ジェットキャップとは?旬アイテムのおすすめとコーデ

ジェットキャップとは?旬アイテムのおすすめとコーデ

ジェットキャップは2017年春の注目アイテム。その魅力や大人向けのおすすめアイテム、コーデなど、ジェットキャップについて知りたいことをリサーチしました。

モチヅキ アヤノ

2017.03.21

帽子
キャップ
春の着こなし・コーデ

ジェットキャップとは?

ジェットキャップはベースボールキャップによく似た、つばが広いキャップです。ストリート系コーデの定番アイテムでしたが、多様なコーデにフィットすることから、近年トレンドアイテムとして広く注目されています。

違いは何? ジェットキャップと世間一般でいうキャップ

誰もが知るキャップは6枚のパネル生地で作られたものが主流ですが、ジェットキャップは5枚の生地で構成され、通気孔が左右にあるキャップを指します。見た目はつばの部分がフラットで、かぶりが浅めになるのが特徴です。

ジェットキャップの魅力とは?

さまざまなかぶり方が楽しめる点とファッションへの汎用性こそが、ジェットキャップの魅力です。浅くかぶれるため、斜めかぶりやわざとつばの裏部分を見せるようにかぶったり……と、その日の気分でかぶり方を変えやすいところがポイントです。また、カラーや素材が豊富で、ベースボールキャップのようにスポーティーさが前面に出てこないことから、あらゆるコーデのアクセントとしても使いやすいんです。

着こなしから探る。ジェットキャップをうまく取り入れるヒント

ジェットキャップをおしゃれに取り入れるには、どうすれば良いのでしょうか? ジェットキャップを普段のコーデに取り入れるポイントを、コーデサンプルとともにご紹介します。

ヒント1色使いは少なめに

ジェットキャップをコーデに利用する際は、全体の色使いを少なめにすることをおすすめします。あまり色数が多いと、大人っぽさとはかけ離れた、なんだか落ち着かない印象になりがち。全体の色数は最大で4色程度までに抑えると良いでしょう。色数を限定することで、キャップを使ったコーデでも全体に統一感と落ち着きが生まれますよ。

全体の色数はブルーとホワイト、ベージュに限定。ジェットキャップとシューズのカラーが統一されているのがすてきですね。コーデに悩んだら、ほかの小物とキャップのカラーを合わせると自然です。

全体にモノトーンのアイテムで統一することで、ジェットキャップのもつシャープさやコンパクトさが引き立ちます。春には重いかなと思ったら、無彩色の中でもグレーなどのアイテムを使うのがおすすめですよ。

こちらは爽やかなネイビー×ホワイトでまとめたコーデ。ところどころホワイトを取り入れているため、ブラックのジェットキャップの代わりにホワイトやデニムのキャップを取り入れてもきれいにきまりそうです。

ヒント2ベーシックカラーのコーデが簡単

ベーシックカラーは、ホワイトやブラック、ネイビー、ブラウン、グレー、ベージュで構成される6色を指します。これらのトレンドに左右されないカラーでまとめたコーデにも、ベーシックなデザインが多いジェットキャップがとてもよくフィットします。どこでも手に入るカラーアイテムとジェットキャップを合わせるだけで、いつものコーデがより洗練された印象に。

グレーとブラックでシンプルにまとめたミニマルコーデ。ここでアクセサリーを使ってコーデを飾り立てても良いのですが、ブラックのジェットキャップを使うことでコーデがより今風にアップグレードされています。

ホワイトとブラックでコントラストがはっきりしたコーデ。ここで鮮やかなジェットキャップをアクセントにしたくなるところですが、ブラックのジェットキャップで全体にモード感が漂うコーデに仕上がっています。

こちらもグレーとブラックを基調としたコーデ。ジェットキャップなしだとゆるめの休日コーデに見えそうですが、ジェットキャップを取り入れることで、ストリートミックスのコーデに早変わり。ボトムスはジーンズでも良いでしょう。

ヒント3ゆるシルエットと合わせてバランスをとろう

ジェットキャップは、ベースボールキャップなどほかのつば付きキャップと比べると着用感が浅めでコンパクト感があるのが特徴。そのため、顔まわりがすっきりと見えるメリットが得られるのはもちろん、ゆるシルエットと合わせてもだらしない印象にならないのがうれしいポイントです。シルエットゆるめのコーデを楽しみたい場合の引き締めアイテムとしてジェットキャップを使うのも良いですね。

ジェットキャップを着用すると顔周辺がすっきりコンパクトに見え、全体にゆったりとしたアイテムを使っていながらもコンパクトな印象に。コーデに使用したほかのアイテムもシンプルで、全体がすっきりまとまっています。

こちらはコーデ全体がソフトなカラーでまとまった、ゆったりコーデです。ゆったりコーデも色数を限定してアイテムを組み合わせると、キャップとのバランスがとれ、全体が大人っぽくきれいに仕上がりますね。

若い世代が使いそうなアイテムを多用していますが、春らしく落ち着いたカラーリングで大人っぽい仕上がりに。重ね着をしているため着膨れしやすいかと思いきや、こちらもキャップの効果で顔回りがすっきりと見えますね。

大人におすすめしたいジェットキャップ一覧

ジェットキャップはほかのつば付きキャップよりファッション性が高く、大人コーデにも合わせやすいのも魅力。大人の男性にも使いやすいジェットキャップをご紹介します。

『ビームス』

シンプルで使いやすいデザインに加え、カジュアルなタウンコーデにもアウトドアコーデにも使いやすいナイロン製のジェットキャップ。軽量でストレッチ性もあるため、頭にフィットさせやすいのも魅力的です。

『チャンピオン』

これからの季節にぴったりな爽やかライトブルーのジェットキャップは、デニムジャケットやホワイトのTシャツなどを使ったコーデに使いやすいアイテム。後頭部にはアジャスターもあり、いつでもジャストサイズでかぶれますよ。

『ラカル』

こちらは、上質な質感が楽しめるスエード製のジェットキャップ。ほかの素材に比べてとても大人っぽく落ち着いた仕上がりですので、ジャケットやスラックスなどを使ったきれいめコーデのハズしアイテムとして使うのも◎。

『ジュンレッド』

先程のスエードのマットな質感から一変、こちらは光沢感が楽しめるサテン素材のジェットキャップです。主張しすぎない程度の光沢感ではあるものの、シンプルコーデのアクセントとして使うなら抜群の存在感を誇るアイテムです。

『ディッキーズ』

チノパンでおなじみ、ディッキーズプロデュースのジェットキャップ。両サイドにあしらわれたメッシュはこれからの時期に重宝するデザインですね。フロントワッペンは主張しすぎないサイズで、コーデのじゃまになりません。

『バッハ』

コーデを問わず使えるシンプルなデザインに折り畳みパッカブル機能がプラスされたジェットキャップは、アイルランドのバッグブランド『バッハ』から。シワになりにくい形状記憶生地も使われている高機能アイテムです。

『キャバレロ』

ソフトな手触りのリネン(麻)を使ったやわらかな仕上がりのジェットキャップは、春夏のナチュラルコーデにぴったり。リネンは吸水性・速乾性に優れた素材のため、汗が気になる季節でもたくさん使えそうですね。

『ハードマンジャパン』

深いインディゴブルーのジェットキャップは、デニムを使ったコーデやホワイトでまとめたコーデにも合わせやすいですよ。また、こちらはデニム製ですので、使えば使うほど経年変化が楽しめるのも魅力的!

『DLヘッドウェア』

東京のヘッドウェアブランド『DLヘッドウェア』のアイテム。海外ブランドのものはかぶりがとくに浅いのですが、こちらは日本人の頭の形に合うよう、少し深めに作られているのが特徴。かぶりやすくて人気なんです!

『ユニフォームエクスペリメント』

シンプルでおしゃれな刺しゅうロゴがあしらわれたジェットキャップは、カジュアルコーデにもきれいめコーデにも使いやすいベーシックなアイテム。スライドベルトで調節できるアジャスター付きで、自由自在にサイズ調整可能です。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK