薄着になるから。春に狙いたい大人向けネックレス15選

薄着になるから。春に狙いたい大人向けネックレス15選

コートを脱いで身軽となる春のコーディネート。シンプルな着こなしになりがちなシーズンこそアクセサリーを取り入れたいところ。そこでアクセントとなるネックレスに注目。

高嶋 一行

2017.04.12

アクセサリー
ネックレス・ペンダント

そろそろ寂しくなりませんか? あなたの首元

春になってアウターもマフラーもいらない季節。ジャケットやカーディガンなど、春ならではのコーディネートが楽しめる時期となりました。でも、少し首元が寂しくありませんか?
そこでネックレスなどのアクセサリーが有効的。春のシンプルコーデはネックレスが解決してくれます。

軽装でもおしゃれ。そのヒントはおしゃれな大人に学びましょう

ネックレスを普段のコーディネートに合わせるだけで、一気におしゃれに見せることが可能です。アクセントでありながらも、目立ち過ぎない「さりげなさ」がポイントです。

カラーで統一。ダークカラー×ブラックネックレス

さりげなくネックレスを取り入れるコツとしては、トップスとカラーを統一することです。ネイビーのカットソーにブラックカラーのネックレスなら、アクセントになりながらも同系色でさりげなく仕上がります。

細いネックレスなら明るいカラーでしっかりアピール

ビーズネックレスなど細いアクセサリーなら、レッドなどのアクセントカラーを選んでも目立ち過ぎることはありません。しっかりと存在感が出せるだけでなく、視線を集めることができるのでおしゃれ度も高まります。

バッグなどと共存させるなら。さりげなさ最優先

アクセントとして取り入れるネックレスですが、バッグなどのほかのアイテムと調和を図るなら控えめなスタイリングがベスト。トップスと同系色にして、あくまでバッグが主役にコーディネートしましょう。大人コーデなら、1つだけ主役となるアイテムを決めることがポイントです。

帽子、シューズと色を合わせてまとまりを

スーツのベルトとシューズを同じカラーにまとめるように、ネックレスも帽子やシューズとカラーを合わせると、全体的にまとまりあるおしゃれを演出可能です。インナーをホワイトにして、コントラストをつけるとさらに効果的。

キーネックレスとして機能性でさりげなさを

ネックレスをつけたことがない。という抵抗感がある方なら、キーリングつきのネックレスがおすすめ。鍵をネックレス風に取り入れることで、ワザとらしさがないスタイリグが可能です。レザー素材なので、カジュアルファッションともマッチしやすいメリットもあります。

テイスト別。軽装にハマるおしゃれなネックレス

実際に毎日のコーディネートで取り入れるネックレスならどれがいいの? そんな疑問をクリアにするおすすめアイテムをご紹介します。テイスト別で自分の好みを見つけましょう。

▼ビーズネックレス編

『ステュディオス』

ネックレスはもちろん、3連のブレスレットとしても着用可能な2WAYアイテム。モノトーンなブラックホワイトのカラーリングで、どんなトップスともマッチする毎日のコーデに取り入れ可能なビーズネックレスです。

『ビューティー&ユース』

ホワイトを基調に、不規則に多色なビーズが取り入れられたネックレス。ホワイトのカットソーと合わせれば、さりげないネックレスコーデが楽しめるので控えめなスタイリングをしたいときに最適です。

『シップスジェットブルー』

長めに仕上げられているので、程良い存在感をアピールすることができるビーズネックレス。ブルーのカラーリングで春夏らしいマリンスタイルにピッタリ! 爽やかさを高めてくれるアイテムです。

『アンダーカバー』

ダークなブルーとブラックが規則正しく組み合わさったビーズネックレス。『アンダーカバー』らしいストリートなファッションとマッチするトーンを落としたカラーリングが魅力的です。程良い太さでアクセサリーとしての存在感がしっかりと出せますよ。

『アバハウス』

丸いビーズだけでなく長細いメタルビーズも取り入れたユニセックス感あるビーズネックレス。春夏らしさを感じさせるターコイズやクリアなビーズで季節感あるコーディネートが可能。細く華奢なデザインが上品な大人コーデに役立ちます。

▼レザーネックレス編

『シップスジェットブルー』

レザーネックレスの中でも最もシンプルなデザイン。小さめのリングと革紐を組み合わせただけのミニマル感が魅力。無地のカットソーと組み合わせることで立体的なアクセントを胸元に演出できます。

『ミスターオリーブ』

こだわりのAランクステアレザーを使用し、レザーの質からアプローチしたデザインが魅力のネックレス。胸元のポイントとなるのは、レザータグとコインの組み合わせ。ネックレスでしっかりとアクセントを出したいときにピッタリのアイテムです。

『レイジブルー』

ネックレス先のクロシェットにはキーリングがついており、鍵などを取り付け可能なアイテム。クロシェットで鍵を隠すことができるので、ネックレスとしても鍵の保管場所としても使える機能性が魅力です。

『ウィゴー』

レザーネックレスを基本にメタルタグを組み合わせたアイテム。ミリタリーな雰囲気もある、現在のトレンド感を意識したアイテムです。『ウィゴー』らしい手軽に取り入れられる価格設定も魅力的。ネックレスのバリエーションを増やしたい方におすすめです。

『リユース』

レザーアイテムの定番的な装飾であるタッセルをアクセントとしたネックレス。シンプルなデザインと長めに仕上げた革紐で、カジュアルなファッションに幅広くマッチするアイテムです。カットソーだけでなくシャツ上からでも組み合わせ可能です。

▼チェーンネックレス編

『モンキータイム』

シンプルで細いチェーンを取り入れたネックレス。繊細なデザインであり、大人っぽい落ち着きあるファッションにも活躍するアイテムです。レザーやビーズネックレスとは違ったキラッと光る光沢感をさりげなく楽しむことができます。

『ビームス』

『ビームス』が提案する、存在感とさりげなさをバランスよく兼ね備えたチェーンネックレス。クロスペンダントとしてネックレスの定番スタイルでありながら、上品な仕上がりとオリジナリティーあるシェイプが魅力的です。

『417 by エディフィス』

チェーンネックレスでも独特なシェイプが連続したデザインアイテム。さりげなくレザーもミックスされ、真鍮とレザーの異素材の組み合わせを楽しむことができます。腕や足首にも巻くことができ、アイデア次第でさまざまなアクセントとして活用できるネックレスです。

『ジャーナルスタンダード』

『ジャーナルスタンダード』の刻印がさりげない、チャームがついたネックレス。ミリタリーテイストなアクセサリーに多いボールチェーンを取り入れて、メンズらしさデザインしたアイテムです。管楽器などに使用されるシルバー素材を取り入れた、細かなこだわりも魅力です。

『ナンバーナインデニム』

多数の異なるチェーン素材を組み合わせて表情を多彩にしたシンプルネックレス。『ステュディオス』が限定で販売する『ナンバーナインデニム』のアイテムで、ブランドの刻印も入ったキャッチーなネックレス。コーディネートに合わせやすいうえに、存在感もしっかりと出るおしゃれ度の高い1点です。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    気温20度の日の服装とベストなコーディネートを考える

    気温20度の日の服装とベストなコーディネートを考える

    メンズファッションにおいて、多くの方が悩む春秋シーズンの服装。持っておくと便利なアイテムと、気温20度前後の季節での最適なコーディネートを紹介していきます。

    Hiroshi Watanabe

    意外と簡単。ワイドパンツのタイプ別に大人の着こなしを解説

    意外と簡単。ワイドパンツのタイプ別に大人の着こなしを解説

    ワイドなパンツは着こなしが難しいと思われがちですが実は簡単。ルールさえ守れば、こなれ感のある大人のカジュアルスタイルを築くことができます。そのポイントをご紹介。

    平 格彦

    グラミチのジーンズを購入しない理由が見つからない

    グラミチのジーンズを購入しない理由が見つからない

    カジュアル着の定番であるジーンズと、誰もが認める『グラミチ』。弱点が見当たらない、“大人の好物”を合わせた1本をご紹介します。

    編集フカザワ

    カーゴパンツをはこう。押さえておきたいコーデ&おすすめブランド

    カーゴパンツをはこう。押さえておきたいコーデ&おすすめブランド

    ミリタリーアイテムのなかでも人気のカーゴパンツ。なかなか知ることのないその歴史や着こなすコツ、大人になじむ1本まで、カーゴパンツにまつわる情報を網羅します。

    Freeamericanidol編集部

    大人の足元にはまる。ニューバランス574の魅力とは?

    大人の足元にはまる。ニューバランス574の魅力とは?

    『ニューバランス』にはいくつもの人気なモデルがありますが、本記事では574に注目。どこが魅力なのか、その特徴と多角的にチェックします。

    Freeamericanidol編集部

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    季節の変わり目は服装やコーディネートに悩むもの。気温15度前後に適した服装を考えながら、快適に過ごすためのアイテム選びや着こなしテクニックを紹介します。

    平 格彦

    BACK