センスの良いアクセサリーが欲しいなら。大人が選ぶべき12ブランド

センスの良いアクセサリーが欲しいなら。大人が選ぶべき12ブランド

“シンプルでベーシック”が基本となる大人の装いには、的確な小物使いが欠かせません。センスの良いアクセサリーを投入して、コーデをしっかりを格上げしましょう。

山崎 サトシ

2019.08.08

アクセサリー
ネックレス・ペンダント
ブレスレット・バングル
指輪・リング

大人ともなれば、本格的なアクセサリーブランドを身に着けたい

大人ともなれば、本格的なアクセサリーブランドを身に着けたい

ZOZOTOWNZOZOTOWN

シンプルでスタイリッシュ。そんな大人コーデの理想形を目指すならば、着こなしのスパイスとしてアクセサリーは用意しておいて損はありません。そしてオーバー30歳の男性ともなれば、それ1つで装いをクラスアップできるような本格派のアクセを取り入れたいものです。若いころはコスパ重視で選んでも問題ありませんでしたが、そろそろ長く付き合っていける逸品に照準を定めても良いでしょう。ここでは、通年で身に着けられる上質なアクセサリーを厳選して紹介します。

1点投入。男らしさをさりげなく主張する6つの「シルバーブランド」

メンズの定番アクセサリーとしてハズせないのが、男っぽさの香り立つシルバージュエリー。どんなテイストの着こなしとも親和性が高い万能選手です。インディアンジュエリー系を中心として、さりげなくこなれ感をアピールできる有力ブランドをレコメンドしていきましょう。

ブランド1『ブルース・モーガン』バングル

『ブルース・モーガン』バングル

ムーヴクロージングムーヴクロージング

約半世紀にわたってインディアンジュエリーを作り続けているナバホ族の大物アーティスト、ブルース・モーガン氏。このバングルのような、14kとシルバーを組み合わせたツートーンスタイルのデザインを十八番としています。ボディに配された力強いスタンプワークも彼の持ち味。手元に確かな存在感を与えてくれる逸品です。

ブランド2『ノースワークス』10¢チェーン ブレスレット

『ノースワークス』10¢チェーン ブレスレット

ZOZOTOWNZOZOTOWN

ヴィンテージのシルバーコインを使ったプロダクトを得意とする、東京都・福生生まれのジュエリーブランドより。こちらのチェーンブレスレットのフック部分に使われているのは、希少なアンティークのルーズベルト・ダイム。トレンドのチェーンタイプであることに加え、程良くボリュームのある仕上がりとなっておりシンプルなコーディネートに映えます。

ブランド3『サンシャイン・リーブス』ターコイズペンダントヘッド

『サンシャイン・リーブス』ターコイズペンダントヘッド

マライカ楽天市場店マライカ楽天市場店

サンシャイン・リーブス氏は繊細で正確なスタンプワークを真骨頂とするシルバースミス。『ビームス』などの有力セレクトショップともコラボするなど、彼の作り出すインディアンジュエリーは日本でも高い人気を誇っています。中央に美麗なキングマンターコイズが鎮座するネックレストップはインパクト抜群で、台座にあしらわれた細やかなスタンプがそれを引き立てます。

ブランド4『ビルウォールレザー』C309 フィッシュフックチャーム

『ビルウォールレザー』C309 フィッシュフックチャーム

ZOZOTOWNZOZOTOWN

“ビル・ウォール”ことウィリアム・クレイグ・ウォール氏が1985年に西海岸のマリブで発足。ウェーブに釣り針など、マリブの海を感じさせるモチーフを取り入れたシルバーを特徴とする老舗です。90年代後期からのロングセラーとなっている写真のネックレストップも、幸運の象徴とされている釣り針からインスパイア。ホールをグラデーション状にあしらった独創的なアプローチで魅了します。

