オン・オフ使えて超~楽ちんな優秀パンツが4,860円!

オン・オフ使えて超~楽ちんな優秀パンツが4,860円!

ウエスト楽ちん、履き心地も快適、そのうえオン・オフで使えるなんて優秀すぎる『グローバルワーク』のイージーパンツ! これが4,860円(税込)だなんて買わなきゃ損!

編集カツラガワ

2017.05.30

グローバルワーク(GLOBAL WORK)
ボトムス
イージーパンツ

『グローバルワーク』のイージーパンツがめっちゃ楽ちん!

こちらのパンツ、見た目はきれいめなスラックスですが、ウエストがドローコードではき心地が楽ちんなイージーパンツなんです。今っぽいルックスやラフなはき心地に加え、4,860円(税込)というお手頃価格が魅力的!

楽ちん快適な秘密はココ!

まずはウエストのドローコードに注目。ウエストまわりを締め付けることなく、リラックスしたはき心地が味わえます。続いて、注目すべきは素材感! 汗をかいても、さっと吸収しすぐ乾くので、ムレやすい夏でもサラッとした肌触りで快適にはくことができます。

美シルエットにも注目!

とても楽ちんなイージーパンツではありますが、すっきりとしたシルエットのおかげで、ルーズになりすぎる心配はありません。レングスはそのままでもOKですが、裾をロールアップすると抜け感が出てより軽快に仕上がりますよ。

オンでもオフでも使える! あらゆるシーンで大活躍

セットアップのきれいめコーデ

こちらのイージーパンツ、別売りでジャケットの展開もあるのでセットアップでの着用も可能。こちらのようにセットアップで着こなせば、きちんと感あるオンスタイルに。

ラフな休日コーデ

もちろん休日スタイルにも最適ですよ。Tシャツにシャツをサラッと羽織って、足元はスポサン×ソックスでスポーティに味付け。リラックスムードを高めたいならあえてルーズなサイズ感を選ぶのもあり。

カラバリも豊富です。これで4,860円は買いでしょ!

ネイビー以外にもカラーバリエーションが豊富なので、お好みの色をチョイスして。オンにも使いたいならネイビーやグレーを、カジュアル仕様ならホワイトやベージュなどがおすすめですよ。

着心地も良くって、ルックスも良くって、汎用性も高い1本が5,000円以下で手に入るって、コスパ抜群! これは、今季買って損しない1本ですよ。いいなと思ったら、なくなる前にゲットすべし!

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    初心者歓迎。夏フェスファッションとスナップ集

    初心者歓迎。夏フェスファッションとスナップ集

    フェスのためのメンズファッションを紹介。フェスに着るウェアの選び方やおすすめのアイテム、コーデサンプルなど、フェスのためのコーデのポイントを幅広く解説します!

    Freeamericanidol編集部

    グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

    グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

    今ではすっかり春夏の定番と化した『グラミチ』のショーツ。その魅力やシルエットの違いについて詳しく紹介するとともに、おすすめのモデルもお届けします。

    山崎 サトシ

    半袖サマーニットが上品な夏の大人コーデを約束する

    半袖サマーニットが上品な夏の大人コーデを約束する

    Tシャツのように気軽に取り入れられ、それでいて着こなしが上品かつ大人っぽく仕上がる。そんな半袖サマーニットの魅力からおすすめ、着こなし方までをご紹介します。

    近間 恭子

    温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

    温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

    1980年代に誕生した『ナイキ』のインターナショナリスト。その人気ぶりと背景にある魅力を中心に、同モデルについて掘り下げて紹介します。

    Freeamericanidol編集部

    サマースタイルを精かんに。ネイビーTシャツの着こなしとおすすめ9選

    サマースタイルを精かんに。ネイビーTシャツの着こなしとおすすめ9選

    ホワイトTに続き汎用性の高いネイビーTシャツ。爽やかな1枚はどうやって着こなすべきか、そして大人が選ぶべき良質な逸品とは。

    Freeamericanidol編集部

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    キャップは春夏の定番小物。特に、大人コーデと好相性のいいブラックのキャップは重宝します。コーデ実例やおすすめ品を参考に、黒キャップをおしゃれに取り入れましょう。

    ai sato

    BACK