今、おしゃれ部屋に欠かせないのはタイポグラフィ

今、おしゃれ部屋に欠かせないのはタイポグラフィ

話題のブルックリン・スタイルなどのインテリアで欠かせないタイポグラフィ。文字や数字を効果的に取り入れることで、お部屋をカッコよくコーディネートできます。

Asami Kitsukawa

2015.05.03

雑貨

タイポグラフィとは活字の組み合わせでデザインすること。

昔の看板や標識がおしゃれに見えるのは、配置や大きさなどの工夫で文字の視覚効果を高めているから。レトロな雰囲気を持つタイポグラフィ・アイテムを取り入れるアイデアをご提案します。

Idea1『ハウスインダストリーズ』の食器でダイニングをおしゃれに

1993年に2人の米国人デザイナーによって設立されたフォントデザイン会社。デザイナーは親日家で、日本の企業や百貨店ともたびたびコラボレーションしている。どこかレトロな雰囲気をもたらしてくれる波佐見焼のポットでお部屋を彩って。

Idea2UK発『ア トゥー パイプ プロブレム』のポスターを飾る

こちらはロンドンを拠点としたレタープレススタジオ『A TWO PIPE PROBLEM(ア トゥーパイププロブレム)』。木製スタンプを使った独自の表現が支持を集めている。大判のポスターは部屋のイメージづくりには欠かせないアイテム。

Idea3サインランプを取り入れてバーのようなインテリアに

タイポグラフィに電球を組み合わせたサインランプは、間接照明としての機能はもちろん、バーやクラブのような雰囲気をつくることができる優れもの。壁に取り付けることも可能なので、アイデア次第でさまざまに活用できそう。

Idea4ウォールステッカーでオリジナリティを追求する

さまざまなデザインのウォールステッカーを使って、オリジナルのタイポグラフィを壁に描くという手もあり。こちらは貼ってはがせるタイプなので、仕上がりがちょっと…という時でもやり直しがきくので安心!

Idea5いっそのことステンシルプレートで自作しちゃう!

好きな文字を組み合わせて塗料を塗り、文字をデザインするステンシルプレート。アメリカ製の真ちゅう製のプレートは耐久性もさることながら、デザインがカッコいい! 布にステンシルを施したオリジナルタペストリーなど創作意欲が湧きます。

手軽に取り入れられるうえ、一気にイメージを変えることができるタイポグラフィで、おしゃれ部屋を手に入れよう!

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    スペックに惹かれる男心。ダイバーズウォッチの選び方と人気モデル

    スペックに惹かれる男心。ダイバーズウォッチの選び方と人気モデル

    機能美にあふれ力強く、背景のあるダイバーズウォッチ。いつの世も、スペックにこだわる男を虜にしてきた。数ある名作の中から、我々が選ぶべきモデルを解説しよう。

    編集ムタガミ

    それいいね! おしゃれに見られる腕時計20選

    それいいね! おしゃれに見られる腕時計20選

    おしゃれは自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“洒落者”として認められるには腕元でおおいに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要です。

    黒野 一刻

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

    温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

    1980年代に誕生した『ナイキ』のインターナショナリスト。その人気ぶりと背景にある魅力を中心に、同モデルについて掘り下げて紹介します。

    Freeamericanidol編集部

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    キャップは春夏の定番小物。特に、大人コーデと好相性のいいブラックのキャップは重宝します。コーデ実例やおすすめ品を参考に、黒キャップをおしゃれに取り入れましょう。

    ai sato

    無印良品のTシャツは、とことん素材にこだわった逸品揃い

    無印良品のTシャツは、とことん素材にこだわった逸品揃い

    シンプルで高品質、そしてコスパの高さで支持されている『無印良品』のTシャツは、リピ買いする人も多数。素材やデザインなどのこだわりを掘り下げて紹介します。

    近間 恭子

    BACK