ブランド5『ファンタスティックマン』シルバーバングル

『ファンタスティックマン』シルバーバングル

ZOZOTOWNZOZOTOWN

2013年にジュエリーデザイナーの池口泰信氏によって東京で立ち上げられた『ファンタスティックマン』。古き良きインディアンジュエリーの要素とデザイナーの感性を融合させた唯一無二のシルバーは、ファッション業界人からも厚い支持を得ています。このハンドメイドバングルは、等間隔で配されたオーバル状のスタンプがユニーク。主張する幅太シルエットと相まって、1点投入でも効果は抜群です。

ブランド6『トゥエンティーエイティー』ステアリング シルバーIDリング 8mm

『トゥエンティーエイティー』ステアリング シルバーIDリング 8mm

ZOZOTOWNZOZOTOWN

USN(アメリカ海軍)のIDブレスレットから着想されたバングルは、“用と美の調和”を根底に置いたミニマルデザインを持ち味とするジャパンブランドのモノ。角はあえてエッジを残してソリッドに仕上げたり、鏡面加工で光沢感を強く打ち出したりと、一見するとプレーンなリングながらもそのこだわりは細部にまで及んでいます。

シルバー以外もチェック。洗練を宿す6つの「アクセサリーブランド」

定番のシルバーアクセをすでに持っているなら、レザーにビーズなどそれ以外の素材を狙ってみるのも1つの手。とりわけ、ここで推奨する6ブランドは、装いをワンランク上へと導いてくれる逸品ばかり。シルバーとの素材感の差を生かして、重ね着けを試してみるのも面白そうですね。

ブランド1『チャン・ルー』ストーンビーズミックス 5連ラップブレスレット

『チャン・ルー』ストーンビーズミックス 5連ラップブレスレット

ZOZOTOWNZOZOTOWN

ベトナム系アメリカ人のチャン・ルー氏が自身の名を冠してスタートさせたアクセサリーブランドで、クラフト感のあるデザインが真骨頂。中でも手首にぐるりと巻きつけるラップブレスレットはここの看板アイテムとなっています。多種多様な種類のストーンがにぎやかにレザーコードにセットされており、アピール度は満点! 白T×ジーンズのような簡潔なコーデに合わせたいところです。

ブランド2『HTC』メキシカンリング インディアン

『HTC』メキシカンリング インディアン

THREE WOOD 楽天市場店THREE WOOD 楽天市場店

言わずと知れたハリウッドセレブ御用達のスタッズベルトブランドですが、ジュエリーコレクションにも定評があります。オーセンティックな雰囲気漂うブロンズ製リングは、ブランドオーナーであるジップ・スティーブンソン氏が持つヴィンテージアイテムを基にしたアイテム。長年愛用したような風合いを、手練れのクラフトマンが見事に表現しています。

ブランド3『イディアリズムサウンド』シルバーレザーループタイ

『イディアリズムサウンド』シルバーレザーループタイ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

着用者の装いに自然と溶け込む、主張しすぎないスマートなアクセサリーを指針とする2004年発足の国内ブランド。高品質なカウレザーを使ったユニセックスなループタイは、スタイルにほんのりと上品さを描き出してくれます。ほっそりとしたフォルムなので、シャツはもちろんカットソーとも好相性。使い込むことによる経年変化も楽しみです。

ブランド4『モトラトリー』×『ビームスプラス』別注 リーフネックレス

『モトラトリー』×『ビームスプラス』別注 リーフネックレス

ZOZOTOWNZOZOTOWN

職人としての優れた技術と、現代的なセンスを併せ持つ本池兄弟がプロデュースするレザー&シルバーブランド『モトラトリー』。その名はデザイナーの名字からとった“本(モト)”と、実験室を意味する“ラボラトリー”を組み合わせた造語です。『ビームス プラス』の別注によって製作されたリーフ型のレザーネックレスは、60年代後半~70年代にハンドワークで製作されたアクセサリーがイメージソース。素材にはハイクラスなイタリアンレザーが用いられています。

ブランド5『サンク』アンティークビーズ ブレスレット&ネックレス

『サンク』アンティークビーズ ブレスレット&ネックレス

ZOZOTOWNZOZOTOWN

50~70年代にかけてのアメリカンカルチャーをインスピレーション源に、現代のエッセンスを巧妙に織り交ぜる日本のハンドメイドブランド『サンク』。素材には主に“トレードビーズ”と呼ばれる、17世紀~20世紀ごろに欧州から海外へと輸出されていたアンティークビーズを使用しています。発色豊かな今作は、3連ブレスとしてもネックレスとしても活躍する2WAYデザインが魅力的!

ブランド6『ナラティブ プラトゥーン』ハーフ多重巻きバングル

『ナラティブ プラトゥーン』ハーフ多重巻きバングル

ZOZOTOWNZOZOTOWN

『ナラティブ プラトゥーン』は着こなしのハズしとなるような、ひねりの効いたプロダクトを日本の工房から発信しているブランド。真鍮バングルとコードブレスレットを融合したユニークな一品は、まさに同ブランドの“らしさ”を反映したアイテムといえるでしょう。真鍮部分はスモーク加工でフィニッシュされていて、最初から使い込んだような風合い。なお、留め具位置を動かすことでサイズ調整が可能となっています。

大人のシルバーリング講座。つける指の意味とおすすめ

大人のシルバーリング講座。つける指の意味とおすすめ

普段なにげなくつけているシルバーリング。実はつける指には、各々意味があるって知ってました? ここではその意味とともに、おすすめブランドのシルバーリングをご紹介!

近間 恭子

ネックレスはコーデ格上げの特効薬。モノ選びの基準と12の人気ブランド

ネックレスはコーデ格上げの特効薬。モノ選びの基準と12の人気ブランド

大人はシンプルなコーディネートが基本。だからこそ、ネックレスでさりげなく差をつけるのがおすすめです。選び方のポイントに加え、買いのアイテムも一挙に紹介!

平 格彦

ブレスレットで気品とアクセントを。注目ブランド完全ガイド

ブレスレットで気品とアクセントを。注目ブランド完全ガイド

春夏スタイルは薄着のため、どうしても腕元が寂しくなりがち。男にも似合うブレスレットを選んで、味気ない着こなしは避けるのが賢明だ。

小林 大甫

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    スタイル不問のコインローファー。買いの10ブランド

    スタイル不問のコインローファー。買いの10ブランド

    1960年代に大流行して以来、定番シューズとして愛されているコインローファー。歴史や使い勝手の良さやからその理由を探りつつ、おすすめブランドを紹介していきます。

    近間 恭子

    どのメガネが好み? 大人が愛用したい人気ブランド10選

    どのメガネが好み? 大人が愛用したい人気ブランド10選

    ファッションアイテムとしてこだわりたいのが、メガネ。顔周りの印象を左右するアイテムだからこそ、大人にぴったりなブランドで間違いないセレクトをしましょう。

    Freeamericanidol編集部

    大人のシルバーリング講座。つける指の意味とおすすめ

    大人のシルバーリング講座。つける指の意味とおすすめ

    普段なにげなくつけているシルバーリング。実はつける指には、各々意味があるって知ってました? ここではその意味とともに、おすすめブランドのシルバーリングをご紹介!

    近間 恭子

    何が人気? 新作は?? 人気スニーカーブランドから厳選20モデルを紹介

    何が人気? 新作は?? 人気スニーカーブランドから厳選20モデルを紹介

    スニーカー好きの大人におすすめしたいスニーカーをピックアップ。人気ブランドの定番はもちろん、新作、注目作も合わせて紹介します。10ブランド、全20モデルは必見です!

    本間 新

    もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック25

    もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック25

    ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

    近間 恭子

    ナイロンパンツが着こなしを変える。大人のカジュアルダウンに適した選び方とは

    ナイロンパンツが着こなしを変える。大人のカジュアルダウンに適した選び方とは

    快適な着用感に加え、旬なスポーツ感を併せ持つナイロンパンツ。いつもの着こなしに取り入れれば、即スタイルが見違えます。大人目線での着こなし方を覚えておきましょう。

    山崎 サトシ

    BACK