男もそろそろはいてみない? 大人なワイドパンツの選び方

男もそろそろはいてみない? 大人なワイドパンツの選び方

「太めシルエットは大人でも似合うのかな?」、「着こなすのが難しそうだな」と思われがちなワイドパンツ。ハズさない選び方のポイントを押さえて、今季挑戦してみては?

山崎 サトシ

2017.09.06

ボトムス
ワイドパンツ
秋の着こなし・コーデ

トレンドのワイドパンツ。そろそろ取り入れてみませんか?

合わせるのが難しそう……。イメージ先行で、なかなかワイドパンツに挑戦できずにいる人もいると思います。でも、実際のところは選ぶポイントも着こなすポイントも非常にシンプル。しばらくは勢いが続きそうなビッグトレンドアイテムですから、食わず嫌いをせずにチャレンジしてみましょう!

ここさえ押さえておけばOK。ワイドパンツを選ぶポイントとは

まずは選び方のポイントを詳しくご紹介。3つの要素を意識しながらチョイスすれば、ワイドパンツを大人っぽく着用することが可能です。必ず覚えておきましょう!

ポイント1軽めの素材感のモデルがはきこなしやすい

ボリューミーなボトムスであるワイドパンツ。そのため、肉厚なタッチのモデルだと着こなしが重々しく仕上がってしまうことも。やや薄手で軽い素材感の1本を選ぶとバランス良くはきこなせます。あるいは、明るめカラーのパンツであれば多少生地に厚みがあってもヘビーに見えません。

ポイント2“極端にワイドすぎない”ことが大事

ゆったりとしたリラックスフォルムを持ち味とするワイドパンツですが、あまりにもシルエットが太いと着こなしがだらしなく見えてしまいます。ダボダボに見える極端なワイドモデルは避けて、“適度に太め”のボトムスをセレクトするように心掛けましょう。特に裾がクッションしすぎるとサイズミスのように映ってしまうので、こちらの写真くらいにとどめたいところ。

ポイント3過剰な装飾は不必要。デザインはシンプル系を!

そもそも抜け感が強いアイテムであるワイドパンツ。それだけに、プリントなどの装飾が入ってしまうとスタイルがどうしても子供っぽいイメージに偏ります。大人がスマートにはくのであれば、余計なデザインが施されていないストイックなデザインが大前提!

着こなしはどうする? センスフルに見せるスタイリングテク

選び方のポイントを覚えたら、続いてチェックしておきたいのは着こなし方。ワイドパンツを用いるうえで、3つの有効的なコーデテクニックを伝授していきます。ワンランク上を目指すなら、さっそく実践を!

着こなしのコツ1インナーをタックインしてすっきり見せる

ワイドパンツは量感のあるフォルムなだけに、場合によっては着こなしがヘビーに映ることも……。ですが、インナーをタックインするだけで俄然すっきりとした着こなしに見えます。簡単かつ効果の高いテクですし、タックインスタイルはトレンドでもあるのでぜひ取り入れてみてください。

アーシーなカラーリングのワイドパンツで秋らしいスタイリングを形成した彼。ノーカラー仕様となったシャツやインナーのタックインでボリューム感を緩和して、秋色コーデをサラッと軽く見せているのがニクいですね!

ヴィンテージっぽい風合いのワイドパンツにビッグTシャツを合わせたゆるめのコーデも、タックインするだけで程よくシャープに装えます。さらに、ブラックのアウター&ブーツ&ベルトによって全体を巧妙に引き締めました。

ベージュのワイドパンツとニットで作ったクリーンなカジュアルスタイル。かなり高めの位置でタックインすることで、脚長効果も入手しています。さらに、アウターにはトレンチコートをもってきて、トラッドな雰囲気に落とし込みました。

着こなしのコツ2開襟シャツとのコンビでリラックス感全開に!

トップスに開襟シャツをもってくれば、今季らしいリラックステイストの着こなしが即座に完成します。トップス1枚で着て抜け感強めに着こなすのはもちろん、インナーを差してメリハリ良く着こなすのもおすすめ!

テロンとしたポリエステル素材の開襟シャツを1枚でサラッと。ボトムスにはかっちり感のあるワイドのタックパンツをピックアップして、品の良さもキープしました。シンプルだからこそシルエットのリラックス感が際立ちます。

シャツ、インナー、ボトムスすべてをライトカラーでまとめて、清潔感の漂うコーディネートに。ぼんやりとした印象にならないように、ベルトやレザーシューズは濃色をチョイスして、うまくリズムを生み出しています。

ライトオリーブカラーのアンクルパンツに、インディゴ染めの開襟シャツを合わせて。上下ともにややラフな雰囲気のアイテムなので、シャツのタックイン&足元のビットローファーで、端正なムードも巧みにミックスしました。

着こなしのコツ3テーラード使いならシックに仕上がる!

30代らしくシックにワイドパンツを着用するのであれば、テーラードとのマッチアップが最善策。ワイドパンツのもつゆるさを、品行方正なジャケットが適度に緩和してくれます。ジャケットがあまりにタイトすぎるとややミスマッチなので、少しゆとりのあるモデルがベスト。

古着のワイドパンツ&スポーツサンダルで脱力した着こなしを構築。ただし、そのままでは少し気の抜けた感じに見えてしまう恐れがあるので、グレーのテーラードジャケットをオンしました。かっちり感とゆったり感が絶妙に同居しています!

着用したイージーパンツはスラックス風のデザインとなっていて、テーラードジャケットと文句なしでマッチ。インナーにはボーダーTシャツを選択し、マリンテイストをブレンドしています。シューズとボーダー柄の色合わせも秀逸。

ワークテイストなベージュのワイドパンツが主役。このアイテムを大人っぽく着用すべく、トップスはモノトーンカラーでリンクさせました。ジャケットがノーカラーデザインになっているなど、さり気なく遊び心も光らせています。

大人におすすめ。今選びたいワイドパンツ

最後は、人気ブランドから発信されている今季顔なワイドパンツをピックアップ。いずれのモデルも大人カジュアルとマッチング良好なので、強い味方となってくれます。

『アメリカン ラグ シー』

リネン×コットンのミックス素材を使い織り上げた、軽やかな風合いのツータックパンツ。シワがついても味となってくれるのは麻素材の大きなストロングポイントです。裾にはアジャスターがついており、フォルムの微調整が可。

『ステュディオス』

ビエラウールとポリエステルの混紡生地。光沢があって上品なうえに、さらりとライトな質感も併せ持ちます。ウエストのサイド〜バックにかけてゴム仕様となっており、着用感はストレスフリー。ストンと落ちる美シルエットも特徴的です。

『ディッキーズ』

ブランド定番の「874」をベースに、ポリエステル×レーヨン素材で柔らかなタッチにアレンジした『チャオパニック』別注モデル。ウエストにセッティングされた共地のベルトは、垂らすと程よいアクセントとなってくれます。

『ナノ・ユニバース』

打ち込みの良いコットンタイプライター素材を使って仕立てた1本は、トレンドのオリーブカラーでも魅了してくれます。ウエスト部分がシャーリング仕様になっていて、ベルトなしで着用できるのも美点。才色兼備なアイテムです。

『シップス ジェット ブルー』

ストレートなレッグラインと深めに設定された股上が持ち味のガウチョパンツ。リネン×レーヨンのブレンド素材らしく、トロンとした柔らかな肌触りです。ウエストドローコードつきとなっていて、脱着が楽チンなのもうれしいですよね。

『ビームス』

ツープリーツのスラックスを腰部のドローコードでイージー仕様に。きれいめでありながらゆるさも併せ持ったボトムスです。表地には通気性&吸水速乾性を有するストレッチポリエステルを採用していて、はき心地は快適そのもの!

『キャルオーライン』

ブランドが十八番としているペインターパンツ
。サイドのシームが前に入り込むように縫われているため、少しテーパードしたようなシルエットとなっています。なお、生地はヴィンテージ加工で仕上げており、最初から味のある風合いです。

『ブラクトメント』

『グリーンレーベル リラクシング』から生まれたニューレーベルより到着したこちら。秋らしいウール素材なのですが、厚手すぎないのでサラッと着用できます。ボディにはガンクラブチェックが配されており、クラシックな雰囲気たっぷり!

『ベンデイビスマーケットストリート』

はき込むほどに深みが増していくリネン100%素材。肌当たりが軽いのも麻ならではですね。タックをつけることですっきりとしたシルエットに仕立てているうえ、品良いカラーなので上品なスタイルとも難なくマッチ。実に頼りになる1本です。

『ポールスミス』

テーパードシルエット×センタークリースでシャープな印象を描き出したワイドパンツ。カラーリングが効いているので、着こなしのトーンアップアイテムとしても活用できます。なお、生地はストレッチが入っていて動きやすさは申し分ありません。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK