定番だけじゃない。3本目に狙いたいGショック

定番だけじゃない。3本目に狙いたいGショック

優れた機能性から海や山などで活躍してくれるGショック。定番の1、2本を押さえている大人も少なくないが、いつもとは違う目先でもう1本加えるだけで活用度も広がる。

菊地 亮

2016.12.28

Gショック(G-SHOCK)
腕時計
クォーツ

なぜ男は『Gショック』が好きなのか?

小さい頃は、戦闘機やスポーツカーに憧れていた大人は多いはず。つまりメカ好きは男の性(さが)ともいるのではないだろうか。腕時計選びにそれはよく表れている。航空機やモータースポーツに端を発するスポーツウォッチが、時代を問わず愛され続けるのはまさにそこだろう。1983年に誕生した『Gショック』はその典型。スポーティでメカニカル、そして類い稀な強靭さは、年を経てもなお男たちの心を触発し続けるのだ。

1本目、2本目はこれ。『Gショック』といえば5600系と6900系が定番

『Gショック』は、1983年に登場した原点、DW-5000から歴史をスタートさせる。その意志を脈々と受け継いでいるのが5600系、いわゆるスピードモデルだ。いかつい表情や肉厚感がやや抑えられたシンプルなルックスで、デジタル表示のため視認性もたけている。

さまざまなラインを揃える『Gショック』だが、とりわけ圧倒的なバリエーションを誇るのがこの6900系。3つ目のデザインが目を引くこちらは、カラバリはもちろん、リミテッドモデルも多数ラインアップされている。

3本目以降に狙いたい『Gショック』。その条件とは?

類まれな堅ろう性、バラエティーに富んだ機能性こそ『Gショック』たるゆえん。どのモデルも、その点においては抜かりがない。となれば、やはり自分のライフスタイルやファッションとうまくやっていける一本がいい。

海が身近な存在であれば爽やかなルックスやプロ仕様の一本が何かと重宝するだろう。トレンドをさりげなく取り入れたければミリタリーやスポーティなアイテムを選ぶのもいい。ちょっとしたデザインのひねりが選びのポイントになる。

3本目以降に狙いたい『Gショック』。ライターのおすすめ10選

上記の説明を踏まえ、ルックス、機能性、個性、背景など、さまざまな観点から3本目の『Gショック』として手に入れたいモデルを厳選。これらを揃えておけば休日もきっと楽しくなる。

G-100

『Gショック』のブランドカラーといえばブラック。こちらはそのブラックにとことんこだわったアイテム。ワントーンで仕上げた樹脂製ケースやベルトだけでなく、尾錠やボタンもイオンプレーティング法によりブラックでコーティング。マットなケースと異なり程良く光沢がのっているため、その微細な表情の変化も楽しめる。

G-001

90年代を代表する人気作で、通称“ジェイソン”とも呼ばれるG-100。こちらは、その名盤をベースにモノトーンの配色を上下左右アシンメトリーに仕上げた『ビームス』40周年記念モデル。ELバックライトを点灯させれば、その証である記念ロゴが浮かび上がる仕掛けがユニークだ。

GA-110

スモールセコンドに取り入れた針や、アナログとデジタルをミックスした文字盤など、多彩なパーツで構成されたデザインが特徴のGA-110。こちらは、GA-110をベースにストリートにも映える大胆な配色で仕上げたクレイジーカラーズシリーズの一本。遊び心たっぷりな表情は、手元のハズしにもひと役買う。

GA-100

JIS一種の耐磁性能を備えるGA-100。その名品をベースに、昨今のトレンドとも引かれ合うミリタリーファッションをテーマとしたデザインに仕上げたのがこちら。表地と裏地で異なる色使いをしたフライトジャケットをほうふつさせる二色成型バンドが独特で、さりげなく除くカラーが効果的な演出に。

フロッグマン

海難救助など、シリアスシーンでの活用も視野に入れたハイスペックモデルとして知られるフロッグマン。こちらはその新モデルで、プロフェッショナルのニーズを応えるべく、水深、温度、方位の計測を同時に把握できるトリプルセンサーを初めて同モデルに採用している。リサーチと開発に2年を費やした渾身の一本。

AWG-M510

ブランドカラーにゴールドを組み合わせた、ブラック&ゴールドシリーズの一品。ハーフマットなブラックを軸に、インダイヤル、インデックス、時分針などにゴールドを散りばめたデザインは嫌みのないゴージャス感を自然と漂わせてくれる。また、凹凸のないプレーンなベルトも相まってアクセサリーのようないでたち。

AWG-M100

デジタルとアナログのコンビネーションが新鮮なAWG-M100。こちらはその新色で、ベゼルに施したブラックIPにより、文字盤のブルーが放つ爽やかさがさらに際立った印象。レトロ風なビジュアルも独特で、ワールドタイマーやストップウォッチ、パワーセービング機能など、機能面も充実の内容。

GA-100CG

一見プレーンな作りのように見えるケースやバンドに、広大な大地の力強さをイメージしたデザインを施したクラックパターンモデル。樹脂の上に塗装し、レーザー照射によって削り取りながら表現している。渓谷などで目にすることができる地割れのような模様と、ビッグケースによる迫力のあるルックスがポイント。

BA-110PP

昨今のスポーツミックスを意識し手元へ取り入れるのも1つの手。こちらこそまさにうってつけのモデルで、ベイビーGながらもシックなネイビー仕上げによりメンズでも気軽につけられる。パンチングパターンシリーズの1つで、スポーティなキャップやバッグなどに用いられるメッシュをイメージし、ベルトにパンチング加工を施している。

BA-125

小ぶりなベイビーGはレディースサイズと思われがちだが、タフさとコンパクトさの好バランスからメンズにもうってつけ。クリーンな白で覆われた同作は、ケースやバンドにツヤ加工を施したことで見た目もスポーティ。スタッズデザインをモチーフにしたインデックスなど、さりげないしゃれっ気も光る。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

    グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

    今ではすっかり春夏の定番と化した『グラミチ』のショーツ。その魅力やシルエットの違いについて詳しく紹介するとともに、おすすめのモデルもお届けします。

    山崎 サトシ

    温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

    温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

    1980年代に誕生した『ナイキ』のインターナショナリスト。その人気ぶりと背景にある魅力を中心に、同モデルについて掘り下げて紹介します。

    Freeamericanidol編集部

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    サコッシュ人気の流れで、需要が高まっているミニショルダーバッグ。小ぶりながら収納力に優れた逸品たちは、いまやスタイリングのアクセントとしても重要な立場に。

    Freeamericanidol編集部

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    キャップは春夏の定番小物。特に、大人コーデと好相性のいいブラックのキャップは重宝します。コーデ実例やおすすめ品を参考に、黒キャップをおしゃれに取り入れましょう。

    ai sato

    財布だって、ニュートラル。アー・ペー・セーの小物がやっぱりおしゃれ

    財布だって、ニュートラル。アー・ペー・セーの小物がやっぱりおしゃれ

    シンプルで自然体なデザインを得意とする『アー・ペー・セー』。上質なジーンズが人気ですが、財布も隠れた売れ筋品。どれも毎日持ち歩くに相応しいスマートな顔立ちです。

    山崎 サトシ

    安さと機能を両取り!ワークマンで賢くおしゃれになるならこの10点

    安さと機能を両取り!ワークマンで賢くおしゃれになるならこの10点

    職人の作業着を扱う「ワークマン」ですが、その勢いはカジュアルシーンにも拡大。圧倒的な安さに加え、今っぽいデザインと機能性を兼備した逸品は大人の日常にもマッチ!

    山崎 サトシ

    BACK