海外のリアルスナップから抜粋。大人の最旬キーワード

海外のリアルスナップから抜粋。大人の最旬キーワード

2017年1月に行われたロンドンファッションウィークメンズ。ここに集まったファッション関係者たちをスナップ。海外のリアルな旬を、ぜひ明日のコーデに活用しましょう。

高嶋 一行

2017.02.14

冬の着こなし・コーデ

よく耳にする“コレクション”って、何?

雑誌やWEBメディアで定期的に使われる“コレクション”という言葉。実際は何のことだかさっぱり分からないという方も多いでしょう。

コレクションとは、半年ごとに行われるブランドの新作発表の場の総称。なかでも比較的クリエイティブなデザインと、トラッドなスタイルが混ざり合うのが、ロンドンコレクションです。世界中からたくさんのファッション関係者が集まることから、現地でトレンドをつかむのがファッションメディアの通例となっています。

来場者はファッショニスタが満載。コーデを分析して見えたトレンドを一挙紹介

コレクションの会場周辺は、おしゃれな人たちでいっぱいに。そして、たくさんのコーデを見ていると、ある共通点が浮かび上がってくるんです。そんなたくさんのファッショニスタが取り入れているものこそ、リアルなトレンド。そのなかでも“今すぐ取り入れられる”リアルな旬をご紹介します。

トレンド1おしゃれの仕上げはニット帽に軍配

スタイリングの仕上げといえば帽子。ロンドンのメンズファッションでは、ニットキャップが断然人気な結果となりました。カジュアルなスタイルはもちろん、ジャケットスタイルも頭はニット帽が今っぽさを演出。

来場者はファッショニスタが満載。コーデを分析して見えたトレンドを一挙紹介

まさに英国スタイルなスリーピースとコートのファッション。合わせたニットキャップはネイビー。アウターとカラーを合わせることで、全体に的にマッチするように取り入れたところがポイント。タイも同系色にすればうるさくならないコーディネートにまとまります。

来場者はファッショニスタが満載。コーデを分析して見えたトレンドを一挙紹介 2枚目の画像

寒い冬のスタイリングにはやっぱりマフラーが欠かせない。同じニット素材のアイテムなら、ニットキャップもマフラーも同素材、同色で合わせるとシンプルにまとまります。主張しすぎない大人のスタイルを目指すならセット買いも方法の1つです。

来場者はファッショニスタが満載。コーデを分析して見えたトレンドを一挙紹介 3枚目の画像

ニットキャップのようにコーディネートの中でも比較的面積が小さいパーツなら、思い切って明るいカラーを取り入れる方法も◎。ほかのアイテムを淡いカラーなどソフトな印象にしておけばメリハリが出ます。普段取り入れないようなオレンジも挑戦してみては?

来場者はファッショニスタが満載。コーデを分析して見えたトレンドを一挙紹介 4枚目の画像

同じニットキャップでも、シェイプが変われば雰囲気もずいぶんと変化をつけることが可能です。上記のような変形スタイルを取り入れるとミリタリー風のファッションにまとめることも。2つ目、3つ目のニット帽を買うなら、シルエットで個性を出す方法も有効的です。

来場者はファッショニスタが満載。コーデを分析して見えたトレンドを一挙紹介 5枚目の画像

メンズノンノのモデルとして活躍する中田圭祐氏もロンドンファッションウィークメンズ会場で発見。多くのトレンドを着こなす彼も、ニット帽をスタイリングしています。ボリュームあるMA-1でトレンド感あるシルエットが帽子とマッチしています。

トレンド2引き続きインナーはタートル! ジップアップがネクストスタイル

コートの合わせるインナー事情は、お手軽な上品さにまとまるタートルネックがやはり強い印象です。さらにジップアップタイプのインナーがジワジワと増えている様子。タートルネックに飽きたら参考にしたいスタイル。

来場者はファッショニスタが満載。コーデを分析して見えたトレンドを一挙紹介 6枚目の画像

紳士的な大人ファッションはブラックのタートルネックがベーシック。グレーのコートと合わせれば、ミニマルでシンプルなコーディネートが実現します。幅広い年齢層で対応可能。

来場者はファッショニスタが満載。コーデを分析して見えたトレンドを一挙紹介 7枚目の画像

ジャケットとコートの重ね着にもタートルネックが程よいラフさを演出してくれます。何より暖かいニット素材であれば、コートを前開きにしてレイヤードを楽しんでも寒すぎないところが便利。カラーもメンズスタイルの基本となるブラウンやネイビー、ブラックが失敗しない色合いです。

来場者はファッショニスタが満載。コーデを分析して見えたトレンドを一挙紹介 8枚目の画像

コートのインナーに取り入れたのは、スポーティーな印象があるジップアップのトップス。
ジャージのようなアイテムなど、鮮やかなカラーやデザインが楽しめるのもジップアップの魅力です。コートスタイルに飽きてきたら、インナーで変化をつけてみましょう。

来場者はファッショニスタが満載。コーデを分析して見えたトレンドを一挙紹介 9枚目の画像

こちらもインナーにジップアップのトップスをチョイスしたスタイリング。ネイビーのジャケットやコートに合わせるように、ブルーデザインのジップアップで一体感ある着こなしに仕上げています。ジャケットのハズしとしても効果的であり、軽やかなイメージが感じられます。

来場者はファッショニスタが満載。コーデを分析して見えたトレンドを一挙紹介 10枚目の画像

もちろんコートだけでなくブルゾンスタイルでもジップアップのトップスをレイヤード可能。
襟部分がシンプルなMA-1やブルゾンなら、ジップアップ部分がアクセントとして活躍します。無地のデザインなら、なおさら取り入れたくなるテクニックです。

トレンド3足元はスニーカーを合わせていれば正解!

革靴を履こうか、スニーカーにしようか、いつも朝のコーディネートに悩む方も多いはず。ちなみにロンドンは圧倒的にスニーカー派の勝利でした。
「迷ったらスニーカー」が今の旬を取り入れるポイントです。

来場者はファッショニスタが満載。コーデを分析して見えたトレンドを一挙紹介 11枚目の画像

ジャケットにスラックスのドレススタイルでも、足元はスニーカーがロンドンのトレンド。シンプルなデザインを選ぶことで、全体の調和を取った取り入れ方が落ち着きあるスタイルのコツです。ソックスのカラーもスニーカーを意識して合わせてみましょう。

来場者はファッショニスタが満載。コーデを分析して見えたトレンドを一挙紹介 12枚目の画像

ストリートテイストのブランドが集まるロンドンコレクションには、集まるファッショニスタもストリートファッションが多め。そのため、支持されているスニーカーかバンズが優勢な状況でした。もちろん、ブラックベースに白ラインがスタンダードです。

来場者はファッショニスタが満載。コーデを分析して見えたトレンドを一挙紹介 13枚目の画像

日本でもロングセラーとなっているリーボックのポンプフューリー。ハイテクなデザインはもちろん、多彩なカラーリングがあり周りと違うおしゃれを楽しむなら使えるアイテム。個性をプラスするなら、やっぱりこちらのモデルがいいですね!

来場者はファッショニスタが満載。コーデを分析して見えたトレンドを一挙紹介 14枚目の画像

スニーカー好きならご存じのドイツ軍が採用した歴史を持つジャーマントレーナー。シンプルなホワイトカラーと洗練されたデザインが魅力的です。ストリートなファッションからジャケットスタイルまで幅広く上品に取り入れることができるスニーカーです。

来場者はファッショニスタが満載。コーデを分析して見えたトレンドを一挙紹介 15枚目の画像

レザーシューズとは違った意味で奥が深いスニーカー。デザインやカラーだけでなく限定モデルなども多数リリースされており、個性やこだわりを出しやすいアイテムでもあります。差し色として取り入れるなら、スニーカーの配色で工夫するのもおしゃれのコツです。

トレンド4マフラーは巻かない。首にかけるだけがクール

冬のコーデに役立つアイテムであり、季節感が出せるマフラー。
ロンドンのメンズファッションでは、マフラーを巻かずに首にかけるだけが今の旬。よりダンディーで男らしい見た目となるので見習いたいところです。

来場者はファッショニスタが満載。コーデを分析して見えたトレンドを一挙紹介 16枚目の画像

ジャケットにコートを肩にかけた着こなしにベージュのマフラーをチョイス。ジャケットとアウターのちょうど中間の明るさとなるマフラーで、さりげなくグラデーションを意識しているのがポイントです。これならインナーのシャツも目立つのでレイヤードスタイルに最適です。

来場者はファッショニスタが満載。コーデを分析して見えたトレンドを一挙紹介 17枚目の画像

セットアップを基調に全体をブラウンカラーに合わせた着こなし。シューズと同じくマフラーやネクタイもブラウン系にした、スーツスタイルの基本に忠実なコーディネートです。インナーのシャツのブルーやアウターのグレーカラーで、少しメリハリをつけた大人のベーシックスタイル。

来場者はファッショニスタが満載。コーデを分析して見えたトレンドを一挙紹介 18枚目の画像

ダブルのジャケットスタイルで登場したクールな着こなし。マフラーもジャケットと同色でまとめて一体感あるスタイルが魅力です。マフラーを首にかけるだけなら、タートルネックが防寒に便利。明るいカラーのインナーなら清潔感もアップします。

来場者はファッショニスタが満載。コーデを分析して見えたトレンドを一挙紹介 19枚目の画像

こちらは少しカジュアルなコートスタイルにマフラーをプラスしたファッション。やはりコートよりも明るめカラーのマフラー取り入れてコーディネートしています。巻くのでなく、首にかけるだけでカジュアルファッションもエレガントな見え方になるメリットがあります。

来場者はファッショニスタが満載。コーデを分析して見えたトレンドを一挙紹介 20枚目の画像

首にかけるスタイルはストリートなファッションでも同じ。太めのマフラーなら存在感も大きくなり、よりオリジナリティーあるおしゃれが楽しめます。今のトレンドであるオーバーサイズのアウターとも相性バツグンです。

トレンド5ファッショニスタが選ぶアウターはムートン!

スナップになくてはならないのがセレブやファッショニスタ。会場周りでオーラを放つファッションリーダー的存在です。そんな彼らが選ぶアウターがムートン。来シーンもきっと旬なアイテムとなるでしょう。

来場者はファッショニスタが満載。コーデを分析して見えたトレンドを一挙紹介 21枚目の画像

イギリスの有名なユーチューバーとしてセレブの仲間入りをしているジム・チャップマン氏。スマートにメンズファッションを取り入れることでも現地で有名です。彼がアウターとして取り入れているのが、ジャストサイズのムートンでした。襟部分の個性的なディティールがポイント。

来場者はファッショニスタが満載。コーデを分析して見えたトレンドを一挙紹介 22枚目の画像

雑誌関係者であり、毎シーズントレンドと新鋭的なおしゃれを披露してくれるファッショニスタ。前シーズンはライダースを着こなし、今シーズンはムートンのコーディネート。ブラック一色のシンプルなデザインを選んでいます。柄の刺しゅうが入ったデニムは彼のお気に入りアイテム。

来場者はファッショニスタが満載。コーデを分析して見えたトレンドを一挙紹介 23枚目の画像

全身ブラックのラグジュアリーブランドでかためたファッショニスタ。彼もムートンを肩にかけてクールにコーディネート。モードなファッションにもムートンのボリューム感はメリハリに使えそうなアイテムです。

来場者はファッショニスタが満載。コーデを分析して見えたトレンドを一挙紹介 24枚目の画像

日本を代表するファッショニスタとして、世界が選ぶおしゃれ50人にもノミネートしたマスイユウ氏。彼が『J.Wアンダーソン』のショー会場に現れた際のスタイリングは、オレンジとライトブルーがまぶしいムートンアウターでした。

来場者はファッショニスタが満載。コーデを分析して見えたトレンドを一挙紹介 25枚目の画像

モデルとしても、セレブとしても雑誌ヴォーグなどにも登場するデイジー・ロウ氏。ケイティアーリーのショーでメインモデルを務めた後、キャッチした彼女もムートンのライダーズジャケットを着ていました。ムートン独自のボリュームが、冬の季節感と快適な暖かさを取り入れられます。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK