ラインパンツでスポーティに。メンズコーデの基本とおすすめ10選

ラインパンツでスポーティに。メンズコーデの基本とおすすめ10選

パンツにサイドラインの入ったラインパンツがブレイクの予感! 各ショップからリリースされている新作をチェックするとともに、その着こなし術もレクチャーします!

CANADA

2018.04.16

ボトムス
スポーツファッション

おしゃれな人が愛用中。今季はラインパンツでスポーティに

スポーツアイテムを日常のコーデに取り入れるのがトレンドですが、なかでも今季はラインパンツに注目が。ラインパンツとは、パンツの両サイドにラインの入ったパンツのことで、スポーツブランドでは定番のデザインです。スニーカーやバッグなどでスポーツアイテムを取り入れるのはもはや当たり前。流行に敏感な人から、ラインパンツを取り入れ始めています!

着こなし方を解説。ラインパンツのメンズコーデサンプル集

ラインパンツの着こなしサンプルを3段階のレベルに分けてご紹介。初級者は星1つを、上級者は星3つを参考に今シーズンの着こなしに取り入れてみましょう。

初級者向け:★☆☆ラインパンツをきれいめコーデのハズしに取り入れる

シャツやジャケットなど、クリーンな着こなしに投入するだけで旬度が得られるのがラインパンツのメリット。色みやトーンを合わせれば、着こなしの統一感もグッと高まります。

ラインパンツはトレンドのワイドシルエットをチョイス。黒ラインの中に入っている柄がコーデのポイントに。ボトムスのシルエットがワイドな分、トップスはコンパクトなライダースジャケットでバランスを調節。絶妙なAラインシルエットに仕上げています。

ジャケットとラインパンツを黒で統一して、セットアップ風の着こなしに。スポーティーなイメージのあるラインパンツはスラックス生地をチョイスしたり、テーラードジャケットと合わせたりすることで、カジュアルになり過ぎず大人っぽく着こなせます。

ジャージ素材のラインパンツがスポーティーな印象なので、それ以外はモノトーン&きれいめなアイテムで統一。ラインパンツは黒を選べば、きれいめなアイテムと合わせても違和感なくコーデがまとまります。ローファーとも好相性。

中級者向け:★★☆ベーシックなカジュアル着と合わせて

スウェットやジージャンなど、手持ちの定番アイテムとも相性良く着こなせます。ただし、ラフになりすぎないよう、色みを落ち着かせたり、シルエットをきれいめにしたりと、大人っぽく仕上げるのが重要。

スウェットのボタニカル柄でさり気なく季節感を取り入れた着こなし。トップスはライトなグレー、ボトムスはやや濃いグレーのラインパンツをセレクトして、きれいなグラデーションを構築。キャップやシューズを黒にすることで、コーデ全体を引き締めています。

サイドにラインをあしらった、デザイン性の高いデニムパンツがコーデの主役。トップスに濃紺のロング丈アウターを合わせることで、爽やかなブルーグラデーションを作っています。程よく脱力感のある着こなしがGOOD!

ブラック×ホワイトのきれいめなラインパンツを、ジージャンとカットソーを合わせてカジュアルダウン。程よい抜け感がありつつもきれいなイメージもキープできる着こなしなので、大人の休日スタイルにぴったりです。

上級者向け:★★★スポーティなトップスとのコンビでスポーツ感+しゃれ感を狙う

最後はとことんスポーティなアイテムでまとめたコーデサンプルをご紹介。アクティブ感のあるスタイリングはトレンド感満載です。

ラインパンツにコーチジャケットを合わせて、トレンド感満載なコーデに。旬の要素を散りばめながらもしつこくなっていないのは、色数を絞ったシンプルな着こなしだから。ジャケット以外のアイテムをモノトーンでまとめることで、オレンジを引き立たせています。

ラインパンツをメインにしたカジュアルコーデをモノトーンで大人化しつつ、インナーでターコイズブルーを効かせて季節感を投入。ホワイトのコーチジャケットはシャツ生地でできているので、一般的なナイロン素材よりも大人の着こなしに寄り添ってくれます。

ラインパンツ×ラガーシャツのスポーティー度満点のコーデ。アイテム単体のカジュアル感が強いので、モノトーンを選んだりタイトなサイジングでまとめたりすると子供っぽくなりません。スニーカーではなく、ローファーを合わせたのもポイント!

今季手にしたい! 人気ブランドのラインパンツ

人気ブランドからリリースされているラインパンツの中でも、大人が街で着られるデザインだけをピックアップ。これさえあれば、たちまち今旬コーデに早変わりです。

アイテム1『ナノ・ユニバース』

細いパープルのサイドラインが印象的な『ナノ・ユニバース』のラインパンツは、従来のスポーティなイメージを覆す上品な仕上がり。グレー×パープルの色みとすっきりしたシルエットは大人の魅力たっぷりで、きれいめコーデにもハマること間違いなしです。

アイテム2『モンキータイム』

ジョガーパンツをベースにした軽快なラインパンツは『モンキータイム』から。同ブランドらしいストリート感あふれるデザインながら、さらりとした素材使いが醸す上質感はさすがのひと言。着こなしのスパイスとして活用したい、存在感のある1本です。

アイテム3『ル コック スポルティフ』

鶏のロゴでおなじみの『ル コック スポルティフ』は、1882年創業の老舗スポーツブランド。スポーティなムードたっぷりのジャージーラインパンツは、むだのないベーシックなデザインで合わせやすさ抜群。これ1本で手軽にスポーツMIXがかなうでしょう。

アイテム4『タケオキクチ』

『タケオキクチ』のラインパンツは、モヘアウールにシルクをブレンドしたぜいたくな作り。シルクの光沢にウールの軽くしなやかな風合いが、春夏も快適な着心地を約束します。あえてラフなアイテムと合わせて、さりげなくパンツの高級感を際立たせるのが大人流。

アイテム5『ユニフォームエクスペリメント』

洗練された90年代風のアイテムを得意とする『ユニフォームエクスペリメント』の定番アイテム。タック入りのゆったりしたワイドシルエットがリラックス感たっぷりで、こなれた印象を醸します。裾のカットオフなど、細かなディテールにも抜かりなし。

アイテム6『タイトブース』

スケートボードプロダクション『タイトブース』が展開するアパレルラインから、ありそうでなかった本格派のストリートジャージーパンツが登場。サイドラインにオリジナルのVXロゴを施したこだわりの1本は、とことんスポーティに着こなすのが正解。

アイテム7『アディダスオリジナルス』

ブランドを代表するアイテムのひとつであるトラックパンツ。おなじみのスリーストライプスとトレフォイルロゴはそのままに、シルエットを現代的なスリムテーパードにアップデート。サイドボタンでシルエットをアレンジ可能なのもうれしいポイントです。

アイテム8『ジュンレッド』

今っぽさ抜群のワイドストレートシルエットのラインパンツが登場。きちんと感のあるタック入りボディを、スポーティな2本のサイドラインで程よくカジュアルダウン。きれいめはもちろん、カジュアルな着こなしにもマッチするお役立ちな1本です。

アイテム9『マーカウェア』

ジャパンメイドの上質なモノ作りに定評がある『マーカウェア』。ゆるやかにテーパードがかったバギージーンズに、なんとペンキではなく高度な脱色でサイドラインを表現した逸品です。ゆったりとイージーなシルエットは、余裕のある大人の着こなしにぴったり。

アイテム10『ディーゼル』

『ディーゼル』はインパクトのある異素材切り替えデザインでサイドラインを表現。デニムにはリアルな色落ち加工を施し、ヴィンテージ感あふれるたたずまいに仕上げています。春夏にぴったりのクロップド丈で、抜け感の演出もお手のもの。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK