家具だけじゃない! 北欧発のスニーカーが今は狙い目

家具だけじゃない! 北欧発のスニーカーが今は狙い目

90’sムーブメントの煽りを受け、往年の名作を中心にスニーカーが注目されている。なかでも、家具などで定評のある北欧から誕生したブランドの1足は定番化していく予感大

菊地 亮

2015.03.02

スニーカー

クリーン、コンフォータブル、小粋…、スニーカーの新境地を北欧が切り拓く

Item1シンプルなデザインと、はき心地をとことん追求した末に生まれたフォルム

どのスタイルへも溶け込みそうなシンプルなルックスは、男性的、女性的ということを打ち出すのではなく「大胆なデザインが人々に自信を与えてくれる」というデザイナーの考えの表れ。特徴のひとつとされる38oの厚底ソールは1枚のラバーで作られ、インソールにはコルクを使用。それにより抜群のはき心地を生み出している。

Item2世界初のトレーニングシューズを開発したフィンランドが誇る老舗ブランド

1916年創業のフィンランドの代表的ブランドである『カルフ』は、1960年代にトレーニング用シューズを世界に先駆け発表したことでも知られている。その“顔”ともいえるこちらは、レトロなルックスと北欧らしいカラーリングがキモ。ラストが細身なだけに見た目もスマートで、大人がはくスニーカーとしてもぴったり。

Item3上質なカーフレザーで作りこまれた、匠の技が光るハンドメイドスニーカー

スニーカーありながら上品な印象の『ホープ』のスニーカー。その訳は、質の高い素材を惜しみもなく使い、職人が1点1点手作業で仕上げているからにほかならない。アッパーのカーフレザーは軽いうえに柔らかで、インソールには低反発のカップインソールを採用。そのため、はいていくうちに、より足へとフィットしていく。

Item4米国大統領や世界的な名スポーツプレイヤーも愛用したスウェーデン靴の雄

100年以上の歴史を誇る『トレトン』の愛用者は幅広く、ジョン・F・ケネディ米国元大統領からテニス界のスーパースターだったビョルン・ボルグまでそうそうたる顔ぶれが並ぶ。その代表的モデルであるナイトライトは、よりスリムさを強調するトゥから入ったラインが特徴的。上品なプレッピースタイルにもちょうどよい1足だ。

Item5アーティストとのコラボシューズでも話題を集める、世界で今もっとも熱い1足

今や海外の主要メディアからも取り上げられ、世界的なファッションショーでも使用されているほどに人気の高いのがこの『シューザベア』。スポーツブランドにはない独自の素材セレクトに加え、足元をスタイリッシュに見せてくれるタイトでベーシックな形が抜群。ソール裏に入れたメインキャラや森のグラフィックも楽しい。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK