ベーシックに1点投入!着こなしブラッシュアップ術

ベーシックに1点投入!着こなしブラッシュアップ術

ベーシックなアイテムを使った冬のコーディネートに、ワンアイテム加えておしゃれな印象をUP。そんなアイテム選び&着こなしのコツを考えてみました。

桐田 政隆

2017.01.21

冬の着こなし・コーデ

シンプルイズベスト。冬のベーシックな着こなしとは?

まずは冬のベーシックなアイテムを使った、着こなしのサンプルをピックアップ。着こなし的にもベーシックなスタイルを探しています。

チェスターコート

たとえば冬のきれいめなチェスターコートは、細身のパンツやレザーシューズなど、ほかのアイテムもクリーンなイメージのアイテムと合わせるのがファーストチョイスになりそうです。

グレーニット

ファッション性、使い勝手とともに冬のスタイルには欠かせないニット。たとえば何でも合わせやすいグレーニット。最近ならブラックや白のアイテムでまとめた、シンプルなモノトーンコーデがおしゃれの近道でもあります。

スエードブーツ

足元ならブーツを履く機会が増えるでしょう。たとえば温かみのあるブラウン、ベージュ系のスエードブーツは秋冬らしいスタイルに便利なアイテム。スエードチャッカはジャケパン〜カジュアルのドレスアップにも便利ですね。

ベーシックに個性をプラス。ただしやり過ぎもNGです

確かにベーシックなコーディネートはいいですが、オリジナリティーを演出するのも着こなしの楽しみ。とはいえやり過ぎも大人にとっては微妙なところ。そこで冬コーデで、もう一歩おしゃれな雰囲気を作り出せるアイテムを紹介していきます。

何を足す? ベーシックな着こなしに加えたいアイテムとコーデサンプル

ここからはベーシックなコーデに、簡単におしゃれな雰囲気を加えることができるプラスワンアイテムとコーデサンプルを紹介していきます。

▼追加したいアイテム1:ベスト

防寒性や保温性を高める中間着としても冬にはうってつけ。そしてレイヤード感が加わって、おしゃれ巧者な雰囲気も高まるベスト。いろいろ種類がありますが、ベーシックな雰囲気を損なわないアイテム選びはもちろん、雰囲気の異なる一品でハズし的にチョイスを考えてみるのもオススメです。

ボアベストは着こなしの印象に簡単にアクセントが加わる

レトロXベストのいいところは前述のとおり、とにかく簡単にスタイルにコクというか、アクセントが加わること。パイルフリースだけでなく、ナイロンの胸ポケもキャッチーなアクセントになります。アメカジもいいですが、きれいめコーデのハズしに使ったりするのもおしゃれですね。

大人っぽいダウンベスト

ダウンベストも冬のコーデのアクセントにいいですよね。またこちらは縦の細いキルトデザインで、シャープな印象で着られる大人にうれしいアイテム。表地はウールできれいめコーデにも使いやすいですね。

クラシカルなジレも便利

カジュアルなベストだけでなく、クラシカルなジレも便利なアイテムです。オンタイムのスーツスタイルから、昨今人気のセットアップのインナーに。またカジュアルなデニムスタイルなどにも合います。アイテムとしての雰囲気以上に汎用性が高く、大人っぽいスマート感が加わるアイテムなので、一着持っておくと便利です。

おすすめはコチラ『パタゴニア』クラシック・レトロX・ベスト

たとえば『パタゴニア』のアイコン的なアイテムとしても人気のレトロXベスト。モコモコと素材感のあるシェルパフリースが、インスタントにコーデのアクセントになってくれます。まためちゃくちゃ温かいのも特徴。裏地には防風バリヤーが施されてあり、風も通しません。街でのミッドレイヤーにも最適です。

合わせて読みたい:
パタゴニアのフリースで作る、大人の日常コーデ

▼追加したいアイテム2:巻き物

巻き物、つまり冬の定番のマフラーやストールなどです。こちらも防寒性に加えて、ベーシックなコーディネートのアクセントに効果的です。またシンプルに首に巻くだけのもありですが、大判のタイプを探してみるのもオススメ。いろんな使い方やニュアンスが加わりやすいので、さまざまな印象作りを楽しめると思います。

大判なら簡単に雰囲気が違ってくる

シンプルに首に巻いたスタイル。通常のサイズでもコーディネートのアクセントになりますが、こちらのような大判だとより雰囲気が違ってきます。また柄がベーシックなグレンチェックであることでやり過ぎ感もありません。

硬派なスタイルのアクセントにも便利

こちらも同じマフラーですが、1つ前のコートとはガラッと雰囲気の違うライダーズに巻いています。サラッと巻くだけでハードなライダーズの印象がマイルドになり、なんだかおしゃれな雰囲気がUP。このような雰囲気の異なるアイテムで使うのもオススメです。またこちらの場合はモノトーンで色使いをまとめている点もポイント。

マントやポンチョ風にも

たとえば大判ならマントやポンチョ風なスタイルも楽しめて、一気におしゃれ上級者な雰囲気も醸し出せます。シンプルなコートスタイルにも相性がいいですね。また大人ならグレンチェックのようなシックな柄、色使いであることが大事かも。

おすすめはコチラ『ジョンストンズ』CHK ビッグストール/マフラー

スコットランドの老舗生地メーカー『ジョンストンズ』ならではの、カシミヤ混のぜいたくな肌触りを楽しめる一品。シンプルでクラシカルなグレンチェックも冬にいいですね。またこちらは『ビューティー&ユース』別注の大判仕様もポイントです。

合わせて読みたい:
その品格は主役級。ジョンストンズのストールが重宝する

ジョンストンズのマフラーがもたらす、首元の上品さと暖かさ

▼追加したいアイテム3:帽子

帽子もいろいろ持っておくと便利なアイテムです。コーディネートのアクセントにもなりますし、ヘアスタイルをセットする必要がないのも楽(笑)。ハットからニットキャップ、ベースボールキャップなどいろいろ揃えて、さまざまなコーデでハズし的に使うのもオススメです。また冬は季節感のある素材使いを意識するのもポイント。

ハットはマフラーや知的な眼鏡とも相性よし

温かみのある素材のハットは、マフラーとの相性もいいですね。また知的な眼鏡とも相性バッチリ。こちらは細リムのメタルフレーム、ボストンシェイプの眼鏡で、おじさんくさくならず紳士的な雰囲気が高まっています。

ニットキャップで季節感のある個性を演出

帽子は個性を演出しやすいアイテムです。たとえばフツーのウールのニットキャップもいいですが、より冬らしい素材感の一品を選ぶのもあり。こちらはヌートリア毛皮を使ったニットキャップで、独特のモコモコ感が着こなしに簡単にコクをもたらしてくれます。ちなみに温かさとソフトな肌触りに加え、チクチクしないメリットもある極上素材だとか。

冬はシックなベースボールキャップ

スポーティ、ストリートライクなアクセントになるベースボールキャップは、温かみのあるウール素材やシックなカラーリングが冬に合います。近年人気のコートスタイルにベースボールキャップという合わせも、こちらのように統一感のあるグレーを選ぶと、大人でも取り入れやすいですよね。

おすすめはコチラ『キジマタカユキ』ロングラビットハット

男ならぜひ一度手にしてみたいラビットファーのハット。高級感抜群の艶感とシックな趣を兼ね備えていて、かぶるだけで普段のコートスタイルも格段に紳士的な雰囲気が高まるでしょう。こちらはロングブリム、同色のリボン使いで時代感もある一品。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    コーチジャケットが着回しやすい! ハズさないブランド&コーデ術

    コーチジャケットが着回しやすい! ハズさないブランド&コーデ術

    90年代ファッションやスケートカルチャーへの関心から、コーチジャケットが注目されている。シンプルで着回しやすい万能アウターの注目ブランドと着こなし方を解説しよう。

    菊地 亮

    厳選10点。キャンバストートの人気ブランドを集めました

    厳選10点。キャンバストートの人気ブランドを集めました

    キャンバス地のトートバッグは、使い勝手の良さから大人の休日バッグの定番として重宝されています。それゆえに種類が膨大。本当に人気のアイテムのみを厳選しました。

    近間 恭子

    ダウン級! 軽くて暖かいインサレーションウェアに注目

    ダウン級! 軽くて暖かいインサレーションウェアに注目

    真冬から春先まで活躍するインサレーションウェアに注目。「インサレーションとは」という基本や特徴、選び方、おすすめなどを多角的に紹介します。

    平 格彦

    定番を攻略せよ。無地スウェットをおしゃれに着こなす3つのヒント

    定番を攻略せよ。無地スウェットをおしゃれに着こなす3つのヒント

    あっさりとした表情の無地スウェットは合わせやすい反面、センス良くコーディネートするのが意外と難しいアイテム。どう着こなすとおしゃれに映るのか、解説します。

    山崎 サトシ

    マフラー巻き方の基本。6パターンのプロセスを紹介

    マフラー巻き方の基本。6パターンのプロセスを紹介

    寒い日ばかりが続く今日この頃、マフラーが手放せませんよね。そこで、毎日のマフラー使いのバリエーションを増やすべく、即マネできちゃう基本的な巻き方をご紹介します!

    編集カツラガワ

    女性が隣を歩きたい男性の服ってこういうこと

    女性が隣を歩きたい男性の服ってこういうこと

    “きれいめ”前提のデート服。女性が男性の隣を歩いていて気分が上がるのは、お互いの洋服のテイストが合ったとき! そこで彼女のテイスト別に、理想のデート服を考案。

    広田 香奈

    BACK