違いのわかるオトコへ。S.N.S. ハーニングのニット

違いのわかるオトコへ。S.N.S. ハーニングのニット

この時期欠かせない日常着といえばニット。高頻度で着るアイテムだけに、品質にはこだわりたいもの。北欧の老舗ニッター『S.N.S. ハーニング』の逸品などはどうでしょう?

山崎 サトシ

2017.01.07

S.N.S. ハーニング
トップス
ニット・セーター

最初に解説。『S.N.S. ハーニング』とは

1931年にデンマークで産声をあげたニットブランド。設立当初は主に漁師たちに向けて、体を暖かく包み込むフィッシャーマンニットを手がけていました。その品質が徐々に評判を呼び、やがてファッションシーンでも注目を浴びることとなっていきます。現在は、脈々と受け継がれてきたトラディショナルな製法は生かしつつ、今っぽさも巧妙に落とし込んだ高感度なニットを展開しています。

『S.N.S. ハーニング』のニットの魅力に迫る

通なオトコたちにウケているニットブランドの雄、『S.N.S. ハーニング』。ここからは、その魅力を徹底的に解剖していきます。やっぱり、タダモノじゃありません!

魅力1漁師用のニットで培った伝統技術とモダンな感性の融合

フィッシャーマンニットに端を発する『S.N.S. ハーニング』。同ブランドのニットは、創業時から変わらぬ手法で編み立てられています。そんな伝統技術を基盤にしつつ、昨今のアイテムはモダンな要素も融合。特に強撚糸を使ったグラフィカルなニットはここの代名詞です。

魅力2暖かさと耐久性を備え、冬スタイルの主役に好適

海上という寒さ厳しい環境でタフに働く漁師たち。彼らのニーズである“保温性”と“耐久性”を満たし続けてきたハイクオリティなニットは、冬コーデの主役として申し分ない存在です。一度袖を通せば、その優れた品質に魅了されることは確実でしょう。

魅力3旧式の編み機ならではの趣のある風合い

『S.N.S. ハーニング』のニットはいずれも旧式の編み機によって編み上げられています。もちろん、最先端のニットマシンに生産効率は遠く及びません。ですが、その分まるでヴィンテージニットのような趣深いニュアンスを描き出すことができるんです。

魅力4すっきり着られる美しいシルエット

古き良きブランドのニットといえば、作りはイイけどカタチはあんまり今っぽくない……。って場合も少なくありませんが、『S.N.S. ハーニング』は違います。現在のスタイルに合う程良いスリムフィットで、すんなりとワードローブとして取り入れられるハズです。

魅力5大人のカジュアルにすんなりハマる

実直な仕立てと今日らしいルックスを備えるニットアイテムは、Freeamericanidol世代のオフスタイルにベストマッチ。着こなしにワンランク上のこなれ感をもたらしてくれます。表情豊かなニットが多いので、写真のようにシンプルに着こなしてもおしゃれな雰囲気たっぷりです。

『S.N.S. ハーニング』のおすすめニットアイテムを大公開!

『S.N.S. ハーニング』が放つ絶品ニットアイテムを最後に一挙ご紹介。シンプル系?デザイン系まで幅広く揃うのはもちろん、実はニット小物も展開しているんです!

フィッシャーマンニット

ブランドを象徴する存在といえるウール製のフィッシャーマンセーター。一見スタンダードな単色無地ですが、グラフィカルな編み地のおかげで適度な存在感も兼ね備えています。ユーズドっぽい、少しムラのある色合いも大きな特徴。

ニットブルゾン

アウター感覚のニットブルゾン。素材は100%バージンウールで上質なタッチです。引き手が特徴的なスイスの高級ジップブランド『riri』を採用している点も通好み。背面側は肘に切り替えが入っていて、デザインもさりげに気が利いています。

クルーネックニット

ロングスリーブTシャツ感覚で着られる、プレーンな無地クルーネックニット。季節に応じてトップス・インナーとフル活用できるアイテムです。また、簡潔なデザインゆえに、素材に使った良質ウールの風合いが際立っています。

ボーダークルーネックセーター

マリンテイストの漂うボーダー柄の1枚は、昔ながらのセーラーセーターがデザインベースとなっています。素材はバージンウール×メリノウールの混紡で、左肩部に連ねた4つのボタンがアイキャッチとして作用。

トリレンマクルーネック ボーダーニット

自社のアーカイブからインスパイアされたボーダーニット。独特なグラフィックパターンを組み合わせることで、ひと味違ったデザインを生み出しているのもここならでは。さらに、
エラスティンを混紡し伸縮性を高めています。

ショートジップニットブルゾン

こちらのニットブルゾンは、お得意のフィッシャーマンニットをデザインアレンジしたもの。独特の編み込みはハンドワークによって表現されています。ジップからチェックシャツをチラっとのぞかせると今季らしい着こなしに!

ワッフルニット

リラックスした雰囲気を放つ今作は、肌触りの軽いワッフル編みを採用しています。シルエットは程良くスリムなので、上品なコーディネートに取り入れたいところです。もちろんカジュアルなスタイルとも相性抜群!

ニットキャップ

十八番のフィッシャーマンニットと同じ編み柄で仕上げた、表情豊かなニットキャップは着こなしにアカ抜け感を呼び込んでくれるアイテム。やや深めのシルエットなので、写真のように耳まで隠してかぶるのがおすすめです。

ミトン

こちらのグローブもフィッシャーマンニットと同じ編み柄を用いています。シンプルなコーデにプラスすれば、着こなしに味わいを生んでくれそうです。さらに、保温性の高い厚手のウール素材なので寒さ厳しい日には頼もしいかぎり。

ニットスカーフ

見た目も着用感も暖かいニットスカーフは、極上のメリノウールを惜しみなく使ったクオリティの確かな逸品。全長は184cmと長さがあるので、ニュアンス付けのバリエーションも豊富です。いろいろな巻き方で楽しんでみましょう。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    必見。白Tシャツの着こなしをおしゃれに見せる方法

    必見。白Tシャツの着こなしをおしゃれに見せる方法

    Tシャツは着回しやすい白が鉄板。ただし白Tシャツは王道なだけに、周りとのかぶりやマンネリが気にかかる。そんなときに思い出してほしい、おすすめコーデをピックアップ。

    菊地 亮

    タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

    タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

    デイリーユースできるTシャツは、着用頻度が高いからこそタフなモノが好都合。そこで、毎日のように着用して洗ってもヘタれない『グッドオン』のTシャツを紹介します。

    那珂川廣太

    ラコステのTシャツで初夏の用意。まずは鹿の子素材の1枚を!

    ラコステのTシャツで初夏の用意。まずは鹿の子素材の1枚を!

    夏を乗り切るために、Tシャツに快適性を求める方は多いはず。そこで重宝するのが、ブランドの代名詞である鹿の子素材を使った『ラコステ』のTシャツです。

    近間 恭子

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

    山崎 サトシ

    トレンドのサコッシュ。人気18ブランドをレコメンド!

    トレンドのサコッシュ。人気18ブランドをレコメンド!

    一過性のものではないサコッシュ人気。どんな風に使用すればいいのかも合わせて、好みのテイスト毎におすすめブランドをレコメンドしていきます。

    編集ナス

    ニットポロは上品な表情が魅力。イチ推しブランド10選

    ニットポロは上品な表情が魅力。イチ推しブランド10選

    クールビズやカジュアルシーンに最適なポロシャツ。快適な着心地の機能派素材が人気な一方で、きれいめな着こなしを好む方からは上品な雰囲気のニットポロが人気です!

    編集カツラガワ

    BACK