2017年の春は何が違う?ジーンズ最新事情を先取りせよ

2017年の春は何が違う?ジーンズ最新事情を先取りせよ

ジーンズはメンズファッションの定番ですが、時代やシーズンごとにトレンドが存在します。2017年の春に選びたいおすすめのアイテムをピックアップしました。

高嶋 一行

2017.01.27

ボトムス
ジーンズ
春の着こなし・コーデ

ワイドシルエットにひと区切り。春はテーパード人気が復活します

2016年は、ジーンズに限らずワイドなボトムスが注目されていましたね。でも、2017年は再びテーパードシルエットが大人の気分のようです。その魅力は、何といっても脚をすっきりと見せてくれること。また、どんなトップスであっても“きれいめ”なテイストを加えられる良さが見直されてるんです。そんなテーパードシルエットのジーンズですが、まずは選び方から見直していきましょう。

こんなに簡単。テーパードジーンズの選び方

テーパードジーンズといっても千差万別。当然のことながら、おしゃれに着こなすためにはセンス良く見せられる1本を選ぶことがマストですよね。選び方というと難しそうに聞こえますが、そんなことはありません。以下で紹介する3つのポイントを、まずは押さえていきましょう。

選び方1そのテーパード、あなたの脚にフィットしてますか?

テーパードシルエットの基本は裾に近づくにつれて細くなるデザイン。これにより脚をきれいに見せる効果があります。ただ、体型に合ったジーンズを選ぶことが最優先。テーパードとはいえ、ストレートに近いタイプと角度がついたタイプとでは履き心地も見た目も異なります。「テーパードならば何でもOK」ではなく、あくまでも脚に馴染むシルエットにこだわり、試着を繰り返すことが重要です。

選び方2濃淡を操る。用途に合わせてカラーをチョイス

ジーンズといえば、インディゴカラーの濃淡が味わえるのも楽しみですよね。リジッドデニムと呼ばれる濃いインディゴなら清潔感ある印象やモノトーンファッションとの相性が良い特徴があります。反対に、色落ち感のあるライトなカラーであれば、肩の力を抜いたラフなイメージや小慣れたコーディネートの印象に最適。それぞれ、自分の取り入れたい用途に合わせて色みをセレクトしましょう。

選び方3すその長さにもこだわりを

ウエストのサイズやジーンズ全体のシルエットにこだわるのは、基本のき。でも、すその長さも重要視するのが失敗を防ぐ最大のポイントなんです。たとえば、ロールアップするにしても3回も4回もすそを折り返してしまっては、ロールアップした場所がもたつきがち……。ロールアップするか否かを考慮しつつ、ジーンズの丈があまりすぎないようにすそ上げを行いましょう。

春に使える。テーパードジーンズのコーデサンプル

テーパードジーンズはスマートに着こなすことがメンズファッションの決め手。組み合わせるアイテムも、フィット感のあるアイテムや落ち着きある大人っぽさを取り入れると今季らしいスタイルとなります。大きなポイントとなる3つの組み合わせから、コーディネートの参考にしてみましょう。

ポイント1休日は、スニーカーと合わせてカジュアルに

カジュアルファッションの王道であるジーンズならスニーカーと合わせるのが通例。まずは、スニーカー×ジーンズというもっともベーシックな着こなしをマスターしましょう。おすすめしたいのはローテクスニーカー。ジーンズはもちろん、どんなトップスとも馴染みやすいため、トライしやすいはず。

ネイビーカラーでまとめたワンカラースタイル。トップスもネイビーでまとめることでシンプルなまとまりある見た目となります。スマートなコーディネートとしてタイトなシルエットにまとめた、まさに休日にぴったりのファッションです。

コンバースのスニーカーとテーパードジーンズを合わせたベーシックなファッション。少しだけ裾を折ることでワンポイントな視線を集める工夫が真似したいところ。ホワイトシャツにニットカーディガンを合わせたスマート感あるアイテムを集めたスタイリングです。好感度アップファッションとして使えそう。

ジーンズと合わせるならハイカットのスニーカーとの組み合わせもマスターしたいところ。うまくスタイリングするコツはロールアップを高めにしてハイカットのスニーカーを目立たせるようにしましょう。テーパードデニムならではのきれいな足元を演出可能です。

ポイント2鮮やかなシャツと合わせて、春らしさを強調して

季節感のあるスタイリングもおしゃれには必要です。そこで取り入れたいアイテムこそカラーの明るいシャツスタイル。ジーンズと合わせたメンズのシャツスタイルなら、ブルーベースのカラーを選ぶと違和感なく鮮やかなカラーを楽しむことができますよ。

明るいカラーのシャツならライトブルーな色合いが爽やかで清潔感あるスタイルに仕上がります。濃いインディゴデニムや、写真のようにブラックデニムを選んでもマッチする組み合わせです。シンプルな分、生地のテクスチャーやキャップなどの小物で特徴を出すことも可能です。

春らしいシャツの定番であるチェック柄のシャツとテーパードジーンズの組み合わせ。バンズなどのスケーターシューズを足元に合わせると、ストリートな印象もプラスできます。スマートに見せるなら、ルーズになり過ぎないシルエットを心掛けましょう。

ブルーを基本にブラウンやネイビー、ホワイトなどの多色を取り入れたシャツスタイル。合わせたテーパードデニムは少しライトなカラーを選び、ラフな着こなしに。ロールアップしたジーンズから見えるホワイトソックスがクリーンな印象に役立っています。

ポイント3ジャケットやレザーシューズで、スマートに

テーパードシルエットのジーンズをさらにスマートに着こなすなら、ジャケットやレザーシューズの力を借りましょう。カジュアル感はそのままに、ドレスアップしたおしゃれを楽しむことができます。

ブラックのテーラードジャケットを取り入れたベーシックなスタイル。レザーシューズで引き締まって見えるのでメリハリ効果も抜群です。シャツのカラーで個性を楽しむのもおしゃれなコーディネートとして、参考に。

春らしく爽やかにまとまるならジャケットも明るい色をチョイスしましょう。ホワイト系のカラーが春夏に役立つ季節感あるジャケットです。インナーもホワイトTシャツで明るく合わせるなら、テーパードデニムも明るめで統一。爽やかさを前面に出したコーディネートが魅力です。

レザーシューズにジーンズをロールアップして足元からスタイリッシュにまとめた着こなし。ジャケットだけでなくニットカーディガンを合わせても、落ち着きある大人のおしゃれが楽しめます。クラッチバッグなど小物でもスマートさを出す工夫をしてみましょう。

テーパードジーンズ、今選びたいおすすめアイテム10選

今季に取り入れたいテーパードジーンズですが、お値段も手頃で使い勝手の良いアイテムが欲しいところ。そこで厳選した10点をご紹介します。どれも春の着こなしに重宝するはずです。

『ステュディオス』

テーパードシルエットを強調しながらも細身を徹底した美脚ジーンズ。岡山産のこだわりの素材を取り入れるなど、ベーシックな中の上質感が光るアイテムです。

『ジャーナルスタンダード レリューム』

カジュアルスタイルを提案する『ジャーナルスタンダード レリューム』のテーパードジーンズ。360度どの方向にもストレッチが効いているので、より快適な履き心地を実現したアイテムです。スキニーなシルエットが苦手だった方も、クセになる可動力は試す価値あり。

『ビームス』

セレクトショップ大手の『ビームス』が手がけるテーパードジーンズ。ブラックやホワイトのカラーバリエーションでよりスタイリッシュな着こなしも可能です。細すぎない程良いシルエットと、ストレッチ素材の快適性が魅力の1枚です。

『コーエン』

裾に近づくほど細くなるテーパードシルエットをハッキリと取り入れた1本。クライミングパンツをヒントに作られているため、可動範囲も広くストレスフリーな着心地が魅力です。スニーカーとの相性よくはきこなせるアイテムとして取り入れてみましょう。

『リー』×『ナノ・ユニバース』別注

『ナノ・ユニバース』が『リー』に別注した特別仕様のジーンズ。魅力はテーパードのシルエットだけでなくリネンをミックスすることで、よりリラックスして履けるアイテムに仕上がっています。ウエスト部分はゴム仕様となっているので、着心地も◎。

