サンダルだけじゃない。テバの高機能シューズ徹底紹介

サンダルだけじゃない。テバの高機能シューズ徹底紹介

スポーツサンダルの大定番ブランドとして知られる、『テバ』。しかし、同ブランドの技術力を駆使したハイスペックなシューズも魅力的。その詳細を解説します。

横山 博之

2017.05.15

テバ(Teva)
サンダル
夏の着こなし・コーデ

夏こそ『テバ』の季節。今年注目すべき1足とは?

スポーツサンダルを世界で初めて開発したという『テバ』は、同ジャンルのパイオニアとして今でも高い人気を誇ります。支持を得ている理由は、やはり技術開発力。そんな技術を集結させたハイスペックスニーカーこそ、今シーズンは狙いたいモノ。スポーツやアウトドア愛好家たちの間で人気が高まっています。

『テバ』のシューズは何がスゴい? 特徴をまとめてご紹介

アウトドアサンダルの雄だからこそ、そのスニーカーには一般的なスポーツブランドとは違った設計思想が宿っています。さまざまなフィールドで使える機能性、それを実現する独自の高機能素材、そして優れたデザイン性が、『テバ』のスニーカーにはあります。

魅力1足への絶妙なフィット感

『テバ』のスニーカーの多くのモデルには、ネオプレーンゴム製のアッパーを採用しています。この素材は、ソフトで速乾性に優れているのが特徴。サンダル同様、足に絶妙にフィットしつつ、水にぬれても乾きやすいんです。履き口もやわらかく、靴下のように足を包んでくれます。

魅力2クッション性の高いソール

『テバ』には素材開発力があり、履き心地を大きく左右するソールには独自素材を採用しています。スニーカーモデルには、驚くほどの軽さとクッション性を実現しつつ、アウトソールに耐久性、耐摩耗性、グリップ力も備えた「Float-Lite(フロートライト)」を採用。とにかく軽いのに、ラフに扱えるんです。

魅力3無二のデザイン性にも注目

もちろんデザイン性の高さも、『テバ』の魅力の1つ。創業者がコロラド川のラフティングガイドだったことから、アウトドアをベースにした機能的なデザインが息づいています。たとえば「アローウッド エボ ウォータープルーフ」には、サンダルでお馴染みのユニバーサルストラップをあしらい、個性的なアクセントにしています。

サンダルもシューズも紹介。初心者に贈る『テバ』のシューズ一覧

『テバ』で人気のモデルは何か? ブランドのことをよく知らない人でも『テバ』の世界観を理解できる、ハイスペックスニーカーから定番のスポーツサンダルまでの10足を厳選しました。好みのモデルを探してみてください。

アイテム1アローウッド エボ ウォータープルーフ

名作「ハリケーン XLT」に見られるストラップのディテールを採用した「アローウッド エボ ウォータープルーフ」。ソールには独自のフロートライトを採用。ライニングには防水透湿素材のTIDEシールを採用し、雨天時も快適です。グレーを基調にしたカラーリングもアーバンライフに映えそうです。

アイテム2アローウッド スウィフト レース

シューレースを採用した「アローウッド スウィフト レース」。軽量でクッション性の高いソールのフロートライト、伸縮性のあるネオプレーンゴムアッパーを採用し、履き心地は抜群。街はもちろん、山などでも活躍します。プルストラップ付きで脱ぎ履きも容易です。

アイテム3アローウッド スウィフト スリッポン

ポッと履けるスリッポンタイプの「アローウッド スウィフト スリッポン」。面ファスナーもついているので、アクティブに活動するときはフィット感を高めることもできます。フロートライトソールやネオプレーンゴムアッパーを採用。ヒールカウンター付きで、かかとがズレにくい構造です。

アイテム4アローウッド ラックス ミッド WP

ミッドカットのトレイルスニーカー「アローウッド ラックス ミッド WP」。耐久性に優れたフルグレインレザーアッパーを採用し、山道での安全性を高めます。ソールには軽量なフロートライトを合わせたことで、レザーアッパーながら全体の重量を低減しています。防水透湿ライニングのTIDEシールも使われ、オールウェザーに対応します。

