこんな遊び心のあるデザインもいいのでは? 生地にストレッチが効いているので動きやすく、孫との外遊びシーンなどにおすすめですよ。

『ビームスライツ』

お父さん世代なら、つい無地ばかりを選びがちなはず。そこでドット柄をプレゼントしてみては? 小ぶりのドット柄なら派手すぎず、コーデに馴染みやすいので、取り入れやすいですよ。クールマックス素材を採用しているので、ドライな着心地で快適に過ごせます!

なんだかんだでポロシャツは御三家ブランドがおすすめ

なんだかんだでポロシャツは御三家ブランドがおすすめ

ポロシャツ界の御三家といえば、昔も今も『ラコステ』、『ポロ ラルフローレン』、『フレッドペリー』が鉄板。今年の春夏に頼りたい、人気ブランドを再検証します。

CANADA

見直してみない? メンズポロシャツの着こなし方と最旬アイテム

見直してみない? メンズポロシャツの着こなし方と最旬アイテム

ポロシャツは、年齢を問わずに着られるからこそコーディネートが超重要。そこで大人世代にふさわしいポロシャツの着こなし方と、即戦力となる人気ブランドを紹介します。

編集フカザワ

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    マリメッコのリュックを解説。男性には、この4アイテム

    マリメッコのリュックを解説。男性には、この4アイテム

    『マリメッコ』と聞くと、女性ブランドのイメージが強い方も多いはず。しかし今や男性の使用者も急増中。定番の「バディ」や「メトロ」を中心に人気リュックを紹介します。

    山崎 サトシ

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    季節の変わり目は服装やコーディネートに悩むもの。気温15度前後に適した服装を考えながら、快適に過ごすためのアイテム選びや着こなしテクニックを紹介します。

    平 格彦

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春の着こなしのメインはライトアウター。主役となるアイテムはいち早く確保するのが賢明です。この春らしいアウターの手掛かりとおすすめ品を解説するので、ぜひ参考に。

    平 格彦

    ニューバランス996が人気の理由。ロングセラーモデルを徹底解剖

    ニューバランス996が人気の理由。ロングセラーモデルを徹底解剖

    『ニューバランス』には数多くの型番が存在しますが、とりわけ996シリーズはブランド内でも人気の銘柄。当記事では、そんな996をがっつりと深堀りしていきます!

    山崎 サトシ

    春コーデ決定版! 大人が春服を楽しむための10のポイント

    春コーデ決定版! 大人が春服を楽しむための10のポイント

    30代にふさわしい春のメンズファッションを総特集。定番アイテムの活用術や旬の着こなし、さらにはセンス良く見せるテクニックまで、幅広く春服コーデを解説します。

    平 格彦

    日常の良き相棒。ワークパンツを上手に着こなそう

    日常の良き相棒。ワークパンツを上手に着こなそう

    タフなワークパンツはメンズの定番服。しかし、ワークパンツにはチノやカーゴなど多彩なタイプがあり、それぞれ持ち味も違います。適材適所で上手に取り入れましょう。

    山崎 サトシ

    BACK