『グラミチ』

クライミングパンツを越えてタウンユースのパンツとして人気の高いグラミチ。その代表であるクライミングパンツのディテールをそのままに、デニム素材でリリースされたアイテムです。付属のベルトやストレッチ素材など、クライミングパンツらしさが残る個性的なテーパードパンツ。

『リーバイス ヴィンテージ クロージング』

リーバイスのデニムのアーカイブモデルを再現したアイテムが人気のリーバイスヴィンテージクロージング。その中でも定番モデルである501。裾を一度ほどき、テーパードシルエットにアレンジしたデザインが魅力の1点です。古着っぽい雰囲気を大人っぽく楽しみたい高級感あるデニムです。

『アーバンリサーチ ドアーズ』

アウトドアなシーンから日常のおしゃれまで揃える『アーバンリサーチ ドアーズ』がプロデュースした特別なデニム。リーとの共同制作でリリースされたナチュラルな雰囲気が魅力のテーパードデニムです。リーの代表モデルを原型に若干のゆとりを持たせたシルエットは試着してその良さがわかります。

『フリークスストア』

アメカジベースのファッションを提案するセレクトショップ、『フリークスストア』のオリジナルデニム。テーパードのシルエットが美しく、リジッドデニムならではの濃いカラーが特徴的。自分で色落ちを楽しみたい方におすすめのアイテムです。

『エドウイン』

デニムブランドの『エドウイン』がリリースする快適性の高いテーパードパンツ。見た目はデニムなのにとにかく涼しく軽い。さらに乾いた環境をキープする春夏に適したパンツです。春夏のシーズンにより爽やかにデニムをはきたいなら、この涼しさはクセになるはず。

海外でも高評価! 日本ジーンズの老舗、エドウインの人気モデル徹底解剖

海外でも高評価! 日本ジーンズの老舗、エドウインの人気モデル徹底解剖

今、世界的評価を受ける日本のジーンズ。その礎を築いたといえるブランドが『エドウイン』です。国産初のジーンズを作った老舗が誇る人気モデルの数々を紹介します。

編集オカダ

今、大人がはくべきデニムブランド20選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

今、大人がはくべきデニムブランド20選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

あらゆるボトムスのなかで、一度手に入れたらもっとも長い付き合いになるのがジーンズ。それゆえ、確かなモノ作りを行うブランドをしっかり押さえておくことが重要だ。

那珂川廣太

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ハンターのレインブーツで雨の日もおしゃれを楽しもう!

    ハンターのレインブーツで雨の日もおしゃれを楽しもう!

    大切なシューズが濡れてしまうのが、雨の日の悩み。かと言って雨の日もおしゃれはしたい……。そんな方におすすめしたい、『ハンター』のレインブーツをご紹介。

    CANADA

    タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

    タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

    デイリーユースできるTシャツは、着用頻度が高いからこそタフなモノが好都合。そこで、毎日のように着用して洗ってもヘタれない『グッドオン』のTシャツを紹介します。

    那珂川廣太

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

    山崎 サトシ

    トレンドのサコッシュ。人気18ブランドをレコメンド!

    トレンドのサコッシュ。人気18ブランドをレコメンド!

    一過性のものではないサコッシュ人気。どんな風に使用すればいいのかも合わせて、好みのテイスト毎におすすめブランドをレコメンドしていきます。

    編集ナス

    Tシャツ完全ガイド。人気23ブランドから選ぶおすすめの1枚

    Tシャツ完全ガイド。人気23ブランドから選ぶおすすめの1枚

    Tシャツは2019年の春夏も必需品。23の人気ブランドと、各ブランドのラインアップから厳選した1枚を一挙に紹介します。Tシャツ選びの参考に、ぜひチェックしてください。

    平 格彦

    大人の新定番。バンドカラーシャツとその着こなし方

    大人の新定番。バンドカラーシャツとその着こなし方

    襟付きシャツよりカジュアルで、きれいめにも見せられるバンドカラーシャツを徹底解説。着こなしの作法と、今季狙い目のおすすめブランドをお届けします。

    Freeamericanidol編集部

    BACK