体温調節の難しい時期に! ハイテクパッカブルシェル

体温調節の難しい時期に! ハイテクパッカブルシェル

気温が微妙なこの時期は、アウトドアブランドのハイテクシェルがあると重宝必至。コンパクトに収納できる便利品を鞄に入れて携行しておきましょう。

黒澤 正人

2015.05.05

アウター

気温や天候が不安定な時季は本格アウトドアブランドの先端シェルに頼るべし

日中は暖かいのに夜は急に寒くなる…なんてこの時期の不安定な気候は、体温調節が難しく、何を着るか悩むもの。雨風を防ぐ機能性を備えながら、見た目も洒脱でコンパクトに収納できる、実用性抜群のパッカブルシェルを紹介しよう。

言わずと知れた米国人気ブランドの定番シェルジャケット。DWRという耐久撥水加工を施したリップストップ・ナイロンを採用することで、軽さとは裏腹の耐風性と耐摩耗性を発揮してくれる。

本体は左胸に備えられたチェストポケットに収納可能。

収納すれば手のひらサイズに。スペースをとらないので鞄に入れておくにも便利。

1975年にスタートした国内実力派アウトドアブランド。品質の高さとコストパフォーマンスの高さに定評があるが、代表モデルである今作は、まさにその好例。1万円台の良心価格ながら、軽量化と耐久性を追求して防水透湿性に優れるゴアテックス ファブリクスを使い、全天候型の秀作に。

アクアテクト ジッパーと呼ばれる特殊なジッパーを装備することで、水への耐性を高めている。デイリーユースしやすいアイテムだが、本格的なレインウェアのスペックを備えているのだ。

袖口はアルパイン カフと呼ばれる仕様に。こでは半周にエラスティックテープを縫い込んで、もう半周にベルクロテープを配すことで、袖口のフィット感を自分好みに調節できるようにした、便利なシステム。

米国を代表する実力派アウトドアブランドが手掛ける防水シェル。素材には、肌触りがよいビーズ加工を施した透明ラミネートフィルム Clear-Dを採用。着心地のよさと軽さを両立しながら、フロントに止水ファスナーを使用することで、水への耐性も高めている。

フードは頭の丸みにしっかりとフィットするような立体的な形状に設計されている。

スタッフバッグが付属。小さく折り畳んで収納すれば持ち運びもラクラク。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK