マイボトルに! オフィスで使えるステンレスボトル

マイボトルに! オフィスで使えるステンレスボトル

飲み物をゴクゴク飲みたくなるこれからの季節。マイボトルを携帯すれば、いつでも手軽に水分補給できますよ。今回は、オフィスでも使えるおしゃれなボトルを厳選しました。

大中 志摩

2015.05.12

キッチン用品
水筒・ボトル

ステンレスボトルなら飲み頃をいつまでもキープ

水分補給の機会が多くなるこれからの季節。飲み物を持ち歩く際、どんな容器に入れているだろうか。ここで紹介するステンレスボトルなら、冷たいものは冷たいまま、熱いものは熱いままなので、飲み頃をいつまでもキープしてくれます。今回はファッション性の機能も◎なステンレスボトルをご紹介します!

見た目も機能もバツグンなステンレスボトルはこれ!

『イルビゾンテ』のステンレスボトル

革製品で有名な『イルビゾンテ』のステンレスボトル。マットな質感のボディ正面には存在感のあるロゴマークが配されている。300mlサイズなので持ち運びにも便利。飲み口は氷を入れたままでも飲みやすい構造を採用し、取り外しが可能なので洗いやすい。シンプルでシックなデザインなので、男女問わず愛用できる。

『サーモマグ』のスパークルボトル

真空2重断熱構造を採用し、保温保冷に優れたサーモマグのステンレスボトル。氷をイメージしてデザインされたボトル表面の凸凹は、持ちやすく、どこかエレガントな雰囲気を放っている。密封性の高い蓋を採用しているので、安心して持ち運びが可能。容量は、使い勝手の良い500mlサイズとなっている。

『クリーンカンティーン』のカンティーンリフレクト

素材には最高品質の食品用18-8ステンレスと食品規格のシリコンを使用。塗料やプラスチックを一切使わないなど無害性にこだわり、クリーンさを追求したステンレスボトルとなっている。ロゴなどは、レーザーマーキングによってデザインされているので剥がれやかすれの心配がない。キャップには、竹が使用されている。

『ハイドロフラスコ』と『ドリフター』のコラボボトル

ハワイ生まれのステンレスボトルブランド『ハイドロフラスコ』と1977年に設立されたアメリカのバッグブランド『ドリフター』のコラボボトル。外気から熱がつたわりにくく、熱が逃げにくいダブルウォール真空2層構造を採用している。長時間の保温保冷に優れており、ボトルが結露しにくいというのもうれしいポイントだ。

『スウェル』のウッドコレクション

『スウェル』は、環境保護を目的に設立されたニューヨークのボトルメーカー。木を使ったペットボトルのようなスタイリッシュなデザインで、ニューヨークでは多くのファッショニスタにも愛用されている。真空2重構造なので冷たいものを入れても結露しない。さらに24時間の保冷機能と12時間の保温機能を備えている。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    足元もTPOをわきまえて。革靴のデザインの違いと履き分け方

    足元もTPOをわきまえて。革靴のデザインの違いと履き分け方

    大人の男性であればTPOはわきまえてしかるべき。衣類は考慮しがちですが、足元への注意を怠ってはいませんか? TPOにそった革靴を選べるよう、基本を押さえましょう。

    池田 やすゆき

    アーバンライフの強い味方。エフシーイーの機能派バッグ&ウェアが欲しい

    アーバンライフの強い味方。エフシーイーの機能派バッグ&ウェアが欲しい

    機能美あふれるデザインで人気を集めるブランド『エフシーイー』。代表的アイテムであるバッグを中心にウェア類やコラボ品を紹介しながら、その魅力を解説していきます。

    平 格彦

    男らしさ満点。ミリタリージャケットを種類別に解説!

    男らしさ満点。ミリタリージャケットを種類別に解説!

    兵士の命を守るために誕生したミリタリージャケットは、あらゆる洋服の原型や元ネタとなっているってご存じでした? 人気の種類を一挙ご紹介します。

    Freeamericanidol編集部

    もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック20

    もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック20

    ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

    近間 恭子

    ダウン級! 軽くて暖かいインサレーションウェアに注目

    ダウン級! 軽くて暖かいインサレーションウェアに注目

    真冬から春先まで活躍するインサレーションウェアに注目。「インサレーションとは」という基本や特徴、選び方、おすすめなどを多角的に紹介します。

    平 格彦

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    BACK