文字通りロックオン! モンベルのサンダルに熱視線

文字通りロックオン! モンベルのサンダルに熱視線

シンプルな見た目とアウトドアブランドらしい機能性、さらには高いコストパフォーマンスを誇る『モンベル』のサンダルに注目。全大人におすすめしたい1足、紹介します。

編集フカザワ

2018.10.14

モンベル(mont-bell)
サンダル

サンダルだって注目の『モンベル』

アウトドアブランドの『モンベル』といえば、コストパフォーマンスの高さが魅力。顕著なアイテムでは3シーズン使えるインナーダウンです。冬には品切れも出る程で、アイテムの素晴らしさを痛感している方も多いのではないでしょうか? そんな『モンベル』のなかでも、夏はサンダルに注目。さっそく、独断と偏見で“最強サンダル”と題したラインアップを紹介します。

合わせて読みたい:
インナーダウンといえばココ! モンベルはやっぱりコスパ抜群

機能美を体現するモンベルのダウンジャケット

『モンベル』のサンダルは3,000円台からゲット可能!

アイテム1ソックオンサンダル/3,024円(税込)

S字の鼻緒が足にフィットする、ホールド感の高いコチラのソックオンサンダル。クッション性も高く、ミニマルな見た目も大人にマッチする1足でありながらアンダー3,000円台というコストパフォーマンスはさすがのひと言。

アイテム2ロックオンサンダル/3,672(税込)

ソックオンサンダルと同様にS字の鼻緒を装備。さらに、かかとにストラップが設けられているため、よりホールド感を向上させています。また、グリップ力の高いアウトソールも魅力。

アイテム3スリップオンサンダル/3,024円(税込)

S字とは異なる独特の構造の鼻緒が目を引くスリップオンサンダル。この鼻緒が足の甲にしっかりフィットしてくれるので、かかとが浮きにくい快適な履き心地が楽しめます。夏らしい鮮やかなカラバリも要注目。

アイテム4アクアグリッパー/5,400円(税込)

水辺での着用を想定したモデル。水中でも脱げないように設計されたストラップは素足への肌触りもよく、ホールド感にも優れています。高いグリップ力を誇るアウトソールは濡れた岩場でも滑りにくいのが魅力。夏のレジャーシーンはもちろん、旬なスポーツサンダルライクなデザインなのでタウンでもガシガシ使える1足です。

アイテム5キャニオンサンダル/4,536円(税込)

キャンプなどのレジャーシーンにはアッパーで覆われたキャニオンサンダルがおすすめ。水はけの良い構造なので海や川遊びでガシガシ使えるうえに、足を岩場から守ってくれるのが魅力です。こちらは屈曲性が高い素材を使用しており、アクティブな動きにもしっかりと対応してくれます。

うーん。『モンベル』はやっぱりコスパ最高ですな

『モンベル』の1足はトレンドを楽しむこともできて、品質もGOOD。加えて、懐にも優しいというあらゆる魅力が詰まっています。秋冬はダウン系のアイテムが人気でしたが、夏は『モンベル』のサンダルに目を向けてはいかがでしょうか?

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    一度ハマったら抜けられない。ベル&ロスの名作と人気モデルを解説

    一度ハマったら抜けられない。ベル&ロスの名作と人気モデルを解説

    フランス生まれの腕時計ブランド、『ベル&ロス』。歴史こそ古くありませんが、優れたデザインとその裏側を支える信頼性は老舗・名門にまったく引けを取りません。

    増山 直樹

    必見。名作シューズを人気セレクトショップ3社が再解釈

    必見。名作シューズを人気セレクトショップ3社が再解釈

    街着としてのアウトドアブームだとか、春夏のシーズン的な話だとか、このアイテムを語るうえでの“フック”はいくらでもあるだろう。ただ、どうもしっくりこない。「回りく…

    増山 直樹

    意外と簡単。ワイドパンツのタイプ別に大人の着こなしを解説

    意外と簡単。ワイドパンツのタイプ別に大人の着こなしを解説

    ワイドなパンツは着こなしが難しいと思われがちですが実は簡単。ルールさえ守れば、こなれ感のある大人のカジュアルスタイルを築くことができます。そのポイントをご紹介。

    平 格彦

    大人の足元にはまる。ニューバランス574の魅力とは?

    大人の足元にはまる。ニューバランス574の魅力とは?

    『ニューバランス』にはいくつもの人気なモデルがありますが、本記事では574に注目。どこが魅力なのか、その特徴と多角的にチェックします。

    Freeamericanidol編集部

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    季節の変わり目は服装やコーディネートに悩むもの。気温15度前後に適した服装を考えながら、快適に過ごすためのアイテム選びや着こなしテクニックを紹介します。

    平 格彦

    トレンドのサコッシュ。人気18ブランドをレコメンド!

    トレンドのサコッシュ。人気18ブランドをレコメンド!

    一過性のものではないサコッシュ人気。どんな風に使用すればいいのかも合わせて、好みのテイスト毎におすすめブランドをレコメンドしていきます。

    編集ナス

    BACK