季節を演出。冬素材のキャップで装いをアップグレード

季節を演出。冬素材のキャップで装いをアップグレード

コーデに季節感とおしゃれ度をプラスする、冬素材のキャップの人気が広がっています。つ加えるだけで装いをアップグレードしてくれる冬向けキャップを紹介します。

田坂 タケシ

2017.01.30

帽子
キャップ
冬の着こなし・コーデ

冬素材のキャップなら、季節感のあるおしゃれコーデが可能!

季節を問わず使えるのが、キャップの長所。とはいえ、冬にメッシュキャップではちょっと浮いてしまいますよね……。そこで、今回は冬コーデにマッチする冬素材のアイテムをピックアップしてみました。ウール、レザー、ファー素材など、冬向け素材をチョイスすれば全身コーディネートに季節感が出て、着こなしがぐっどおしゃれに。

素材1冬向け素材の代表格、ウール

冬シーズンらしい素材の代表格といえば、ウール地。コットンやナイロン素材のものに比べて落ち着いた印象の大人向けアイテムです。温かみがある見た目と防寒性などの機能面に加えて、デザインやカラーリングのバリエーションが幅広いことも、自分のコーディネートに取り入れやすい理由の1つ。

『セーブルクラッチ』

野球帽と名付けられた王道のベースボールキャップは、ウール素材にブランドのイニシャルを配したシンプルなもの。潔いデザインだからこそ、上質素材や短めのつばなど凝ったディテールのセンスが際立ちます。

『ラウンドハウス』

しっかりした厚手のメルトンウール生地にクラシックなタータンチェックを乗せたベーシックなキャップ。素材にも柄にも秋冬らしさがにじみ出ているので、小物ひとつで旬の季節感を演出できます。

素材2暖かみと品の良さを演出できる、コーデュロイとベロア

柔らかい印象の生地感と上品な光沢感が魅力的なコーデュロイやベロア素材のキャップは、カジュアル色の強いキャップにはない、艶っぽさやシックで上品な雰囲気をプラス。小物の素材感ひとつでカジュアルコーデが品良くまとまります。

『ベースステーション』×『チャンピオン』

素材の繊細な凹凸感が際立つ細畝コーデュロイ地のキャップ。オーソドックスなシルエットに、同系色で小さめのロゴを刺しゅうしただけの上品なデザインは、さまざまなコーデに幅広く活躍します。

『エディフィス』

上品な光沢感と柔らかな起毛がきれいなベロア地のキャップは、カジュアルシーンやスポーツテイストのコーディネートに、大人っぽさや上質感をプラスしてくれる貴重なアイテム。浅めにかぶるデザインも洗練されています。

素材3大人顔を演出できる、レザーやスエードの革素材

アウターなどに皮革素材のアイテムが登場する秋冬シーズンこそ、キャップでもレザーやスエードを上手に取り入れてみませんか。定番の黒やブラウンのほか、今季は絶妙な中間色も多数揃う旬アイテムです。1つ取り入れるだけでコーディネート全体がぐっと大人っぽくアップする点も、レザーやスエード素材の利点。

『ラカル』

クオリティーの高いアイテムを続々展開する帽子ブランド『ラカル』が手がけるピッグスエード素材のキャップ。むだをなくしたシンプルデザインでありながら、絶妙なシルエットとカラーリングがさえています。

『A.P.C』

フランス発のハイエンドなアイテムを展開する『A.P.C』のキャップは、フェイクレザー製。ていねいにつくられたシンプルなデザインは、コーディネートに大人っぽい雰囲気をプラスしてくれます。

素材4防寒対策もばっちり、耳当て付きキャップ

ファーやボア素材の耳当て付きキャップをコーデに取り入れる利点は2つ。耳を温かな素材でしっかりカバーする保温性と、耳当てを折り返したり下ろしたりして2WAYで変化を楽しめることです。普段のコーディネートにはもちろん、スポーツ観戦やアウトドアのお出掛けにも活躍機会の幅が広がります。

『ラカル』

ツバがまっすぐなフラットバイザーキャップをベースにしたこちらのアイテム。耳当て部分がボディーと同系色かつ、ボアがボリューミーすぎないので、個性的すぎず普段のコーデに取り入れやすさ◎。

『ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ』

こちらはシックなチェックウールをベースに、耳当て部分に同系色のボアをプラスしたもの。耳当て部分は折り返しても着用できるので、気分に合わせて調整可能。普段使いはもちろん、スポーツ観戦などアウトドアにも活躍します。

素材5モコモコ感が見た目にも暖かなボア素材

モコモコと起毛したボア素材のキャップは、保温性がありアウトドアにも対応できる優れもの。また見た目にも暖かな雰囲気を演出してくれます。かわいくなりすぎない大人にもハマるアイテム選びのポイントは、落ち着いたカラーリングと異素材の組み合わせ。

『アールディーズ』

ボア×デニムの異素材ミックスデザインがおしゃれなこちらのキャップ。コンパクトな形で収まりが良いので、気軽にコーディネートに取り入れやすいアイテムです。内側のドローコードでサイズ調節も可能。

『アドポーション』

英国老舗の生地ブランド『ミラレーン社』のオイルドコットンを用いたボアキャップ。オリーブ、カーキなど微妙に異なる枯葉色のパーツを組み合わせたカラーリングは、ボアの素材感ともあいまって秋冬コーデにハマります。

季節感がぐっと増す! 冬素材のキャップを取り入れたコーデ例

キャップは目につきやすい小物なので、素材を意識することでコーデ全体に季節感をプラスしたりおしゃれ度を上げることが容易なアイテム。上手に旬を取り入れるコーデのヒントを紹介します。

中綿入りボンバージャケットやニットといった季節感あるアイテムのコーディネートに、ヘリンボーン地のキャップをプラス。カジュアル色の強いロゴキャップでありながら、落ち着いた素材感とカラーを選ぶことで、コーデを大人っぽくまとめています。

たっぷりとしたシルエットが印象的なデニム地コートを主役にしたコーデに、アクセントとしてウール素材のキャップを取り入れたスタイル。キャップや足元のハイテクスニーカーが程よいスポーティー感をプラスし、コーデに抜け感を加味しています。

コーデュロイ地の素材感が特徴的なオリーブグリーンのキャップをはじめ、バックパックやグローブなど合わせる小物の色をパンツのカモフラ柄とリンクさせているので、とても落ち着いた印象に。大人にも真似しやすい上品カジュアルです。

キャメル×モノトーンのカラーコーデは、上品さを演出できる鉄板の配色。光沢感が魅力的なスエード素材のキャップや、起毛感のあるツイル地のブルゾンをチョイスすることで、全体に一層品の良さと柔らかさを加えています。

ウール地のオーバーコートとワイドパンツのセットアップに、マットな質感が面白いベロアキャップを投入。キャップとコートの襟のブラックが、明るいグレートーンのコーデをぴりっと引き締めています。

ボリューム感のあるスヌードをアクセントにしたコーディネートに、つばの短いコンパクトなシルエットのキャップをプラス。上品なツイード素材のキャップは大人っぽい印象なので、カジュアルにうしろかぶりにしても幼く見える心配は要りません。

ブラック×ネイビーで揃えたダークカラー系のきれいめコーディネートに、ワッフル地のキャップを合わせたコーディネート。織り柄が上品な印象のキャップの素材感が、コーディネート全体を上品な大人顔に仕上げてくれます。

ダウンジャケット、ロゴキャップ、スウェットパンツやフーディーなど、どれもカジュアル色の強いアイテムながらおしゃれにまとまって見えるのは、ウールキャップなど小物の素材感をいかして全体の色数を抑えているおかげ!

ロングカーディガンを主役にしたリラックスコーデに合わせたのは、温かみのある中間色のワッフル地キャップ。主役となるカーディガン以外のアイテムを同系色に揃えることで、全身のシルエットにメリハリを演出しています。

季節感をキャップで取り入れた、スポーティーな着こなし。カジュアルな着こなしでも、ウールキャップやシャツのようなきちんと感のあるアイテムを取り入れることで、全身が子供っぽくなりません。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK