旬モノはコスパ良く。1万以下で探す春のジーンズ名鑑

旬モノはコスパ良く。1万以下で探す春のジーンズ名鑑

さまざまなスタイルで活躍してくれるジーンズ。最近では1万円以下で良作をゲットすることも可能。今回はこれからの時期におすすめのコスパ良好なジーンズをご紹介。

大中 志摩

2017.04.22

ボトムス
ジーンズ
春の着こなし・コーデ

旬のジーンズは、安くておしゃれで良質なものを選びましょう

ジーンズはおしゃれには欠かせない定番アイテムの1つ。定番アイテムではあるが、ジーンズにもデザインやシルエットなど時代やシーズンごとにトレンドは存在するもの。ジーンズの醍醐味である経年変化を楽しむのもいいが、今季はトレンドを押さえたコスパの良いジーンズで旬なスタイルを楽しんでみてはいかがだろう。

コスパに優れたジーンズを見抜くための3つのポイント

昨年は男女問わずワイドシルエットのパンツに注目が集まっていたが、今季はテーパードシルエット人気が再燃している。テーパードシルエットといえどスリム寄り、ストレート寄りなど細かなシルエットは変わってくるのでしっかりと試着して選ぶのがポイント。サイジングも自分の体型にあったジャストサイズが好ましい。

ブラックデニムやホワイトデニム、グレーなどカラーもさまざまに展開されているが、今狙いたいのは王道のインディゴカラー系。インディゴが濃いタイプであれば清涼感のある大人っぽいスタイルが、薄いインディゴであればラフなスタイルが楽しめる。

ダメージや色落ちなど加工ジーンズなら着こなしに動きを出すことができるので即戦力として検討するのも1つの手段。1万円以内でも大人の着こなしにハマる優秀な加工ジーンズが十分にそろっている。加工ジーンズを敬遠しがちな人でもバリエーションの1つとして取り入れやすいのでは。

1万円以内で探す。大人向けのジーンズ10選

上記のポイントを参考にアンダー1万円で狙いたいジーンズを10本ピックアップ。1万円以下と思えないような優秀なアイテムが数多くリリースされているので、コストを抑えて即戦力ジーンズが欲しいという人はぜひとも活用してほしい。

コスパに優れた『リーバイス ライン8』。ストレートシルエットながらもスリムフィットタイプなのですっきりとはきこなすことが可能。バックポケットには『リーバイス』の代名詞である弓形のアーキュエットステッチを採用している。

色の落ちきったブルーがライトでラフなカジュアルスタイルを演出してくれる。ストレッチの効いたベーシックなテーパードシルエットなので履き心地も良好だ。

人気デニムブランド『チープマンデー』の創業者兼デザイナーが新たに立ち上げたブランド『オリヨン・アンダーソン』。ストレッチの効いた軽快なはき心地に加え、ライトな色合いが着こなしのアクセントとして活躍してくれる。

9.5オンスのライトデニムを用いた1本。縦糸はナチュラルなムラ形状の糸を通常よりも多く使用し、横糸を通常よりも少なくしているので縦糸のきれいな発色を強調し、ソフトな風合いを実現している。ブラックのパッチが高級感を醸す。

太もも周りや膝裏周りにシェービングを施し、こなれた印象を演出している。スリムフィットのテーパードシルエットできれいめからカジュアルなスタイルまで幅広く活躍してくれる万能な仕上がりに。

脚をきれいに見せてくれるすっきりとしたスリムテーパードシルエット。タイトな印象ながらもストレッチが効いているのでストレスを感じることなく着用することができる。爽やかな色落ち感も好印象。

程よいアタリがこなれた雰囲気を演出してくれる即戦力ジーンズ。脚長効果が期待できるテーパードシルエットで合わせるアイテムを選ばない汎用性の高さが魅力的だ。やや薄めに仕上げられたブルーとダークブルーの2色を展開。

ベーシックな5ポケットジーンズ。スマートなシルエットなのでそのままはもちろん、ロールアップして着用するのもおすすめ。ライトオンスの軽やかなはき心地もうれしいポイントだ。

厚手ながらも抜群のはき心地が魅力的なオリジナルのストレッチ生地を使用している。ややスリムなサイズ感ながらもストレスを感じることなく、オールシーズン活躍してくれる優秀な仕上がり。

ラフにジーンズをはきたいという人はイージーパンツ仕様のデニムという選択も。程よく施されたヴィンテージ感がこなれた印象を与えつつも、テーパードシルエットなのでスマートに着用することができる。

2017年もおしゃれにはこう。ジーンズコーデのグッドサンプル集

着こなしがシンプルになってくるこれからの季節は全体の色みや合わせるアイテムでバランスを整えるのが大切になっていく。これから出番が増えるであろうスニーカーとの着こなしを中心に2017年春夏にまねしたいおしゃれなジーンズコーデをご紹介。

スニーカーの存在感が強いので、裾をやや短めにロールアップすることですっきりとした足元を演出することができる。アウターからスニーカーまでグラデーションにまとめているので動きのある印象に。

コートとスウェットシャツの王道の組み合わせも、薄いピンクのスウェットにすることで季節感が生まれ、新鮮な印象に着こなすことができる。ベーシックなアイテムばかりだが、色の使い方が秀逸な着こなしだ。

ロンTとポケTのレイヤードスタイル。色落ちのダメージジーンズを合わせ、ストリートっぽさを強調しつつも軽快な印象に仕上げた。カットオフ仕様の裾とスニーカーの相性も抜群。

パーカーとジーンズのシンプルな組み合わせは、色が落ちきった薄いブルージーンズを合わせることで軽快な印象に。モノトーンベースでまとめているので、インナーやスニーカーの白、ジーンズのブルーが好アクセントとして際立つ。

ネイビーのニットにジーンズの定番の組み合わせも、スニーカーのグリーンでアクセントを加えることでこなれ感がぐっと増す。ニットからのぞくインナーの白も絶妙なアクセントとして効いている。

ニットと白シャツのレイヤードスタイルにはダメージジーンズでワイルドさを演出。ダメージの強いジーンズも細身のタイプを選べば大人でも十分活用できる。スニーカーとシャツの白で清涼感を出している点も◎。

オーバーサイズのニットにブリーチジーンズでエッジの効いたスタイルに。ポイントにダークトーンのアイテムを取り入れることでだらしない印象を感じさせないしゃれ感のあるスタイルに仕上がっている。

ピンクのスウェットと色落ちの爽やかなジーンズで春らしさを強調したコーディネート。ジンプルな着こなしだが、バランスの良いカラーリングにまとめているのでこなれた印象が目立っている。

存在感のある『コム デ ギャルソン』のジャケットを主役にリジッドジーンズとチェックシャツできれいめスタイルに。ベーシックな色みでまとめているので、さりげないソックスのグリーンがアクセントとして光る。

グレーパーカーとベージュのコートの組み合わせにジーンズを組み合わせた王道のカジュアルコーデ。足元にレザーシューズを合わせることで締まり、大人っぽさが際立っている。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK