バーゼルワールドレポCメモリアルモデルも続々登場

バーゼルワールドレポCメモリアルモデルも続々登場

創業を祝う特別な製品はそれほど珍しくなく、バーゼルワールドでも多くの記念モデルが発表されました。そして創業ばかりでなく、さまざまなメモリアルもあるのです。

黒野 一刻

2015.05.04

腕時計

10年節目の創業記念モデル

バーゼルワールドのような見本市では、創業の節目を迎えたメーカーが、メモリアルモデルを用意されています。必ずしもそう謳っていなくても、特別感が強く、歴史性にあふれているモデルも多くラインアップされており、自社の歴史をアピールする機会でもあるので、力が入っているモデルが揃っていました。

定番モデルの誕生記念モデル

メモリアルモデルのもう1つのパターンが、定番と呼ばれるモデルの誕生記念です。例えば、ここで紹介するヴィンテージ1945などは、自社一貫生産ブランドである『ジラール・ペルゴ』のフラッグシップモデルで、時計ファンに広く名前が知れ渡っています。そのデザインや機能の実力から、多くのファンから注目されていました。

さまざまなPR機会を狙って

最近は、各社とも、さまざまなメモリアルを発掘しています。例えば『ハミルトン』は、定番のベンチュラがエルビス・プレスリーに愛用されていたことをPRに活用しており、2015年はエルビス・プレスリー生誕80周年記念のベンチュラを発売しています。歴史の長いブランドにとって、この分野は新作のネタの宝庫になりそうです。

創業150年に、創業者をリスペクト『ゼニス』アカデミー ジョルジュ・ファーブル=ジャコ

『ゼニス』アカデミー ジョルジュ・ファーブル=ジャコ

2015年は、エル・プリメロで有名な『ゼニス』が、創業150周年を祝してつくられた、創業者ジョルジュ・ファーブル=ジャコの名を冠した記念限定モデルがブースで注目を浴びていました。ゼンマイのトルクを一定に保つ円錐滑車による鎖引き(チェーンフュゼ)とエル・プリメロの融合は、メモリアルにふさわしい複雑機構です。

独創的なモデルを作り続けて創業60年『コルム』アドミラルズカップレジェンド42フライングトゥールビヨン60周年記念モデル

『コルム』アドミラルズカップレジェンド42フライングトゥールビヨン60周年記念モデル

『コルム』は1965年以来、文字盤に何も置かないノーマーカーダイヤルや棒状のムーブメントのゴールデンブリッジなど独創的なモデルを製作してきました。12角形ベゼルでインデックスをヨットの国際信号旗で描くこの定番に、祝いの年にふさわしい正統派の複雑機構トゥールビヨンを搭載し、ラグジュアリーに仕上げています。

旗艦モデルの誕生から70周年を祝う『ジラール・ペルゴ』ヴィンテージ 1945 スモールセコンド 70周年記念モデル

『ジラール・ペルゴ』ヴィンテージ 1945 スモールセコンド 70周年記念モデル

1945年に登場した本機。歴史の長い名門の旗艦モデルであり、70周年には数多くの複雑系の時計が登場しました。しかし、今回のようなスモールセコンドのみのシンプルなタイプであれば、当時の面影を偲ばせながらも、アプローチしやすいモデルです。メモリアルにこうした仕様を用意するあたりに、ブランドの良心を感じます。

ブランドの転機になったモデルの誕生10周年『ウブロ』ビッグ・バン トゥールビヨン5デイズ パワーリザーブ フルマジックゴールド

『ウブロ』ビッグ・バン トゥールビヨン5デイズ パワーリザーブ フルマジックゴールド

『ウブロ』躍進の鍵、“フュージョン”コンセプトを体現するビッグ・バンの記念の年に誕生したこのモデル。スチールよりも硬い『ウブロ』独自の“マジックゴールド”をケース素材とし、そこに搭載するのは5日間も駆動するトゥールビヨン。外装とメカニズムの両面で、ブランド最高峰の記念にふさわしいモデルです。

エルビス・プレスリー生誕80周年記念『ハミルトン』ベンチュラ エルヴィス80 オート

『ハミルトン』ベンチュラ エルヴィス80 オート

世界初の電動腕時計として歴史に名を残す『ハミルトン』ベンチュラは、アシンメトリーなスタイルで人々を驚かせたアメリカのロックスター エルヴィス・プレスリーも愛用していました。また、2015年はエルヴィスの生誕80年。オールブラック仕様の機械式というスペシャル版で、エルヴィスにオマージュを捧げています。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK