レトロな雰囲気がドンズバ。ナイキのコルテッツが今の気分にハマる!

レトロな雰囲気がドンズバ。ナイキのコルテッツが今の気分にハマる!

発売45周年を迎える『ナイキ』のコルテッツが、最近また注目の的に。その理由をひも解きながら、おすすめモデルからコーデまでコルテッツの良さを深掘りします。

近間 恭子

2017.05.11

ナイキ(NIKE)
スニーカー
春の着こなし・コーデ

永遠の定番。『ナイキ』のコルテッツとは

『ナイキ』としての初のスニーカーであり、永久定番ともいえるコルテッツ。ブランドを象徴するスウッシュロゴを大胆に配したアイコニックなデザインが、シンプルながらもレトロな雰囲気を放っています。さらにコルテッツならではのクラシックなシルエットは唯一無二。そもそも耐久性と快適な履き心地を両立したランニング用スニーカーゆえ、機能性にも優れた名作なんです。1972年の発売以降も進化を続け、爆発的な人気を誇っています。

陸上界に新風を吹き込んだ、コルテッツ

コルテッツが誕生したのは1972年。元陸上競技のコーチだった『ナイキ』の創始者でもあるビル・バウワーマン氏の試行錯誤によって完成しました。軽量でクッション性に優れるランニングスニーカーとして、陸上界に新風を吹き込んだのです。また、シンプルで万能なデザインがファッション業界にも受け、普段の着こなしにも取り入れられるように。しばらく店頭から消えていた時期もあったようですが、現在はナイロンやレザーといったさまざまな素材使いで展開されています。

そして今また、コルテッツの人気が急上昇!

ここ数年続いたスニーカーブームはひと段落し、今や老若男女問わず足元の定番に。最近はハイテク系ではなくクラシックなスニーカーが注目されているため、コルテッツ人気が再燃しているというわけ。どんなコーディネートにも溶け込みやすく、かつ品よく仕上がるところが支持されています。また、カラーリングによって表情が異なり、カジュアルにもきれいめにも履きこなせるというのも魅力ですね。

同じようでディテールが違う。コルテッツの種類を紹介

ベースとなるデザインはほとんど変わらないですが、実はコルテッツはさまざまな種類が存在します。そのなかでも外すことができず、かつ私的におすすめのモデルをピックアップしてみました。

クラシック コルテッツ ナイロン

ランニングシューズならではのレトロな雰囲気を放つのが、こちらのモデル。ナイロン×スエードのコンビネーションが特徴で、履き心地同様、見た目にも軽快な印象を与えます。丸みを帯びた愛敬のあるすっきりとしたフォルムはバランスが取りやすく、コーディネートにも組み込みやすいはず。

クラシック コルテッツ レザー

ホワイト×レッドのレトロなカラーリングも、オールレザー製だと洗練された雰囲気が漂います。フルグレインレザーを使用しているので、表情豊かな足元を演出。軽くてクッショニングに優れたソールで1日中履いても疲れ知らずです。

クラシック コルテッツ ナイロン プレミアム

クラシック コルテッツ ナイロンの進化版がこれ。最大の特徴は、誕生から45年という歴史をたたえた“XLV”のインソール。さらに初期モデルをほうふつとさせる、シュータンの筆記体のロゴもカッコいいんですよね。マニアならずとも、このディテールが刺さるっていう諸兄も多いのでは?

コルテッツ ウルトラ ブリーズ

“ナイキテックウルトラメッシュ”という独自のメッシュ素材でアップデートさせた1足。通気性が高いゆえに、軽くてムレにくいというのが特徴です。さらに異なる密度のフォーム採用したミッドソールによって、抜群のクッショニングを実現。どこかモダンなルックスも魅力です。

コルテッツ ベーシック ジュエル

ほかのコルテッツと異なるのはスウッシュのロゴ。こちらはクラシカルなジュエル加工による小ぶりなロゴに仕上げられています。このロゴのほうが独特なフォルムのレトロ感が、より引き立って見えます。ヘリンボーンのアウトソールなどはオリジナルを忠実に再現。

カラーバリエーションも豊富なコルテッツ。ライターおすすめカラーはこの3色

コルテッツはカラーバリエーションが豊富なのも1つの特徴。私的には、コーディネートに取り入れやすい以下のカラーがおすすめです。

ホワイト×レッド×ブルー

『ナイキ』のコルテッツといったら、やはりこのカラーリングですよね。レトロなデザインがより引き立ちますし、なによりトリコロールカラーが爽やかで軽快な足元を演出します。ホワイトスニーカー感覚でスタイリングできるので、使い勝手も抜群です。

ブラック×ホワイト

ダークトーンが多くなりがちな秋冬スタイルにマッチするのが、ブラック×ホワイトのモノトーンカラー。街で見かける機会も多く、特に大人に支持されているカラーリングだと思います。レトロ感をキープしつつもモダンな足元に仕上がるので、幅広いコーディネートにマッチしますよ。

ネイビー×ホワイト

ネイビー×ホワイトは、ブラック×ホワイトに比べるとほんのり上品な印象。爽やかさや清潔感も演出できるので、女子ウケも抜群だと思います。このカラーリングの特性を生かすなら、セットアップなどを使ったきれいめスタイルのハズシとして取り入れるのがおすすめ。

どう履きこなす? コルテッツを取り入れた好サンプルをチェック

コルテッツの魅力を知ったところで、次はコーディネートへの取り入れ方を伝授します。街の洒落者たちは、コルテッツをどう履きこなしているのか。ぜひチェックしてみてくださいね。

ストイックなまでの色合わせがコーデ成功の秘訣

コルテッツのカラーリングに合わせ、着こなしもネイビー×ホワイトで統一しているのがポイント。スタイリング自体はカジュアルですが、そのカラーリングによって上品な印象へと格上げしています。ブリムの広いハットで、さらなるおしゃれ感をプラスしているのもお見事。

クリーンな配色と今どきのシルエットバランスが絶妙

ホワイトカラーのスウェットとグレーパンツの合わせに、トリコロールカラーのコルテッツが好マッチ。カジュアル度の高いアイテムをセレクトしていながら、どこか清潔感や爽やかさも漂っています。また、各アイテムを旬のゆったりめのサイズ感に仕上げているのも技アリ。

上品なバイカラーでカジュアルコーデをワンランク上へ

こちらもコルテッツのカラーを拾ったアイテムでコーディネート。ベージュ×ブラックのバイカラーが、エレガントな雰囲気を醸しています。スウェットパーカーとソックスはソールと同色のホワイト系で揃え、スタイリングに適度な抜け感を出しているのも◎。

きれいめセットアップをスニーカーでカジュアルダウン

最近はセットアップを休日に取り入れるコーデをよく見かけますが、その好例ともいえるのがこの方。ネイビーのセットアップをコルテッツとTシャツで見事にラフに着こなしています。どちらもベースがホワイトで清潔感をキープしている点もグッドです。

適度にメリハリをつけたカラーバランスがお見事

スニーカーとTシャツの色をさりげなくリンクさせ、デニム調のジャケットで程よく上品
に。まさに休日ジャケットスタイルのお手本ともいえる着こなしだと思います。ジャストサイズのトップスに、あえて今どきのゆったりとしたパンツを合わせているのもいい感じ。

モノトーンが決め手のスポーツMIXコーデ

コルテッツのスニーカーやコーチジャケットとスポーティなアイテムを多用していながら、全体をモノトーンカラーでまとめることでモダンかつクールな雰囲気に。あえてジャストなサイズ感でまとめることで、メリハリあるカラーリングをより引き立てたところもポイントです。

洗練された雰囲気漂う技ありモノトーンコーデ

シャツからボトムス、ソックスにいたるまでをホワイトで統一。そこにコルテッツのブラック×ホワイトを効かせているのがポイント。モノトーンコーデながらもモードになりすぎず、逆に洗練された印象に着こなしているのはさすがです。今っぽいサイズ選びも勝因。

クセの強いアイテムを足元でクリーンに昇華

チャイナジャケットのディテールを取り入れた個性派カバーオールに、プリーツ入りのきれいめパンツをスタイリング。足元はホワイト×ブラックのクリーンなコルテッツで、こなれた抜け感を出しつつもバランスを図っているのがいい感じです。リラックス感あるフィッティングも今どき。

鮮やかなコルテッツで定番コーデを格上げ

やや難易度の高いビビッドなブルーのコルテッツをセレクト。それでいてうまくまとまっているのは、定番アイテムを使ったシンプルなアメカジスタイルに仕上げているから。パーカーとボーダーTシャツの色をスウッシュロゴとさりげなくリンクさせたところにも注目を。

アースカラーのカラーリングを足元で締める

カーキのシャツにグレーのパンツを合わせた着こなしを、ブラック×ホワイトのコルテッツでピリッと引き締め。イージーパンツながらも美しいテーパードシルエットなので、スニーカーとの合わせもラフになりすぎません。絶妙なサイズバランスも参考になるはず。

合わせて読みたい! スニーカーガイドの保存版

スニーカーの定番10大ブランドと各社の人気モデルを厳選。スニーカー好きは必見です。

合わせて読みたい:
人気モノ大集結! 絶対にハズさない、おすすめスニーカーブランド一覧

    KEYWORD関連キーワード

    BACK