アイテム5ハリケーン XLT

ブランドの代表作が、この「ハリケーン XLT」です。甲幅、かかと、足首の3点を調節できるユニバーサルストラップシステムを採用し、自分の足にピッタリフィットさせることができます。かかとにはポリウレタンとEVAを混合したShoc Padを搭載し、着地時に足にかかる衝撃を和らげます。

アイテム6テラフロート ユニバーサル ライト

「テラフロート ユニバーサル ライト」は、耐久性やグリップ力などソールとして必要な機能を満たしながら、驚くほどの軽量性を実現したフロートライト仕様のサンダルです。フィット感を高めるストラップは健在で、裏に施したレザーパッドが肌あたりをスムーズにしてくれます。

アイテム7ハリケーン トゥ プロ

「ハリケーン トゥ プロ」は、その名のとおり、つま先にガードがついたモデル。テントサイトや水辺でのレクリエーションのときに、岩や石からつま先を守ります。蹴り出す力を高めるポリウレタン×EVA混合素材のShoc Padや、抗菌作用のあるMicroban Zincといった機能も備えます。

アイテム8マッシュ II

『テバ』ではこの「マッシュ II」のような、サッと楽に履けるトングサンダルも展開してます。低反発&軽量なクッションソールマッシュを採用し、一度履いたらやめられない心地よさを提供しています。色バリも豊富です。

アイテム9オリジナル ユニバーサル

スポーツサンダルを世界で初めて開発した、『テバ』の原点を色濃く残しているのが、この「オリジナル ユニバーサル」です。EVAトップソールに耐久性の高いラバーのアウトソール、ユニバーサルストラップシステムを採用。『テバ』のサンダルが"走れるサンダル"と呼ばれる由来となったモデルです。

アイテム10ユニバーサル スライド

名作「オリジナル ユニバーサル」をベースに、『テバ』で初めてスライドタイプに対応したスポーツサンダル「ユニバーサル スライド」。一度適切な長さにストラップを設定した後は、着脱するたびに調節する必要がありません。

『テバ』のシューズを取り入れたコーデサンプル集

実際に『テバ』を使った着こなしを見てみましょう。ポイントとなるのは、スニーカーの場合は、アウトドアなテイストを上手に生かす方法。サンダルの場合は、パンツとのバランスや素足履きかソックス履きかの選択です。

コーデ1色や小物で大人コーデに

ポロシャツに膝上丈ショーツ、そしてサンダルと、暑い季節にピッタリなコーデ。下手をすると子供っぽくなりがちですが、全身をブラックのトーンで統一したり、シルバーブレスやクラッチバッグといった小物を使うことで、大人な着こなしを完成させています。

コーデ2シアサッカーのセットアップに

肌に接する生地面積が少ないシアサッカー素材は、暑い季節によく使われる涼感素材。そのセットアップになら、サンダルを素足履きしても目指す方向性が一緒なので、まとまりのよいスタイリングを実現できます。ストローハットやサングラスを差すことで、リゾートなイメージに。

コーデ3ワイドパンツとの合わせ方

ワイドパンツとサンダルの合わせ方の好例ともいえるコーデです。このようにワイドかつ半端丈のパンツの場合、サンダル素足履きだと貧相に見えてしまう可能性があるため、ソックス履きしたほうがバランスがよく見えます。

コーデ4ミックステイスト

トップスのような迷彩柄は、コーディネートのキモとなるアイテム。それだけでも成立しますが、ミリタリーな印象を少し中和したいなら、この着こなしのようにライン入り程度のデザインが入ったサンダルを合わせると、スポーツミックスな雰囲気を出せます。

コーデ5王道カジュアルスタイル

スタンダードなカジュアルスタイルです。ソリッドなブラックのTシャツに色落ちジーンズという定番の組み合わせに、素足履きのサンダルを合わせることで、季節感のある抜けを出しています。同じくブラックのハットをかぶることで、大人な雰囲気も。

コーデ6ジャケットを使ったオフコーデ

テーラードジャケットを使ったコーディネートです。綿パナマ織りかつ7分袖というリラックス感のあるジャケットですが、やはりテーラードということで身ぎれいなイメージ。そこにアンクルストラップもある『テバ』のサンダルを加えることで、「オフの着こなし」であることを明確に宣言しています。

コーデ7トップとボトムスで色リンク

細部を色合わせできると、「いいね!」と思わずいいたくなるコーディネートができるもの。ビーニーとスニーカーのソールの色を合わせたこちらのコーディネートも、まさに「いいね!」な着こなし。素足またはくるぶし丈のソックスにして、足元にちらりと素足をのぞかせているのもポイントです。

コーデ8モノトーンコーデ

ブラックの上下をベースに、腰から垂れ下がったガチャベルトや『テバ』のスニーカーのホワイトカラーがコントラストを生んでいます。ニットを使ったトップスはモダンでやさしげな雰囲気がある一方、足元は機能的でシュッとしていて、テイストもミックスされています。

コーデ9シューズで着崩す

モノトーンをベースに統一感を出しておけば、ドレス由来のチェスターコートと『テバ』のスニーカーを合わせることも可能に。タックインした襟付きシャツなど、ドレッシーな着こなしながら、アウトドアがベースのスニーカーが現代的な着崩しを演出しています。

コーデ10マリンコーデ×サンダル

ネイビーとホワイトでまとめたマリンコーデ。ハットやネックレスなどのアクセ使いがリゾート地でのスタイルをほうふつとさせます。ここでサンダルを素足履きすれば、さらに雰囲気が高まりますが、実際には砂浜ではなく街を歩くわけですので、ソックス履きのほうがよりリアルな着こなしに。ライン入りソックスで、スポーティさも出ています。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    アノラックに注目。旬デザインのパーカーを着こなしに取り入れよう

    アノラックに注目。旬デザインのパーカーを着こなしに取り入れよう

    アウトドアウェアの定番であるアノラックが注目されています。その理由を解説しつつ、押さえておきたいアイテムやタウンユースに落とし込む方法をご紹介。

    編集フカザワ

    コーチジャケットが着回しやすい! ハズさないブランド&コーデ術

    コーチジャケットが着回しやすい! ハズさないブランド&コーデ術

    90年代ファッションやスケートカルチャーへの関心から、コーチジャケットが注目されている。シンプルで着回しやすい万能アウターの注目ブランドと着こなし方を解説しよう。

    菊地 亮

    ダウン級! 軽くて暖かいインサレーションウェアに注目

    ダウン級! 軽くて暖かいインサレーションウェアに注目

    真冬から春先まで活躍するインサレーションウェアに注目。「インサレーションとは」という基本や特徴、選び方、おすすめなどを多角的に紹介します。

    平 格彦

    チャッカブーツといえばこの10足。注目ブランドも着こなし方も解説します

    チャッカブーツといえばこの10足。注目ブランドも着こなし方も解説します

    スエードやスムースレザーを採用した上品なルックスながらも、カジュアルな雰囲気を持つチャッカブーツ。幅広い着こなしに取り入れられるので、1足あると確実に重宝する。

    大中 志摩

    6つの基本を押さえよう。ニット帽のおしゃれなかぶり方

    6つの基本を押さえよう。ニット帽のおしゃれなかぶり方

    秋冬のおしゃれに取り入れたいニット帽。でも合わせ方がわからない……という人も案外多いのでは? ニット帽のかぶり方、選び方、取り入れ方をまとめてご紹介します!

    Freeamericanidol編集部

    ナイキエアの注目作。エア ヴェイパーマックスは見た目も機能も最先端

    ナイキエアの注目作。エア ヴェイパーマックスは見た目も機能も最先端

    『ナイキ』が誇るエアマックスを、より進化させたエア ヴェイパーマックス。同ブランドらしい最新テクノロジーを掘り下げつつ、今購入できるラインアップに迫る。

    小林 大甫

    BACK