時期尚早じゃない。春からチェックしたいサンダル一覧

時期尚早じゃない。春からチェックしたいサンダル一覧

カジュアルコーデのキーワードである"リラックス"の表現に欠かせないサンダル。旬のスポーツサンダルから定番のレザーサンダルまで、押さえておきたい注目作を紹介します。

横山 博之

2017.05.16

サンダル
春の着こなし・コーデ

2017年に履きたい。最新サンダル事情をチェック

"リラックス"のキーワードやスポーツミックススタイルからトレンド入りしたスポーツサンダル。今季も、数多くのセレクトショップで別注モデルが予定されていることを見ても、人気継続は確実です。その一方で、レザーサンダルの存在が忘れられがちですが、レザー素材が持つ高級感が大人のオフコーデに最適だという事実に、変わりはありません。TPOに合わせて、これら2タイプのサンダルを使い分けるのが、おしゃれ上達者への道といえるでしょう。そこで、それぞれの人気モデルをご紹介します。

春から活用できる。おしゃれなサンダルのブランド&おすすめを紹介

サンダルで重要なのが、フィット感。自分の足とズレていると履きにくいですし、アンバランス感は見た目にも生じてしまうからです。そのため、立体的なフットベッドや機能的なストラップを有する定番ブランドを中心にセレクトしました。

▼スポーツサンダルのおすすめ5選

春夏コーデに欠かせない存在ともいえる、スポーツサンダル。定番ブランドの機能的かつ、見た目もグッドなアイテムをピックアップ。

『テバ』

世界に先駆けてストラップ付きのスポーツサンダルを開発したのが、テバです。この「テラフロート ユニバーサル」のように、激しい動きでも足から脱げないようアンクルストラップをいち早く採用しました。ハイテク素材も積極的に採用し、このモデルには「フロートライト」を採用。驚くほどの軽さとクッションを実現しつつ、耐久性と耐摩耗性、グリップ力を備えます。

『チャコ』

スポーツサンダルブームの火付け役の1つが、この『チャコ』。民族調の織り柄をウェビングテープに表現するなど、ファッショナブルなアプローチを率先したことで、大きな話題を呼びました。「Z1 クラシック」は、そんなチャコのロングセラーモデル。昨今はソリッドカラーがトレンドですが、こうした織り柄もラインアップされています。

『スイコック』

『スイコック』のスポーツサンダルの魅力は、とことん履き心地を追求したこと。世界的ラバーソールメーカーのビブラム社と共同開発した、軽量&耐摩擦性に優れたモルフレックスソールを使用した「KISEE-V」は、ほかのサンダルとは段違いのフィット感とクッション性を味わえます。

『シャカ』

南アフリカで創業し、民族調の織り柄をしたウェビングベルトで90年代に話題になった『シャカ』は、つい数年前に復刻。当時のアーカイブを忠実に再現しながら、モダンなデザインに昇華しています。現在はソリッドカラータイプが主流で、「チルアウト」のようにアンクルストラップのないモデルも、脱ぎ履きしやすいと人気が高まりつつあります。

『ザ・ノース・フェイス』

優れた機能性を追求しつつ、ハイセンスなデザインでも人気の『ザ・ノース・フェイス』。スポーツサンダルのクオリティも高く、業界をけん引する存在です。その主力モデル「ウルトラ ティダル 2」は水陸両用で幅広く活用でき、アーチサポートを搭載した3層構造のEVAミッドソールを採用。フィット感を高めるN字型のストラップウェビング構造も特徴的です。

▼レザーサンダルのおすすめ5選

きれいめコーデに合わせたい、ラフになりすぎたくない、そんな方にはレザーサンダルがおすすめ。上品な足元を演出する1足をご紹介します。

『ビルケンシュトック』

レザーサンダルといって、誰もが一番に思いつくだろうブランドが『ビルケンシュトック』。デザインも豊富で、スポーティからシックまで揃えることもできます。「チューリッヒ スエードレザー」はレザーの面積の広いスリッポンタイプで、足元をちょっと品よく見せたいときにピッタリです。

『コロンビア』

スポーツアイテムの多いコロンビアですが、「チャドウィックハンドニット」のようなレザーサンダルも展開しています。正面には、1つひとつ手編みしたというニットをあて、日焼けと型崩れを防止。足元に、さりげなくナチュラルなニュアンスも与えます。フットベッドはコルクのようなやわらかで、足に心地よくフィットします。

『アイランド スリッパ』

ハワイには有名なビーチサンダルブランドがありますが、実は秀逸な革製サンダルを提供する『アイランド スリッパ』も存在します。アメリカ本土の厳選された革素材を使い、ハワイの自社工場で作られた「レザーサンダル」は、見た目はシンプルながら上品な雰囲気。ハズしのアイテムとしても重宝しそうです。

『ブッテロ』

イタリア・トスカーナにて誕生した『ブッテロ』は、同地で取れた高級レザーを使ったシューズで知られるブランド。ブーツや短靴が有名ですが、「B2603 レザーサンダル」のようなモデルも展開。肉厚でキメの細かい上質なレザーを使ったストラップが、高級感を漂わせます。

『パラブーツ』

名作シャンボートなどで知られるフランスのシューズブランド、『パラブーツ』。「オーシャニック レザー ストラップサンダル」は、靴作りの伝統をいかんなく発揮したモデルです。シューズとサンダルの中間のようなデザインで、抜群の履き心地のよさを備えます。

どう履くの? サンダルのおしゃれなコーディネート

素足でもソックスでも履けるため、足元に生じる抜け感の具合を自在にアレンジできるのがサンダルの利点。そのため、膝上丈のショーツからくるぶし丈のパンツまで、どんなパンツでも合わせやすいのが特徴です。サンダルとパンツとの関係に注目してみると、着こなしの良し悪しがわかってきます。

王道スポーティスタイル

スポーツサンダルがすんなりとハマりやすいのは、やはりスポーティなスタイル。キャップに原色系の高機能マウンパといったいでたちに、ウェビングテープのサンダルが見事にマッチ。さらにポイントはバランス感。膝上丈のショーツはさわやかな半面、下手をすれば子供っぽくなりますが、トップスにボリューム感を出すことで大人の着こなしになっています。

モノトーンで生かす

ブラックでウェアを統一しようとすると、ついベーシックすぎて面白みがなくなりがち。スニーカーだと普通だし、レザーブーツはハードになりすぎてしまいますが、サンダルを合わせればちょっとした変化が生まれます。さらに、サンダルに取り付けられた白のネームタグに呼応して、ソックスにも白のライン入りを合わせたのも技ありです。

ナチュラル&クリーン

全身をやわらかなペールトーンでまとめることで、ナチュラルでやさしげな雰囲気を醸成。そこに赤いネックレスや黒のレザーサンダルを合わせることでネイティブなアクセントが生まれ、個性を引き立てています。また、ハットとサンダルが黒であることで、引き締まった印象も与えます。

レイヤードで色リンク

真っ白だと平たんに見えてしまうところですが、黒のラウンドカットタンクトップを下にレイヤードすることで引き締め効果をプラス。さらにレザーサンダルの色もリンクさせることで、レイヤードしたタンクトップのカラーに意味が生まれ、説得力のある着こなしができています。

ミリタリーMIXスタイル

ロングのミリタリーシャツも、こうしてショーツ&サンダルと合わせれば初夏のシーズンにも使えるアイテムに。シャツの着丈に合わせて、ショーツは短すぎないサイズをチョイス。ホワイトカラーが暑い季節に映えます。

リゾートスタイル

ホワイト×インディゴは大定番の組み合わせ。ある種、究極の男のカジュアルコーデである白T×ジーンズに、肩掛けしたデニムシャツや白のサンダルといったディテールを組み合わせることで、より多面的で魅力的な着こなしを実現しています。また、デニム特有の重厚感には、サンダルを素足履きして抜け感を出すのが吉です。

ソックスで個性を利かす

以前は民族調の織り柄でサンダルそのものがカラフルでしたが、昨今はソリッドカラーが定番。しかし、それならソックスをアレンジしてしまえばいい、という好例がこちら。シャンブレーシャツにカーゴショーツというベーシックなスタイルに、マルチカラーのソックス&レザーサンダルを合わせることで、グッと個性が引き立ちます。

サンダル×ジャケット

ストレッチを効かせながら、シルエットもきちんとしたジャケットにも、サンダルは合うんです。ウェアには、バスクシャツ×リネンシャンブレーショーツと、季節感漂うアイテムをチョイス。そこに、素材由来の"品"があるレザーサンダルが、違和感なくマッチします。カジュアルな素足でも、スポーティなソックスでもない、アンクル丈ソックスというチョイスも絶妙です。

ワイドパンツと合わせて

同じくリラックスした雰囲気を表現できるのがワイドパンツですが、これとサンダルを合わせるときには丈の長さに気を配りたいところ。ソックスを履く場合、パンツとの隙間から素肌が見えてしまうのはバランスが悪いので、適切な長さのものを選びましょう。ボトムスにボリューム感を出したため、トップスは抑えめにするのが鉄則です。

グルカサンダルを主役に

つま先から足首まで、いくつものウェビングテープが巻かれているグルカサンダルも定番の1つ。テープの面積が広いため、素足で履いてもカジュアルすぎる印象になりません。また、インナーに着込んだボーダーがサンダルのウェビングテープとイメージ的につながりを持っているのが、この着こなしの面白いところです。

ビルケンシュトックのサンダル、まず何を狙う?人気12モデルを大解剖

ビルケンシュトックのサンダル、まず何を狙う?人気12モデルを大解剖

サンダルを語るうえで欠かせない存在といえる『ビルケンシュトック』。履き込むほどに快適さが増すサンダルの魅力を掘り下げつつ、定番人気のモデルを網羅的にご紹介!

那珂川廣太

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    初心者歓迎。夏フェスファッションとスナップ集

    初心者歓迎。夏フェスファッションとスナップ集

    フェスのためのメンズファッションを紹介。フェスに着るウェアの選び方やおすすめのアイテム、コーデサンプルなど、フェスのためのコーデのポイントを幅広く解説します!

    Freeamericanidol編集部

    大人のTシャツコーデ25選。シンプルなのにこなれた着こなし見本

    大人のTシャツコーデ25選。シンプルなのにこなれた着こなし見本

    春夏のワードローブに必須のTシャツ。つい定番を選ぶゆえに、コーデがマンネリになってしまう人も多いはず。おしゃれな人のコーデから着こなしのヒントを探りましょう。

    CANADA

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    サコッシュ人気の流れで、需要が高まっているミニショルダーバッグ。小ぶりながら収納力に優れた逸品たちは、いまやスタイリングのアクセントとしても重要な立場に。

    Freeamericanidol編集部

    アディダスのサンダルが街使いでも人気。おすすめ10選とおしゃれな履き方

    アディダスのサンダルが街使いでも人気。おすすめ10選とおしゃれな履き方

    スポーツMIXが浸透してきた最近は、おしゃれとして取り入れる人も増えている『アディダス』のサンダル。なかでも人気の「アディレッタ」を中心に、おすすめモデルを紹介!

    ai sato

    サマースタイルを精かんに。ネイビーTシャツの着こなしとおすすめ9選

    サマースタイルを精かんに。ネイビーTシャツの着こなしとおすすめ9選

    ホワイトTに続き汎用性の高いネイビーTシャツ。爽やかな1枚はどうやって着こなすべきか、そして大人が選ぶべき良質な逸品とは。

    Freeamericanidol編集部

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    キャップは春夏の定番小物。特に、大人コーデと好相性のいいブラックのキャップは重宝します。コーデ実例やおすすめ品を参考に、黒キャップをおしゃれに取り入れましょう。

    ai sato

    BACK