今、おしゃれ部屋に欠かせないのはタイポグラフィ

今、おしゃれ部屋に欠かせないのはタイポグラフィ

話題のブルックリン・スタイルなどのインテリアで欠かせないタイポグラフィ。文字や数字を効果的に取り入れることで、お部屋をカッコよくコーディネートできます。

Asami Kitsukawa

2015.05.03

雑貨

タイポグラフィとは活字の組み合わせでデザインすること。

昔の看板や標識がおしゃれに見えるのは、配置や大きさなどの工夫で文字の視覚効果を高めているから。レトロな雰囲気を持つタイポグラフィ・アイテムを取り入れるアイデアをご提案します。

Idea1『ハウスインダストリーズ』の食器でダイニングをおしゃれに

1993年に2人の米国人デザイナーによって設立されたフォントデザイン会社。デザイナーは親日家で、日本の企業や百貨店ともたびたびコラボレーションしている。どこかレトロな雰囲気をもたらしてくれる波佐見焼のポットでお部屋を彩って。

Idea2UK発『ア トゥー パイプ プロブレム』のポスターを飾る

こちらはロンドンを拠点としたレタープレススタジオ『A TWO PIPE PROBLEM(ア トゥーパイププロブレム)』。木製スタンプを使った独自の表現が支持を集めている。大判のポスターは部屋のイメージづくりには欠かせないアイテム。

Idea3サインランプを取り入れてバーのようなインテリアに

タイポグラフィに電球を組み合わせたサインランプは、間接照明としての機能はもちろん、バーやクラブのような雰囲気をつくることができる優れもの。壁に取り付けることも可能なので、アイデア次第でさまざまに活用できそう。

Idea4ウォールステッカーでオリジナリティを追求する

さまざまなデザインのウォールステッカーを使って、オリジナルのタイポグラフィを壁に描くという手もあり。こちらは貼ってはがせるタイプなので、仕上がりがちょっと…という時でもやり直しがきくので安心!

Idea5いっそのことステンシルプレートで自作しちゃう!

好きな文字を組み合わせて塗料を塗り、文字をデザインするステンシルプレート。アメリカ製の真ちゅう製のプレートは耐久性もさることながら、デザインがカッコいい! 布にステンシルを施したオリジナルタペストリーなど創作意欲が湧きます。

手軽に取り入れられるうえ、一気にイメージを変えることができるタイポグラフィで、おしゃれ部屋を手に入れよう!

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    収納DIYのアイデア集。手軽に挑戦できる5つのテクニック

    収納DIYのアイデア集。手軽に挑戦できる5つのテクニック

    インテリア好きなら一度は挑戦してみたい家具のDIY。カラーボックスやディアウォールなどを使った、初心者でも手軽にできる収納のDIY例を集めてみました。

    ai sato

    Gショックの気になる新作は? 2019年のおすすめは、この18本

    Gショックの気になる新作は? 2019年のおすすめは、この18本

    多種多様なモデルが次々とデビューし、今もなお我々に刺激を与え続けてくれる『Gショック』。2019年の新作から厳選した18本と、それぞれの特徴を解説します。

    夏目 文寛

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

    山崎 サトシ

    人気に納得。エアーのバッグは見た目も機能も大人向け

    人気に納得。エアーのバッグは見た目も機能も大人向け

    モダンなデザインに高機能が備わった『エアー』のバッグ。「今の時代にフィットする」と感度の高い大人から支持される、その理由とは。同ブランドの魅力に迫ります。

    近間 恭子

    自分に似合うおしゃれなメガネの選び方

    自分に似合うおしゃれなメガネの選び方

    近年、ファッションと密接にリンクしたおしゃれなメガネが続々と登場しています。メガネを選ぶポイントと、押さえておきたいおしゃれな人気ブランドを紹介します。

    編集カツラガワ

    Apple公認の注目株。インケースのバッグの実力とは

    Apple公認の注目株。インケースのバッグの実力とは

    デジタルガジェットケースの中でも有名な『インケース』。スタイリッシュなルックスに目が行きがちですが、むしろ注目すべきなのはそのガジェットに特化した機能性です。

    Freeamericanidol編集部

    BACK