オーシバルの人気者。バスクシャツの魅力とおすすめ

オーシバルの人気者。バスクシャツの魅力とおすすめ

春夏のワードローブに重宝するボーダーカットソー。大人が選ぶなら、上品なルックスで着心地もいい『オーシバル』のバスクシャツがおすすめです。

モチヅキ アヤノ

2018.03.24

オーシバル(ORCIVAL)
トップス
カットソー
ボーダーカットソー
春の着こなし・コーデ

上品で心地良い。『オーシバル』のバスクシャツ

1939年フランスで誕生した『オーシバル』。その名は、フランス中央部のオーヴェルニュ地方にある小さな村の名前に由来しています。1950〜60年代にフランス海軍で同ブランドのマリンTシャツが制服に採用されていたことでも有名です。

『オーシバル』といえば、首元がボートネックになっているバスクシャツが代名詞。ベーシックなデザインゆえに、大人のカジュアル着として愛用されています。さらに多くの人々が愛してやまない理由は、上質な素材を用いてこだわりの手法で編まれた生地にあり。丈夫でありながら通気性にも優れ、快適な着心地を提供してくれます。また着込むほどに風合いが増すのも魅力なんです。

今欲しい、『オーシバル』のバスクシャツ。そのバリエーションをご紹介

丈夫で着心地の良いバスクシャツは、1枚あるととくにこれからの季節に重宝します。デザインやカラーのラインアップも豊富に揃っているので、おすすめをピックアップしてご紹介。

『オーシバル』の定番ともいえるラッセル編みで仕立てられた生地を採用したボーダーカットソー。しっかりとした厚手の生地ですが、着込むほどに体になじみ、経年変化を楽しめる点が魅力です。ホワイト×ブルーの爽やかなパネルボーダーはこれからの季節にぴったり。

こちらは全面にボーダーが施されたタイプ。太番手の空紡糸で編まれた生地は、程よい肉厚感でふっくらとした仕上がりが特徴です。それでいて軽やかな着心地が味わえる点も◎。カラーバリエーションが豊富で、グリーンやイエローなど鮮やかな色も揃っています。

夏にサラリと着こなしたい軽快な半袖仕様の1枚。通常のアイテムより、糸を多く使って編み立てているため柔らかい肌触りが特徴です。首元を美しく見せるボートネックなので、1枚で着ても子供っぽくなりません。

アイテム4カットソー

ボーダーのイメージが強いバスクシャツですが、無地のアイテムもラインアップ。ボートネックやボディラインに寄り添うシルエットですっきりと着られる1枚です。

カラフルなマルチボーダーが目を引く1枚は、コーディネートの主役にもってこい。同ブランドならではのラッセル生地で仕立てられているため、通気性や耐久性は申し分ありません。

『オーシバル』のバスクシャツを取り入れたコーデサンプルをチェック

カジュアルながらも品のある仕上がりで、大人の休日着にうってつけな『オーシバル』のバスクシャツ。参考にしたい、おしゃれな着こなしサンプルを紹介します。

ボーダーTシャツとジーンズは相性抜群の組み合わせ。ともすれば、シンプルにまとまりすぎてしまうので、ラフに着崩したいならダメージジーンズを選ぶのがおすすめです。

こちらは、60年代のフランス映画に出てきそうなスタイリング。ボーダーカットソーと濃紺ジーンズのシックな着こなしに、首元に巻いた赤のバンダナでアクセントを投入。

ボーダーTシャツは1枚で着るのはもちろん、シャツのインナーとしても活躍。シンプルになりがちな夏の着こなしこそ、差し柄として有効です。ジーンズ、バッグ、サンダルをホワイトでまとめた爽やかな夏スタイルを提案。

『オーシバル』のバスクシャツはややタイトフィットといわれていますが、大きめサイズを選べばルーズなバランスで着こなせます。ボトムスもワイドパンツをセレクトして、リラックスムード高めのスタイリングに。

ボーダーカットソーはカジュアルな印象が強いですが、細身パンツとローファーを合わせればきれいめな表情に。カットソーの袖とパンツの裾をロールアップした絶妙なバランスも要チェックです。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK