料理が抜群においしく見えるおしゃれ系食器

料理が抜群においしく見えるおしゃれ系食器

盛りつけるだけで料理が格段においしそうに見える食器や、テンションが上がるような食器を紹介します。

樋口 継恵

2015.05.02

キッチン用品
食器・カトラリー

テンションが上がるハイデザインな食器!

春から新しく新生活を始めた人、趣味で料理を楽しんだり、 なんとなく気分を一新させたい人、家にある食器を一新させてはどうでしょう。コンビニ飯もかっこいいプレートに盛りつけるだけでレストランで食べるかのような雰囲気に。 和食器やヨーロッパ系等リアルプライスでハイセンスな物を紹介します。

海辺を想像させるリラックス系おしゃれ男子に! 『コスタノバ』

ポルトガルの陶器メーカー『コスタノバ』。名前の由来は、ポルトガルの小さなリゾート地“CostaNova”からきており、海辺に広がる穏やかなその町並みと大西洋の波が表現されている。独特の曲線と色むら感が、がっつりした男飯もおしゃれにしてくれそう! うれしい耐熱素材で、食洗機や、電子レンジも使用可能。

マストハブな定番ほっこり和食器は白山陶器

白山陶器の器づくりは生活に馴染むデザインと器としての機能を兼ね備えた日常使いにぴったりの食器。飽きのこないシンプルなデザインはどんな料理にもしっくりくる。和食はもちろん、パスタやカレーなんかも大人っぽくみせてくれそう!

盛りつけるだけでおしゃれ見え間違いなしの『モナミ』

1951年に発表され1980年代に廃番となるまでの30年以上、ロングセラー商品として親しまれてきた『モナミ』が、デザイナーMarianne Westman 本人の手でリ・デザインされリスタート。ヴィンテージ市場で人気の柄が大きめサイズになり登場。深いブルーが印象的で、気軽に楽しめる軽い食事に彩りをプラスしてくれそう。

やっぱり安心、鉄板、不動の『イケア』

うれしい価格なのに北欧ならではの丸くシンプルなフォルムでチープに見えないのが『イケア』の食器。デザインされていないようで、ちょうどいいサイズ感や深さ、手触りなどが計算されていて日常使いにぴったり。また、価格も手頃なので、何かと出費のかさむ新生活にはもってこいですね。

盛りつけるだけでカフェ飯に! 『トマト畑の木』製食器・カトラリー

一人暮らしの今だからこそ使いたい、子供の頃アニメで見た、木製の食器。『トマト畑の木』は、薬剤等を一切使わない独自製法でつくられていて、毎日安心して使うことができます。和食も洋食も盛りつければカフェ飯に早変わりしてくれそうな、優秀食器。1枚は持っておきたいですね。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    本格派のあなたに。おしゃれだけど機能で選んだアウトドアリュック

    本格派のあなたに。おしゃれだけど機能で選んだアウトドアリュック

    バッグを選ぶうえでデザイン性は気にすべき要素。それでもなお、利便性に重きを置いた本格派志向の大人は多いはず。手にするなら、やはりアウトドア出自の逸品が重宝する。

    菊地 亮

    マリメッコのリュックを解説。男性には、この4アイテム

    マリメッコのリュックを解説。男性には、この4アイテム

    『マリメッコ』と聞くと、女性ブランドのイメージが強い方も多いはず。しかし今や男性の使用者も急増中。定番の「バディ」や「メトロ」を中心に人気リュックを紹介します。

    山崎 サトシ

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    アウトドアアイテムの人気は衰え知らず。とくに街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、1着押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

    山崎 サトシ

    コムデギャルソンの財布で目立とう! 個性を演出できるおすすめ10選

    コムデギャルソンの財布で目立とう! 個性を演出できるおすすめ10選

    大人が選ぶ財布は、伝統的なブランドや大人気のメゾンブランドがほとんど。周囲と差をつけたいなら、選択肢に『コムデギャルソン』を加えてみては?

    平 格彦

    人気ジェル20選。特徴も使い方も似合う髪型も解説!

    人気ジェル20選。特徴も使い方も似合う髪型も解説!

    ウェットな質感とキープ力ならジェルが正解。ジェルに不慣れな男性が押さえるべき使い方のポイントや人気のジェルをまとめて紹介します。

    伊藤 千尋

    もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック20

    もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック20

    ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

    近間 恭子

    BACK