バレンタインが待ち遠しくなる!? ハンサムな男に近づくためのマストバイアイテム10選

バレンタインが待ち遠しくなる!? ハンサムな男に近づくためのマストバイアイテム10選

いい歳してバレンタインなんて…とは思いつつ、本命はもちろん義理チョコだってもらえたらうれしいもの。可能性を少しでも高めたいなら“ハンサムな男”を目指しませんか?

Freeamericanidol編集部

2018.01.30

モテ・好印象

大人も目指したい“ハンサムな男”

“ハンサム”というと、“イケメン”や“二枚目”といった言葉と同様に、端正な顔立ちの男性だけが当てはまると思われがちですが、そうではありません。着こなしや立ち振る舞い、その人の持つ雰囲気などあらゆる魅力的な要素がある人にこそふさわしい形容詞です。ある程度歳を重ねてきてもなお、我々が目指すべき男性像ではないでしょうか。

アイテム1点投入で、ハンサムな男に近づこう!

内面的な魅力も備え、人を惹きつけるようなハンサムな男になるのは簡単なことではありません。ですが、見た目の印象を少しでもアップさせていくことなら実現のハードルは一気に低くなります。まずはワードローブに以下で紹介するアイテムを1点追加して、洒落感アップを狙ってみましょう! 大人になると縁遠くなりがちですが、2月にはバレンタインがあります。どうせハンサムを目指していくなら、チョコをもらうことを目先の目標に置いてみてはいかがでしょう?

見た目をハンサムにしてくれるおすすめアイテム

では実際にどんなアイテムを取り入れるのがハンサムな男への近道なのでしょうか?洒落感アップを狙える5カテゴリに厳選して紹介していきます。

着るだけで男前になれるセットアップ

もはや普段着としても定着したセットアップは、かっちり着てもカジュアルに着崩しても、そのきれいめな表情から洒落感の高いアイテムです。着るだけでサマになるので、スタイリングがしやすいのが長所です。

おすすめ1『ジャーナルスタンダード』トラベルセットアップ

その名のとおり旅行や出張にも持ち運べるコンパクトなセットアップ。小さく丸めてもシワにならない高い伸縮性を誇り、いつでもどこでも清潔感のあるジャケパンスタイルを実現できる優れモノです。裏側微起毛のしっかりとした風合いのある素材ですが、細身シルエットに作られており、手軽に大人の着こなしがかないます。

おすすめ2『ナノ・ユニバース』TRセットアップ

パリッとセンタークリースの効いた スラックス は、きちんと感を醸すのにもってこい。ウエストを絞った上品なシルエットのジャケットと合わせて、きれいめコーデを作りたいところです。TR素材なのでシワを気にせずシルエットをキープできるのもポイント。チャコールのほかにブラック、ネイビーも展開中。
スラックス は別売りです

シュッとして見えるステンカラーコート

寒さが厳しい2月はダウンやウールなど厚手のコートに頼りきりですが、そんななか明るいカラーのステンカラーコートを颯爽と着こなせば、ひと際目立って爽やかな印象を振りまけます。品行方正な見た目できちんと感があり大人らしさを演出できるという点も高ポイント。

おすすめ1『フリークスストア』3レイヤー3WAYステンカラーコート

春のおしゃれもしたいけど、まだまだ肌寒い……。そんな微妙なシーズンにおすすめなのがライナー付きのステンカラーコート。インナーダウンで温かな着心地をキープしたまま、春らしい軽やかな着こなしが楽しめます。清潔感のあるベージュなら、ビジネスからカジュアルまで幅広いシーンで活躍してくれること間違いなし。

おすすめ2『ジャーナルスタンダード』LASKAステンカラー ライナー

すっきりとしたデザインのきれいめステンカラーコートは、サラッと羽織るだけでいつもの着こなしを大人顔にアップデートしてくれる万能アイテム。肌寒い日にも安心のライナー付きで、着こなしに応じてフードが取り外せるのもうれしいポイントです。素材にはさらりとした風合いが魅力のLASKAファブリックを採用。

爽やかさアップがかなうボーダーカットソー

それ1枚で爽やかな雰囲気を醸し出せるボーダーカットソー。きれいめな着こなしは女性からの評価も高いため、好感度アップにもつながります。寒さが残る季節は、同じくマリンなアウターと合わせて覗かせるだけでも印象が見違えます。

おすすめ1『オーシバル』ラッセルボーダー

ボーダーカットソーの雄『オーシバル』の定番アイテムといえば、ホワイト×ネイビーのマリンボーダー。合わせる服を選ばない爽やかでクリーンなカラーリングは、好印象を与えてくれます。1枚で着ても、インナーとしてチラ見せしてもサマになる使い勝手の良さもポイント。ワードローブに1枚は欲しいアイテムです。

おすすめ2『セントジェームス』ボーダーカットソー ウェッソン

『セントジェームス』が得意とするボートネックの名作・ウェッソンからイエローのボーダーカットソーをご紹介。しっかりと目の詰まった重厚なコットン生地に、着こなしを軽やかに彩るイエロー×ホワイトのボーダーが実に爽やか。家族やカップルでさりげなくお揃いコーデを楽しめる、豊富なカラー展開も人気です。

知的な大人のムードを演出してくれるメガネ

かけるだけで知的な雰囲気やこなれ感を演出してくれるメガネは、普段とのギャップを見せられるアイテムでもあります。ファッション感覚で楽しめるおしゃれメガネが増えているので、手軽に取り入れてみて。

おすすめ1『スティーブンアラン』DAYER SP/アイウェア

知的で大人らしい印象をプラスするならば、ボストンフレームのメガネがおすすめ。シンプルでクラシックなデザインながら、フレームのサイドにスタッズをあしらい、ほのかにスパイシーな香りも漂わせたデザインは、さりげなく差がつく1本です。ベーシックなコーデこそ、メガネでひとさじのこなれ感を。

おすすめ2『ビューティ&ユース byカネコオプティカル』モニカ

重厚感のあるボストン型のメガネですが、アウトラインを細く仕上げた本アイテムは、キリッとしたシャープな印象を演出してくれます。セットアップスタイルに合わせればよりスマートな雰囲気を上乗せ。顔の形を選ばないので合わせやすい点もポイントです。

スーツスタイルを手軽に格上げできるネクタイ

スーツスタイルのアクセントとなるネクタイは、それ1つを意識するだけで印象が変わる重要アイテム。爽やかに見せたり、大人っぽく見せたりできるので、手軽に見せたい雰囲気を演出することができます。個性を出しづらいスーツは、ネクタイで勝負を!

おすすめ1『ユナイテッドアローズ』ドットタイ

シンプルでコーデを選ばず合わせやすいドット柄は、色みやドットの大きさがポイントに。鮮やかなロイヤルブルーは上品な空気を醸し出し、小ぶりのドットはクラシカルな雰囲気を放ちます。シルクならではのやわからな光沢感、しなやかな風合いもハンサムな男を演出するのを後押ししています。

おすすめ2『グリーンレーベル リラクシング』ペイズリー柄ネクタイ

品格と色気を兼ね備えたペイズリー柄のネクタイは大人の男を演出するのにおすすめです。シルクで仕立てられた本アイテムは、上品な光沢感としなやかさが魅力。深みのあるワインレッドもリュクスな雰囲気を高めています。存在感あるデザインは周囲の目を引くこと間違いありません。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    履き心地満点の“山街両用”。キーンのジャスパーがとにかくすごい

    履き心地満点の“山街両用”。キーンのジャスパーがとにかくすごい

    大ヒット中の「ユニーク」が代名詞の『キーン』ですが、他にも秀作が多数。特に2018年に10周年を迎えた「ジャスパー」は機能も見栄えも◎なアクティブ派必携の1足です。

    山崎 サトシ

    ショートパンツを着こなすために。意識したい3つのトピックス

    ショートパンツを着こなすために。意識したい3つのトピックス

    いよいよ本格的にショートパンツの季節が到来。選び方やブランドなど3つの視点から、大人に似合うショートパンツの着こなし方をしっかりナビゲートします。

    山崎 サトシ

    人気スリッポンを厳選。大人におすすめの12ブランド

    人気スリッポンを厳選。大人におすすめの12ブランド

    多様なスリッポンのなかでも、スニーカーソールを用いたタイプが主流です。カジュアルスタイルの足元に取り入れやすいブランドをレコメンドしていきます。

    平 格彦

    大人コーデの定番。白シャツをグッとおしゃれに着こなすヒント

    大人コーデの定番。白シャツをグッとおしゃれに着こなすヒント

    白シャツは季節問わず大人のワードローブに欠かせないアイテム。ベーシックで定番ゆえに着こなし方ひとつで表情は無限大に。白シャツをおしゃれに着こなすヒントとは?

    小林 大甫

    必見。白Tシャツの着こなしをおしゃれに見せる方法

    必見。白Tシャツの着こなしをおしゃれに見せる方法

    Tシャツは着回しやすい白が鉄板。ただし白Tシャツは王道なだけに、周りとのかぶりやマンネリが気にかかる。そんなときに思い出してほしい、おすすめコーデをピックアップ。

    菊地 亮

    タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

    タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

    デイリーユースできるTシャツは、着用頻度が高いからこそタフなモノが好都合。そこで、毎日のように着用して洗ってもヘタれない『グッドオン』のTシャツを紹介します。

    那珂川廣太

    BACK